エルメスのスカーフ「カレ」でコーディネートをアップデート

エルメス(HREMES)といえば、バーキンケリーなど女性があこがれるバッグを作り続けているトップブランド。レザーアイテムが有名なエルメスですが、バッグや財布に劣らない人気を誇る「カレ(Carres)」は、うっとりするほど繊細で独特のデザインのスカーフ。

あざやかなカレは、小物という枠にとどまらない、エルメスのエスプリがたっぷり詰まった、主役級の高品質アイテムなんです。

今回は、エルメスのカレの特徴から、巻き方のコツ、サイズなど、情報満載でお届けします。

エルメスのカレってどんなアイテム?

エルメス(HERMES)のカレ(Carres)は、1937年に登場したシルクスカーフです。カレというのは「正方形」を意味した単語で、その名前のとおり縦横ともに同じ長さのサイズにしているアイテムを展開しています。

エルメスの4代目の社長ロベール・デュマ・エルメスの時代生み出した、シルクスクリーンの製造技術を活かして作られたのがカレでした。

「カレ」が本物志向の人に愛される理由

厳選された高品質のシルクを使って作られるカレは、職人さんが一つ一つ手作業で染色しているんです。一般的なスカーフのように素材へプリントしているのではなく、シルクの布に製版でカラーごとに色をつけていく作り方を続けているのが特徴。

つまり、カレ1枚に30の色が使われていれば、30枚分の製版を用意していることに。たった1枚のカレを作るのに、その製版作業だけでも数百時間かかることもあるのだそうです。
まさに細部までこだわりぬいた色鮮やかな発色が特徴で、それ自体がまるで芸術品のような逸品ですね。

エルメスのカレがスカーフとして格別な理由とは

馬具工房として誕生したエルメスにちなんで、馬や馬車をモチーフにしたものが多いのもカレの特徴です。これまでなんと1500種類以上ものデザインのカレが作られてきていて、その中でも人気のデザインはパーツの配色を変えて、作られています。

カレの「サイズラインナップ」

エルメスのカレには4つのサイズラインナップがある

カレを購入する際、気になるのは柄(テーマ)だと思いますが、「サイズ」も非常に大事なポイントになります。メジャーな90×90サイズとともに、3つのサイズラインナップをご紹介します。

カレ 90×90

定番の90×90は、まず1枚持っておきたいサイズ。
首に巻くのはもちろん、ヘアアレンジでも使いやすく、バッグインバッグにもなります。カレの繊細なデザインが細部まで楽しめる万能サイズです。

カレ 140×140

大きな140㎝のカレは、体に巻いてショールとして使えるサイズです。
迫力ある見た目で、スタイルの主役になるアイテムですよ。

カレ 70×70

90よりも一回り小さい70㎝サイズは、手首やバッグのハンドルに巻き付けるのに便利な小さめサイズです。

カレ 45×45

定番の90の半分、ミニサイズのカレもあります。ハンカチのように使える小さめのサイズなので、ぜひ常にバッグに1枚入れておきたいアイテムですね。

カレでおすすめしたい「柄」、アイテムご紹介

カレの長い歴史の中でも、とくにおすすめしたい柄(テーマ)のアイテムを集めました。たっぷりご紹介しますので、ぜひ、ご参考にしてください。

カレ90 Dans l’atelier de Robert Dallet

DE006226

エルメス カレ90 Dans l'atelier de Robert Dallet
青 16AW

¥43,200 (税込)

博物学者でアーティストの、ロベール・ダレの作品をインスパイアし、2016年のコレクションで発表されたカレです。エルメスの定番となったアニマルペイントを生み出したカレの作品は、躍動感あふれる動物が描かれています。
このカレも水色をベースに、トラやチーターを鉛筆でスケッチしたようなシンプルなブラウンの線が洗練された見た目。上品で大人のシックな装いに合わせやすいデザインです。

カレ70 SWINGING SILK

EC002836

エルメス カレ70 SWINGING SILK

¥24,840 (税込)

黒をベースにレインボーの円が描かれていて、とてもポップなデザイン。70×70の小さいカレなので、カジュアルやスポーティな服装にも合わせやすいですよ。

これでバッチリ! カレの「巻き方」「アレンジ術」

そんなエルメスのカレは、本当にいろいろな巻き方が楽しめるアイテムなんです。ここではカレの巻き方や使い方、そしてバッグに巻き付けるアレンジ術をご紹介します。

カレを「首に巻く」

巻き方は、写真のような「硬結び」が簡単でおすすめ。そして定番は、フロントで一度くぐるスカーフスタイルですが、同じ巻き方でもサイズが違えば雰囲気も変わってくるのが大きな魅力。

▲90×90はストールのようにボリュームがあるので小顔効果バッチリのサイズ。

▲70×70はVネックなどの露出度の高い服やマニッシュスタイルに合わせると、上品で落ち着きのある印象に。

カレで「ヘアアレンジ」

また、5㎝くらいの幅に細長く巻いていったカレを、頭に巻いたヘアバンドスタイルも人気。カジュアルスタイルには、カレを三角に折って頭に巻き付ける海賊巻きもおすすめ。イチオシ簡単アレンジは、ポニーテールのゴムに重ねて結ぶスタイルですね。

旬なスタイル♪ カレを「腕に巻く」

3~5㎝幅にバイアス織りしたカレを、手首に巻くブレスレットもスタイルのアクセントになる使い方です。シンプルなYシャツやデニムのコーデにも、カレを手首に巻けば一気に全身が華やかでおしゃれな印象になりますよ。

春夏の手首が露出する季節に楽しみたいお洒落ですね。

お気に入りのバッグをもっと愛したい♪ カレで「アレンジ」

バッグは高価なだけに、なかなか買い替えは難しい…旬っぽさの投入や、気分転換をされたい方には、カレのバッグアレンジをおすすめします。

リボン結びが可愛すぎる、という方にはハンドルにくるっと結び付けるだけでも大人っぽさを演出できるのでおすすめです。

ネクタイ結びは、ぜひマスキュリンなコーディネートに合わせてみてください♪

エルメスには、カレよりミニサイズのスカーフ「ツイリー」があります。ツイリーでは、カレとはまた違うスカーフアレンジができますよ。

エルメスの代表作「カレ」は大人のお洒落に欠かせないアイテム

エルメスのカレは、職人が一つひとつ手がけたこだわりの芸術品です。だからこそ、人気モチーフはすぐに完売してしまうことも多く、今やお目にかかれない限定アイテムも数多く存在します。

グランメゾンの代表的なアイテムでありながら、比較的手を伸ばしやすい価格帯なので、ファーストエルメスとして選ばれることの多いことでも知られています。

贈り物としても人気のアイテムですので、ぜひ大切な方へのプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。