新着記事

2
グッチの定番【バンブーバッグ】でおしゃれにキメる♪
2019/09/12 17:00
image_top_photo

商品の登場から60年以上の歴史を持つGUCCI(グッチ)のバンブーバッグ。
実は第二次世界大戦後、物資不足に困っていた職人たちが、日本の竹に着目して作られたのが発祥だそうです。

竹の独特な節や模様は、発表されてからすぐに世界で人気のバッグとなりました。

そんな歴史あるバンブーアイテムを、リュックとハンドバッグに分けてご紹介♪

鞄工房として始まったGUCCI

グッチの創業者であるグッチオ・グッチは若い頃にホテルマンとしてイギリスのロンドンで働き、イギリス貴族の感性から刺激を受けていました。

free-photo

第一次世界大戦後の1921年に地元のイタリア・フィレンツェにて鞄工業を創業、その後工業に自分の名前を冠した「GUCCI」を名付けました。
GUCCIの転機は1939年の第二次世界大戦。大戦中に皮革製品が統制され、職人たちの思うように革の流入が上手くいかず、鞄を作れなくなってしまいました。

その代用品としてコーティングキャンパスを使用したところ人気を博し、今ではGUCCIのブランドアイコンとして世界中で愛されています。

大戦後に生まれたバンブーシリーズ

その第二次世界大戦に深いかかわりを持っているものが今回のメインアイテムのバンブーシリーズです。

free-photo

同じく革製品の節約を模索しているときに、輸入された日本の竹に着目、取っ手として使用したところこちらもヒットして一躍有名になりました。
熱を加えながら少しずつ湾曲させた竹は、独特の持ち味を引き出し、一つ一つにある節や加熱でできた模様が持っている人の個性を引き上げます。

バンブーアイテムは世界中で愛され、GUCCIは今でもバンブーを進化させています。

バンブーバッグ

バンブーは特にハンドバッグなどの持ち手があるアイテムに強く、レザーとの相性もバツグン、コーディネートをよりエレガントに、美しく仕上げることができます

free-photo

リザードやクロコの輝きにも引けを取らず、手元に存在感を放ちます。

また、かぶせ部分にあるバンブーがアクセントになって一層可愛らしいデザインになっています。

PICK UP ITEMS

Click on the product!

バンブーリュック

リュックも肩掛け部分ではなく、持ち手の部分がバンブーになっているアイテム

レザーなどの素材でできているリュックに、ちらりと見えるバンブーが可愛らしいですね。

free-photo

ハンドバッグよりも容量も多く、比較的カジュアルな見た目をしているため、ラフなファッションでも合わせやすい商品です。
バンブーリュックを使ってコーデにラグジュアリーイメージを加えてみては?

PICK UP ITEMS

Click on the product!

魅力たっぷりのバンブーだけど…

image_free_photo

そんな魅力たっぷりのバンブーですが、魅力がある分注意しなければいけないこともあります。

特に顕著なのが保管方法。そのまま保管してしまっては、半強制的に曲げているバンブーは素材の性質上、曲げた部分が戻ってしまうので保管には注意が必要です。

バンブーを楽しむためには、保管方法が特に重要になるのです。

保管方法に注意

バンブーで多く聞く悩みは取っ手の竹の部分が広がってしまい、シルエットも不格好になってしまうというものです。
視覚的にすぐに広がるわけではなく、少しずつ広がっていくため気づくのが遅れてしまい、最悪の場合革を破ってしまうことも

保管の際には必ず竹部分をバンドなどで固定してから保管するようにしましょう。

すこし強めに固定することで広がりを防ぎ、より長くバンブーバッグを楽しめるようになります。
一見面倒にも思えますが、取っ手部分を固定するだけで広がりを防ぐことができるため、お気に入りのバッグを壊さないためにも固定しましょう。

バンブーアイテムでラグジュアリーに

image_free_photo

バンブーは保管をきちんと行えば長く愛用できるバッグです。

革の素材と竹の部分でコーディネートもラグジュアリーに。
グッチのバンブーバッグを使ってファッションの広がりを体感してみてくださいね。

レトロモダンで独創的なグッチの「ソーホー」がお気に入り♪
2017/07/10 00:00
6188-0

1921年に創業したグッチ(Gucci)はイタリアを代表するファッションブランドです。バッグに財布、靴といった皮革製品を中心に、時計や香水など幅広いファッションアイテムを手がけていて、ほかにはないレトロで独創的なデザインが愛されています。

その中でも、今グッチの新定番として人気を集めているのが「ソーホー(SOHO)」。今回は、グッチらしさ満載のソーホーのバッグデザインの特徴とバリエーションを大紹介します。

  1. グッチの「ソーホー」ってどんなバッグ?
  2. ソーホーを持ってるのは「どんな人」?
  3. ソーホーで代表的な「バッグラインナップ」をピックアップ
  4. 「オススメのソーホー」アイテムをご紹介
  5. 大人のこなれスタイルに合わせたい、GUCCI「ソーホー」

グッチの「ソーホー」ってどんなバッグ?

