4

ロレックスのデイトナってなぜ人気なの?ヴィンテージロレックスから現行モデルまで魅力を徹底解説!

2022/01/10 00:00
ROLEXバナー

時計界のトップに君臨する、世界一の知名度を誇るロレックス。誰しもが憧れる、人気の腕時計として知られていますね。そんなロレックスの人気モデルとして、名前が挙がるのが「デイトナ」。現行モデルも入手困難とされ、中古市場での価格も右肩上がりのモデルです。今回は、発売から何十年たってもすたれず、世界中から愛され続けているデイトナの魅力に迫ります。

ロレックスの定番・デイトナってどんな腕時計?

ロレックスの定番・デイトナってどんな腕時計?<

1963年に誕生したコスモグラフデイトナ。プロカーレーサーのニーズに応えるように設計されたデイトナは、ドライビングとスピードに情熱をささげる人々のための究極の実用時計として愛され続けてきました。

ロレックスでも圧巻の人気を誇るモデル

発売当初から現在に至るまで、人気ナンバーワンを誇るのが、デイトナ。ここ最近では、若者からも注目され、誰もが憧れる腕時計として挙げられています。定価よりも遥かに高い相場で取引されており、ステータス性を感じられること、ロレックス唯一のクロノグラフモデルという優位性があることなどから特に人気があるといわれています。

実用的なクロノグラフウォッチ

スマートフォンの普及で、クロノグラフ機能が使われる機会は減っていますが、男性から人気なのは今も昔も変わらずクロノグラフのモデル。モーターレース「デイトナ・インターナショナルスピードウェイ」にちなんで生み出され、時速を測るベゼルがついており、視認性と防水性に長けた実用的な腕時計です。誕生してから現在に至るまで6回もの改良が繰り返され、常に進化を続けてきた種類も豊富な逸品です。

デイトナの定番人気モデルをご紹介

Ref.116500LN 白文字盤

Ref.116500LN 白文字盤

コスモグラフデイトナの現行モデル「Ref. 116500LN」。こちらは2016年のバーゼルワールドで発表され、5年たった今もなお需要が高まり続けています。ラインナップはダークな印象の黒文字盤と爽やかな印象の白文字盤のニ種類。前作は、ケース素材と同じステンレスベゼルでしたが、新作はセラクロム製ベゼルが採用されたことが大きな変更点で、より傷に強くなりました。また、白文字盤に関してはインダイアルが黒になり、よりハッキリと洗練されたデザインに。市場相場からみても白文字盤の方が人気が高いとされています。

Ref.116520 黒文字盤

Ref.116520 黒文字盤

自動巻きクロノグラフムーブメントを搭載したコスモグラフデイトナの2世代目モデルとして誕生したのが「Ref.116520」。Ref. 116520は既に生産終了しているが、2000年~2016年までという長期に渡って製造されたロングセラーモデルです。16年の間でマイナーチェンジが何度も行われており、年式によって仕様やデザインが異なり相場も変動しています。こちらも黒文字盤と白文字盤の2種類での展開。特許を取得したパラクロムヘアスプリングは、耐磁・耐衝撃性・温度変化にも強いという特性があります。

デイトナの人気ヴィンテージモデルをご紹介

Ref.6265 黒文字盤

Ref.6265 黒文字盤

1970年より登場したデイトナ第3世代となるRef.6265現行モデルにはないデザイン性のため、アンティーク市場で高い人気を誇っています。プッシュボタンがねじ込み仕様になり、防水性も30mから50mに向上。デイトナで初めて“OYSTER”ロゴがプリントされたモデルでした。ムーブメントは第2世代と同じく、手巻きデイトナで一番高性能と言われるCal.727を搭載しており、さらにRef.6265には、レアダイヤルとして特徴的な『ポールニューマンダイヤル』(別名 エキゾチックダイヤル)が存在しています。なかなか流通することはないものの、その希少性の高さにより市場価値が年々高騰している。

Ref.6263 黒文字盤

Ref.6263 黒文字盤

ねじ込み式(スクリューダウン)プッシャーを採用して50m防水を達成した、第3世代のデイトナ「Ref.6263」。1970年~1988年の間に製造されたRef.6263とRef.6265には2種類のオリジナルダイヤルが存在しています。その2種類とは「DAYTONA」のモデル名表記の無い”デイトナ表記なし”と、「DAYTONA」表記の大きいビッグデイトナ(ビッグレッド)のことです。ビッグロゴの黒文字盤は特に人気があり、コレクターの中では需要が高まっています。

