カジュアルに使える、5万円以下のメンズウォッチ特集!

大久保 綾乃
2021/08/30 00:00
9月に入り最高気温も20度代となってきたので、アウトドアでの遊びも増えてくる時期になってきました。 そんな時にビジネスウォッチは着けづらいということでカジュアルなセカンドウォッチを探している方も多いと思います。 今日はそんな方に人気のイッセイミヤケ、セイコー、ツェッペリン、ハミルトンから4点のメンズウォッチをご紹介させていただきます!

1. ファッション感度の高い方に圧倒的人気を誇る「イッセイミヤケ」

イッセイミヤケ 和田智デザイン クロノ VK67-0010 SS QZ 黒文字盤 あまりごま4 デザイン界を代表する国内外の名だたるデザイナーが手掛けるイッセイミヤケのウォッチプロジェクトですが。今回は独アウディ社にて多くのシリーズを手掛けた和田智氏デザインの時計です。和田氏は今までに多くのカーデザインを手掛けた経験もあり、個人的にはアウディのダブルフレームグリルからシングルフレームグリルへの変貌は非常に革新的で美しかったと記憶しております。 また、社会性と美しさを兼ね備えた、洗練されたシンプルなデザインは日常的にも非常に使いやすいものになっています。

2. 従来のセイコーダイバーズのイメージを一新する「セイコー」のプロスペックス

セイコー プロスペックス SBDY061 SS×ラバー AT グレー文字盤 2018年、日本国内に先駆け海外市場でローンチされたセイコーの「Street Series」です。 ストリートシーンを彩るファッション性の高いカルチャーにインスパイアされたコレクションであり、従来のセイコーダイバーズのイメージを一新する斬新なデザインやカラーリングはファンを唸らせます。 海水や汗によって劣化しないシリコン製のストラップのため、アウトドアシーンで非常に重宝する時計となっております。

3. エッジの効いた個性派「ハミルトン」のベンチュラ

ハミルトン ベンチュラ H24401731 SS×革 QZ 黒文字盤 大胆で先駆的、型破りなデザインを備えたベンチュラは、最もアイコニックなハミルトンの時計です。キングオブロックンロールの“エルヴィス・プレスリー”が愛用していたことでも有名のベンチュラです。 そして1957年にミッドセンチュリー・モダンを代表するデザイナー、リチャード・アービブによってデザインされた時計です。アービブはキャディラックをはじめ、その時代のアメリカを象徴するインダストリアルデザインを数多く手掛けております。

4. ドイツ発、デザイン性の高い「ツェッペリン」のヒンデンブルク

ツェッペリン ヒンデンブルク 7046-3 SS×革 QZ 青文字盤 1987年に創業し、史上最も豪華で巨大な飛行機械と言われたヒンデンブルク号モチーフのエレガントなシリーズでございます。 飛行船をイメージした、柔らかなアーチを描くガラス風防により文字盤が光を反射し、美しいブルーとなります。また、このモデルは3針のため、サブダイヤル装備のモデルよりもシンプルで上品な印象になります。 また、モノトーンでシンプルなデザインは、ビジネスシーンでも普段使いでも、シーンを選ばずにお使いいただけるため、価格以上の働きをしてくれる時計でございます。 一言に腕時計といっても、カジュアルなものからビジネスシーンで使いやすいものまで、モデルは様々です。ぜひ用途に合わせて色々な時計を使ってみてください! また、5万円以下の時計でも、デザイン性の高い時計や機能性のある時計は多数存在します。是非ご自身に合う1点を見つけてください! -撮影:島尻 光 5万円以下の時計一覧はこちら>>