【ルイ・ヴィトン】コラボアイテムからスタイリングまで!

笹山 佳子
2021/05/07 00:00
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)はフランスのラグジュアリーブランド。 トランク製造と荷造り職人であったルイ・ヴィトンが、旅行用トランクのアトリエを設立したことが始まり。 1896年にコピー商品の対策として誕生したのが「モノグラム」。 当時、ヨーロッパで流行していたジャポニズムに影響を受け、日本の家紋をモチーフに「L」と「V」、花と星を組み合わせて誕生したと言われています。 1997年には、ニューヨークのデザイナーであるマークジェイコブスを迎え入れ、本格的にアパレル分野に進出。 現在までに名だたるデザイナーを起用し、新たなコレクションを発信し続けています。 【コラボレーションアイテム】 ◆猫好きにはたまらない!「ルイ・ヴィトン×グレース・コディントン(LOUIS VUITTON ×GRACE CODDINGTON)」 アナ・ウィンター(Anna Wintour)の右腕としてアメリカ版「VOGUE」で長年クリエイティブ・ディレクターを務めたことで知られるグレース・コディントンとのコラボレーションアイテム。 グレース・コディントンの愛猫をモデルにい描いたイラストをモチーフにしたコレクション。 定番のモノグラム柄に猫たちが飛び回るように配されたデザインで、「キャットグラム」と呼ばれています。 商品を見る>> ヴィトンのアイコニックな「ステラー・ライン スニーカー」に、表情豊かなグレーの猫ちゃんが描かれているデザイン! 定番のモノグラム柄も、手書き風でキュート! 脱ぎ履きに便利なサイドジップ付き。 猫好きでサイズが合う方におすすめ! 入荷してもすぐに売れてしまう人気シリーズです。 ◆コラボレーションと言えば!「ルイ・ヴィトン×シュプリーム(LOUIS VUITTON×Supreme)」 当時のメンズアーティスティックディレクターであるキム・ジョーンズは、元々スケーターでストリートファッション好きという影響もあり実現したコラボレーションと言われています。 シュプリーム自体、欲しいアイテムはすぐに売り切れてしまうブランドとあって、2017年発売当時は雨の中7000人以上の行列ができたそう。 モノグラム柄に「Supreme」ロゴが配されたアイテムや、エピレザーに「Supreme」ロゴが配されたアイテム、迷彩柄のアイテムなどなど注目アイテム多数! 商品を見る>> フロントからバックにかけてデザインされている「Supreme」ロゴが特徴。 シュプリームらしい真っ赤なカラーで、コーディネートの差し色にぴったり! 縦約22cm×横約18.5cmで、ミニショルダーとしては少し大きめ。 マチ約7cmで、見た目以上の収納が期待出来ます! 外ポケット&内ポケット付き。 ヴィトン×シュプリーム一覧を見る>> ◆クリストファーネメスAnna Wintourへのオマージュ クリストファーネメス(Christopher Nemeth)は、ロンドン出身のアーティスト兼デザイナー。 1980年代から拠点を東京に移し、日本でも爆発的ブームを巻き起こしたブランド。 特に人気のあったアイコニックなロープ柄を再解釈し、様々なアイテムにあしらうことで、 10代の頃からネメスのファンであったキム・ジョーンズは、クリストファー・ネメスとその作品にオマージュを捧げたと言われています。 商品を見る>> 【キム・ジョーンズ(Kim Jones)とは】 メンズファッション界を牽引するデザイナーの一人。 2003年に自身のブランド「キム・ジョーンズ(Kim Jones)」を設立。 数々のブランドでデザインを経験したのち、2011年にルイ・ヴィトンのメンズ部門アーティスティック・ディレクターに就任。 「クリストファー・ネメス(Christopher Nemeth)」や「シュプリーム(Supreme)」「フラグメント(fragment design)」などのコラボレーションを実現し大きな話題に。 2018年には自身のブランドであるキム・ジョーンズを復活し、「ジーユー(GU)」やナイキ(NIKE)とコラボ。 同年3月にはディオール(DIOR)のアーティスティック・ディレクターに就任。 2020年にはステューシー(STUSSY)の創業者、ショーン・ステューシー(Shawn Stussy)やナイキ(NIKE)とのビッグコラボで大きな話題に! ハイブランドとストリートファッションの距離を縮めてファッション界にインパクトを与えると共に、ヒットを生み出し続けています。 キムジョーンズ時代のアイテムを使用したコーディネート↓↓ ◆ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)就任以来初!日本人デザイナーとのコラボ!LOUIS VUITTON X NIGO ルイ・ヴィトン メンズ アーティスティック・ディレクター就任以来初となるヴァージル・アブローと日本人デザイナー兼DJ、NIGOとのコラボレーション。 キーポルをはじめ、バックパックやクロスボディバッグ、アパレルなど幅広い商品をラインナップ。 NIGOが手掛けるブランドヒューマンメイド(Human Made)のシグネチャーをヴィトンならではのスタイルに再解釈! 商品を見る>> アイスクリームが溶け出したようなモチーフが特徴! 旅行にも便利なショルダーストラップ付。 商品を見る>> 伝い滴るような波型のモチーフと、トランクを思わせる角の金具使いがポイント! 【ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とは】 アメリカ出身で、オフホワイト(OFF-WHITE)のデザイナー。 クリエイティブディレクター、アーティスト、建築家、エンジニアといったマルチな才能を持つ。 世界一のラッパー、カニエウエスト(KANYE WEST)との出会いがきっかけで、カニエウエストのツアーのアパレルやグッズやステージ設計、アルバムのカバー(表紙)のデザインを担当。 後にミュージックビデオで、古着のバックに大きくプリントをしている衣装が、パリの伝説的セレクトショップ「コレット(COLETTE)」のクリエイティブディレクターの目に留まり、一躍有名になったと言われています。 2014年にオフホワイト(OFF-WHITE)とスタートさせ、「ラグジュアリーストリート」というジャンルを開拓。 2018年にはヴィトン初となる黒人デザイナーとしてメンズ アーティスティック・ディレクターに就任。 現在に至る。 ◆ヴァージルが手掛ける2021年コレクション! 商品を見る>> 2021年コレクションのために制作したアニメ「The Adventures of Zoooom with friends(ズームと仲間たちの冒険)」に登場するキャラクター「LV フレンド」がプリントされたクラッチバッグ! マットブラックのチェーン付きファスナーポケットが外側に、内側にもポケット付で使い勝手◎ さり気ないエンボス加工のモノグラムパターンもポイント! ヴィトンは他にも村上隆、草間彌生、山本寛斎、藤原ヒロシ、コムデギャルソン(COMMEdesGARCONS)などの日本人デザイナーや、カールラガーフェルド(Karl Lagerfeld)、クリスチャンルブタン(Christian Louboutin)など様々なコラボレーションを発表しています。 どのコラボレーションアイテムも入荷が少なく、入荷してもすぐに売れてしまう商品ばかり! ぜひ、気になるコラボレーションアイテムをチェックしてみてください! ヴィトンの商品一覧を見る>> あなたの探し物、ALLUが見つけます!!探している商品は登録しておけば入荷した日にメールでお知らせします! ONEGAI ALLUとは?!>>