7457-1

シャネル(CHANEL)と言えば、頭文字のCを組み合わせたココマークで知られる老舗ラグジュアリーブランドです。そんなココマークを大きくあしらったラインとして、2004年に登場してからずっと愛され続けているのが「カンボンライン(Cambon-line)」

同じくシャネルの定番であるキルティングココマークの組み合わせで、キュートとエレガントの両方を叶えた欲張りなアイテムなんです! 今回はそんなシャネルのカンボンラインのデザインの特徴、財布、バッグのラインナップなどをくわしく見ていきましょう。

カンボンはマトラッセとの相性もバツグンです!

シャネルのシンボル「黒マトラッセ」アイテムを大特集♪

  1. シャネルの「カンボンライン」ってどんなコレクション?
  2. 愛用したいカンボンラインの「財布」ラインナップ
  3. インパクト大なカンボンラインの「バッグ」ラインナップ
  4. イチオシ! カンボンラインで「おすすめのアイテム」ご紹介
  5. 大胆デザインが可愛いカンボンラインでカジュアルを楽しもう

シャネルの「カンボンライン」ってどんなコレクション?

シャネルのカンボンラインの魅力とは?

シャネル(CHANEL)のカンボンライン(Cambon-line)は2004年に発表された比較的新しいラインです。それまでシャネルといえば、シンプルで品格ある落ち着いたデザインのラインが多かったのですが、そのイメージを覆したのがキルティングと大きなココマークをあしらったカンボンラインでした。

カンボンラインが人気の理由

誰が見ても一目でわかる大きなココマークに、マトラッセにも使われているシャネルの定番デザイン、キルティングを施したレザーを使っており、大胆なのにムダがなく洗練された印象に仕上がっています。

カンボンラインは今や、シャネルの代表的なコレクションのひとつとなり、財布をはじめバッグ、キーケースなどいろいろなタイプのアイテムが登場しています。単品でももちろんかわいいですが、財布にバッグ、キーケースにいたるまでカンボンラインで統一しているファンも少なくありません。

愛用したいカンボンラインの「財布」ラインナップ

まずはカンボンラインの財布で展開する、人気の「デザイン」と、その後に定番人気の「カラー」をピックアップしてご紹介していきましょう。

カンボンラインの財布で「人気のデザイン」ラインナップ

まずはデザインラインナップから、3つご紹介していきましょう。

〈二つ折り〉タイプ

シャネルのカンボンラインの二つ折り財布

片手におさまるコンパクトな二つ折りタイプは、キュートで使いやすいサイズ感が魅力です。また、小銭入れの部分はあえてがま口を採用し、スナップボタンを開けずとも簡単に開け閉めできるのでお会計もスムーズに行えますよ。

もちろん二つ折りを開けばお札入れもしっかり用意されていて、カード入れが6つ、レシートを入れるポケットも2つついていて機能性も満足がいくデザイン。小さいバッグにも楽々収納できるので、ミニポシェットや巾着型バッグにもおすすめです。

〈三つ折り〉タイプ

シャネルのカンボンラインの三つ折り財布

二つ折りとの違いはスナップボタンを開くと、中にファスナー式の小銭入れがついていて、カード入れは8枚にポケットが3つと、通常の長財布にも引けを取らない収納力を備えています。二つ折りでは収納力が足りないけれど、一般的な長財布はボリュームがあって苦手だとお悩みの人も、使い勝手いいサイズ感です。

〈ラウンドジップ〉タイプ

シャネルのカンボンラインのラウンドジップ財布

ラウンドファスナー式のデザインはカンボンラインの中でもトップクラスの人気を誇っています。エレガントで落ち着いた印象のカンボンラインが少しラフな印象になるので、デニムやスウェットなどのスタイルを無理なく格上げしてくれるアイテムですよ。

チェーンストラップにはCHANELのロゴ入りシルバープレートが付いていて、ほかのデザインにはないワンポイントつきなのが、人気を集めている理由の一つです。

カンボンラインの財布で定番「人気カラー」ラインナップ

シャネルのカンボンラインの財布で人気のカラー

シャネルのカンボンラインの財布の人気カラーは、やはりブランドイメージである黒と白を基調とした2色使いです。ボディは黒、ココマークは白のデザインが一番人気で、汚れや傷も目立ちにくく長年愛用できるシンプルさが魅力です。

また、ボディがミルキーピンク、ココマークが黒などのあざやかなカラーリングも大人気!シャネルのラインの中でも、ビビッドなコントラストを組み合わせたコレクションが用意されているのがカンボンラインの特徴です。