グッチ(Gucci)のソーホー(SOHO)は2012年にクリエイティブ・ディレクターのフリーダ・ジャンニーニのクルーズコレクションで発表され、その後2013年春夏コレクションで発売した、比較的新しいラインのバッグです。

発売してまだ年数は経っていないものの、発売当時からグッチの新しい顔として人気沸騰中! 今もソーホーのデザインの特徴はそのままに、小型のショルダーや収納力に優れたトートバッグなど、さまざまなバリエーションが生まれています。

ソーホーの「デザイン性」と「特徴」

グッチのソーホーの特徴

ソーホーのデザインの特徴は、バッグの全面にグッチのシグネチャーのインターロッキンGがエンボス加工されていること。高級感あふれるソフトカーフレザーに、ぽってりとしたラバーパッドとステッチで凹凸を出したダブルGをバッグにデザインしています。これによって、エレガンスでシンプルなデザインの中にも力強さを感じるバッグに仕上がっています。

また、付属品としてタッセルというフリンジチャームがついているのもソーホーの魅力!ボディと同素材のレザーで作ったフリンジは、バッグの動きに合わせてさり気なく揺れる姿が愛らしいです。

財布やメンズのプレタボルテでもお馴染みのソーホー

財布やメンズのプレタボルテでもお馴染みのグッチのソーホー

ちなみにソーホーはその人気から財布をはじめ、ポーチなども続々と登場しています。バッグと同じく上質なカーフレザーに大きなエンボスのダブルGが施されていて、今や女性だけでなく男性のファンも多いコレクションになりました。

このように、ソーホーはどことなく80年代のレトロな雰囲気を盛り込んだデザインと、収納力と機能性が合わさった、今のグッチを代表する大人気ラインなんです!

ソーホーを持ってるのは「どんな人」?

グッチのソーホーを持ってるのはどんな人?

グッチのソーホーはシンプルで使い勝手がいいデザインから、本当に幅広い層に愛されているラインです。機能性が高く使い勝手がいいのに、きちんと感もあることから、とくに20代後半からの女性に人気です。

イタリアのフィレンツェの職人の技術がつまった上質な作りとタイムレスなデザインは、長年使い続けられるグッチの新定番バッグです。

ソーホーで代表的な「バッグラインナップ」をピックアップ

グッチのソーホーはラインナップが豊富なのも、幅広い世代に愛される理由です。ここではソーホーを代表する4つのラインナップをご紹介します。

<ソーホー> ディスコバッグ

グッチのソーホーのディスコバッグ

サイズ:約 縦15㎝ 横21㎝ 奥行き7㎝

ジップトップ開閉式で、角が丸みを帯びた長方形のミニショルダーバッグです。スマホや長財布などの必要最低限の荷物がしっかり収納できますよ。素材は軽量のグレインレザーを使っていて、適度にハリがあるので身に着けるだけできちんと感が生まれるバッグです。

内側には携帯用のインナーポケットもついていて、レザーストラップを調節すればななめ掛けもできますよ。自転車に乗っての買い物などのアクティブシーンだけでなく、ちょっとしたパーティーなどのフォーマルでも活躍する万能アイテムです。

<ソーホー> ジップトップトート

グッチのソーホーのジップトップトートバッグ

サイズ:約 縦25㎝ 横31㎝ 奥行き12㎝

ジップトップトートは、逆台形の大きなシルエットで収納力抜群のタイプです。B5サイズの荷物も収納できるので、ブラウンやブラックなどのダークカラーならビジネスバッグにも使えるシンプルで洗練された見た目です。

こちらのラージサイズはハリウッド時女優やセレブに人気のモデルで、一泊分の荷物も収納できるゆったりしたサイズがスタイルの主役になる存在感があります。

<ソーホー> ショルダーバッグ

グッチのソーホーのショルダーバッグ

サイズ:約 縦22㎝ 横32.5㎝ 奥行き10.5㎝

ソーホーラインの中でも一番人気のショルダーバッグは、くったりと沈み込むソフトカーフレザーが優しく女性らしさあふれるデザイン。開閉はスナップ式になっていて、サイドのマチが収納されたデザインがコンパクトな台形フォルムを作っています。

大きなタッセルがまたかわいらしく、ソーホーラインの中でもカジュアルな印象のバッグです。収納力も化粧ポーチやタブレットも入る大きさで、デイリーユースにおすすめのアイテムですよ。

<ソーホー> チェーンショルダーバッグ

グッチのソーホーのチェーンショルダーバッグ

サイズ:約 縦27㎝ 横39㎝ 奥行き13㎝

ハンドル部分がチェーンになった、個性派のソーホーです。レザーハンドルとくらべてカジュアルな印象で、堅苦しさがなくどんなスタイルにも無理なくフィットする人気コレクションです。また、チェーンストラップはレザーだけでなくデニム素材も用意されています。

A4サイズが収納できる大容量で、休日のお出かけだけでなく通勤や通学にも活躍しますよ。

製造時期や素材によって、同一商品の同サイズであっても大きさの違いなどの個体差があります。あくまで目安とお考えください。

「オススメのソーホー」アイテムをご紹介

グッチのソーホーはミニサイズのディスクバッグで11万円台からラインナップされています。しかし、今もグッチで人気のコレクションだからこそ店頭ではなかなか入手できない限定品も数多くあります。そんなときは中古のソーホーを探してみてはいかがでしょうか?

ここでは、グッチのソーホーのおすすめアイテムをピックアップしてご紹介します。

CI012346

グッチ ソーホー デニム×レザー
チェーンバッグ 青×茶

ブルーのデニムの素材に、チェーンストラップの組み合わせがカジュアルでスタイリッシュなソーホーです。ブラウンのフリンジがワンポイントになっていて、青と茶色、ゴールドの組み合わせがおしゃれです。個性派バッグをお探しの人におすすめですよ。デニムに合わせるだけでなく、ダークトーンのコーデの差し色にいかがでしょうか。

 

大人のこなれスタイルに合わせたい、GUCCI「ソーホー」

グッチのソーホーはやわらかく軽いレザーと、特徴的なエンボス加工が大胆でクールなバッグラインです。定番のトートバッグからミニサイズのディスコバッグまで、用途に合わせて使い分けられる豊富なバリエーションが大きな魅力!

限定品も数多く登場しているバッグなので、きっとあなた好みのカラーやデザインのソーホーが見つかることでしょう。

2