【ALLUオンラインストア】受電停止のお知らせ
【ALLUオンラインストア】5月休業日のお知らせ

ALLU RENEWS PROJECT

あなたの行動が生む、
あらたな地球の未来。

モノを廃棄せず、誰かにつなぐ。
その行動一つで、環境負荷の削減に貢献できる。
サステナブルな未来の実現を後押しすることができる。
ALLUは取扱製品の環境フットプリントの削減貢献量の測定や、
リサイクル素材を用いた梱包材の使用などに取り組み、
ブランドリユースを通じて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

「ALLU RENEWS PROJECT」は、モノに再び価値を与え、
新しい循環型社会を切り拓く事業活動を
「RENEWS(再び新しくする)」と定義する、
私たちALLUの思いを具現化するためのプロジェクトです。

Resale Impact

リセールによる環境負荷の削減貢献量

CO2排出削減貢献量

3,471,433t

水使用削減貢献量

176,184,241m3

エネルギー使用削減貢献量

14,304,486GJ

PM2.5排出使用削減貢献量

1,478,022t

当社グループで再販した商品における環境負荷の削減貢献量 2019. Sep. 2020. Aug.

モノを廃棄せず、大切に扱うことが、どれだけ地球環境の保全につながるのかを
一人でも多くの方に知っていただくために。 ALLUでは、取扱製品がもたらす再販・再利用による
環境負荷の削減貢献量を測定し、「Resale Impact(リセールインパクト)」として開示しています。

View more

知っておきたい
ファッションと環境の現実

持続可能な社会を目指すためのキーワードとして、
世界に広まった「もったいない」という言葉。
しかし、大量生産・消費を繰り返すファッション産業には、
まだまだもったいない現実があるのをご存じですか?

Reality

国内ファッション産業における
原料調達から製造段階までに排出される
環境負荷の総量(年間)

CO2排出量

9万kt

水消費量

83億m3

洋服一着に換算すると、製造時にペットボトル約255本製造分にあたる約25.5kgのCO2が排出され、浴槽約11杯分の水が使われています。

国内で1日あたりに
焼却・埋め立てされる服の総量

大型トラック

130台分

ごみに出される衣服のうち、再資源化されずに焼却・埋め立て処分される量は年間で約48万トン。大型トラック130台分を毎日焼却・埋め立てしている計算に。

国内で一年間一度も
着られていない服の数

一人あたり

25

服の購入枚数は一人あたり年間約18枚であるのに対し、手放す服の数は約12枚。一年間一度も着られることのない服が一人あたり平均25着もあります。

出典:環境省「SUSTAINABLE FASHION

What Can We Do? 未来のために私たちができること

一品と長く付き合う

例えば、今所有している服を
捨てずにもう一年長く着てみる。
それだけで、日本全体で約4万トンもの
廃棄削減につながります。

リユースで寿命を伸ばす

私たちが手放した服のうち、
フリマアプリや回収などを通じて
リユースされるのはたった20%。
一年に一度も着ていない服を全てリユースに回すと、
その量は約10倍に増えます。

廃棄せずにリサイクル

手放される服のうち、リユース・リサイクルされる
割合は約34%。残りの全てが回収され、
リサイクルを経て原材料に再供給されると、
最大で年間約2,500万トンの
CO2排出量が削減できます。

出典:環境省「SUSTAINABLE FASHION

Our
New
Initiative

持続可能な社会に向けたALLUの取り組み

モノが廃棄されることなく、限りある資源として
循環する持続可能な社会の実現を目指して。
ALLUはブランドリユースを通じた様々な取り組みを行っています。

リユースのサステナビリティ・インパクトを数値化

ALLU表参道店では各製品のタグに、それぞれの製品がもたらす
リユースによる環境負荷の削減貢献量「Resale Impact」を掲載。
当社グループが独自開発した「Valuence Resale Impact Calculator」を用いて、
二酸化炭素排出量・水使用量・エネルギー使用量・PM2.5排出量の
削減貢献量を数値化しています。

View more

サステナブルを取り入れた
ALLUの店舗空間

新たにオープンするALLU表参道店の店舗デザインは、
もともと使われていた資材を生かしたサステナブルな内装に。
カーペットに環境に配慮した素材を用いるなど、
環境負荷や廃棄物の少ない店舗設計を実現しています。

ALLU Omotesando