比較的カラーバリエーションも充実しているので、財布は明るくてキュートなカラーがいい!とお探しの人にぴったりですよ。

インパクト大なカンボンラインの「バッグ」ラインナップ

カンボンラインは、バッグもさまざまなデザインが展開しています。ここでは財布と同様、バッグのデザインラインナップとともに、人気カラーをご紹介します。

カンボンラインのバッグで「人気デザイン」をご紹介

まずはバッグの人気デザインからご紹介していきましょう。

〈トートバッグ〉タイプ

シャネルのカンボンラインのトートバッグ

カンボンラインのバッグの中でも一番人気なのが、収納力に優れたトートバッグです。開閉はファスナー式になっていて、たくさんの荷物が外に見える心配がありません。2サイズの展開があり、写真の小さい縦長タイプでもB5サイズの書類も楽々収納でき、大きいタイプだとA4サイズが入るので通勤はもちろん、普段荷物が多い人やマザーズバッグとしてもおすすめですよ。

高品質なカーフスキンのキルティング模様は、トートバッグとは思えないほどラグジュアリーな印象です。通常のキャンバス素材のトートバッグはどうしてもラフになりますが、こちらはドレスやスーツに合わせることもできる、上品なトートバッグです。

〈ショルダーバッグ〉タイプ

シャネルのカンボンラインのショルダーバッグ

シャネルのショルダーバッグといえばマトラッセが定番ですが、カンボンラインも根強い人気があります。マトラッセはコロッと丸みを帯びたフォルムなのに対し、カンボンラインは縦長のフォルムでカジュアルな印象のデザインが特徴。

こちらもサイズ展開は2つあり、小さい方でも財布やスマホ、ハンカチなどの必要な荷物はしっかり収納でき、大きいものではB5サイズがしっかり収納できます。外ポケットと内ポケットがそれぞれ1つずつ用意されており、ペンホルダーつきで細かい荷物を収納しやすい構造になっています。

開閉もファスナー式なので中の荷物が見える心配もありませんし、ショルダーを肩掛けすればサイクリングでも安心して身に着けられますよ。デニムやTシャツスタイルはもちろん、あえてフレアスカートに合わせて甘辛コーデを作るのもおすすめです。

〈ボーリングバッグ〉タイプ

シャネルのカンボンラインのボーリングバッグ

角が丸い長方形のフォルムがキュートなハンドバッグです。折りたたみの財布や、手鏡、リップなどの小物を収めるのにちょうどよく、ちょっとした買い物や近所へのお散歩に使いやすいサイズ感が魅力です。

ココマークはサイドに大きくデザインされていて、強調しすぎず上品な佇まいはオンでもオフでも華やかなスタイルを作ってくれますよ。

カンボンラインのバッグで「人気のカラー」をご紹介

シャネルのカンボンラインのバッグの人気カラー

シャネルのカンボンラインのバッグは、ビジネスシーンでも使えるブラウンが特に人気です。バッグはハンドルやショルダーベルト部分もボディと同じカーフスキンが使われていて、どちらかと言えばカジュアルな印象が強コレクションです。

全体がワンカラーで統一されているものもあれば、黒とアイボリ―などのバイカラーも、スタイルのアクセントとして人気ですよ。

イチオシ! カンボンラインで「おすすめのアイテム」ご紹介

ここからは、カンボンラインのラインナップの中でもとくにオススメしたいアイテムをピックアップしてご紹介していきます。

GS009378

シャネル カンボンライン ラムスキン 黒

カンボンラインで大人気のラウンドジップ長財布。ボディカラーとココマークのカラーが同色ながらも、カーフとパテントの異素材でしっかりアピールされています。一見シックな印象ですが、この財布の「推しポイント」はインナーカラーです。ラウンドジップを開くと見える、ココマークが描かれた綺麗なショッキングピンクの内装がめちゃくちゃ可愛いです。

カードスロットも多くて、機能性が高いのは嬉しいですね。

DG009716

シャネル カンボンライン ラウンド長財布 黒

なめらかなベージュカラーのラムスキンに施されたキルティングと、ブラックカラーのココマークは、可愛らしさと上品さが絶妙にマッチ♪ 落ち着いたカラーリングなので、通勤バッグにも好相性ですし、カジュアルなスタイルのショッピングでもワンランク上のスタイルにまとまりますよ。

2019.08.05現在、カンボンラインの人気により当店の在庫が少なくなっております。
詳細、及び在庫の確認につきましては当オンラインストアよりご覧ください。

大胆デザインが可愛いカンボンラインでカジュアルを楽しもう

カンボンラインは財布、キーケース、バッグといろいろなバリエーションを展開しており、セット使いもできるコレクションです。もちろんバッグや財布のシングル使いでも、十分可愛いのでおすすめです。

収納力とデザイン性の両方をそなえたシャネルのカンボンラインで、毎日のスタイルをおしゃれで楽しく仕上げてみてはいかがでしょうか。