Ref.16520 黒文字盤

Ref.16520 黒文字盤

コスモグラフ・デイトナの第4世代「Ref.16520」手巻きムーブメントから自動巻きムーブメントへ大きな転換点となった歴史的モデル。ムーブメントに、後に通称で呼ばれる「エル・プリメロ」をベースとしたCal.4030を搭載しているのが特徴で、「ブラウンアイ」や「パトリッツィ」と呼ばれる、インダイアルの色味がブラウンに色焼けしているレア個体が配されています。一般的に1993~1995年に製造された一部の文字盤にのみ発生する変色と言われています。ロレックスのエイジングやトロピカルダイヤルとよばれる美しい経年変化はマニアを虜にしているようです。

デイトナの文字盤色別おすすめモデルをご紹介

Ref.116508 750 グリーン文字盤

Ref.116508 750 グリーン文字盤

マイナーチェンジが行われた「Ref.116508」。ベゼルデザインが変更されており、ベゼルのマーカーが「・」から「▲」に変わりました。イエローゴールドがゴージャスな印象を与えるモデルになっていますが、こちらは流通量が少ない鮮やかなグリーン文字盤が大きな特徴です。グリーンダイヤルは2016年に発表された新色。サークルの外周は赤を使っていて、いままでのロレックスの配色としては珍しいモデルです。存在感たっぷりなこちらのデイトナは、遊び心ある大人が似合うデザイン。

Ref.116509 750 青文字盤

Ref.116509 750 青文字盤

こちらも2016年、ホワイトゴールドに新たなダイヤルバリエーションとして加わったブルーダイヤル。さし色で入った赤色がデイトナならではのスポーティーな雰囲気を演出しています。文字盤の中心から放射状に、細やかな線がたくさん広がるサンレイ仕上げが施され、モデルロゴやインダイヤルの内周部分、5分刻みの目盛り部分に差し色の赤が映えるスタイリッシュなデザイン。ブルー×レッドの組み合わせが重量感を感じさせず、これぞスポーツウォッチといわんばかりの爽やかさが素敵です。

Ref.116518LN 750×ラバー 黒文字盤

Ref.116518LN 750 黒文字盤

ゴールドのデイトナと言えば、ダイアルバリエーションが豊富なことも魅力の1つですが、こちらはブラックとイエローゴールドのコンビネーションが鮮烈で圧倒的な印象を与えるシャンパンカラー&ブラックダイヤル。文字盤のDAYTONA表記とストップウォッチ針は赤色で統一されており、金色のインダイヤルで時計全体にメリハリが出ています。高級感あふれる配色ながら、オイスターフレックスブレスレットと呼ばれています。ラバーベルトということもあり、よりカジュアルに決めることができます。特別な日にも、アクティブに活動したい日にもおすすめの一本です。

どのブレスが好み?ブレス別でデイトナのモデルをご紹介!

Ref.116500LN SS 黒文字盤

Ref.116500LN SS 黒文字盤

先述したように、今なお人気が衰えない現行モデル「Ref.116500LN」。デイトナといえばステンレススチールモデルの需要が圧倒的です。主力モデルの「Ref.116500LN」を筆頭に、旧世代モデルの「Ref.116520」、「Ref.16520」までもが需要を伸ばし続けています。 現行モデルからは白文字盤に人気が集まっていますが、スタイリッシュなブラック文字盤は汎用性が高くシーンを問わないため、幅広い支持を集め、負けず劣らず高い人気を誇っています

Ref.116515LN 750×ラバー 黒文字盤

Ref.116515LN 750×ラバー 黒文字盤

2017年のバーゼルワールドで発表されたオイスターフレックスブレスレット仕様のコスモグラフデイトナ。オイスターフレックスブレスレットとは、ロレックスが開発し特許を取得したラバーストラップのことをさします。ブラックエラストマーと呼ばれる高分子物質でコーティングすることにより、メタルブレスレット並みの堅牢性と防水性を誇るラバーベルトです。また、「縦方向クッションシステム」と呼ばれるものが採用されており、ラバーベルト特有の硬い装着感や痒くなるというデメリットを防ぎ、着け心地にもこだわっています。※エラストマー =「erastic(弾性のある)」+「polymer(重合体)」を合わせた造語

Ref.116518 750×革 AT アイボリー文字盤

Ref.116518 750×革 AT アイボリー文字盤

116518は2000年から長きにわたり販売されていましたが、2017年のバーゼルワールドでセラミックベゼルの新型116518LNが発表されたため、こちらは廃盤に。ベゼルがセラミックに、ベルトが革ベルトからラバーべルトに変更となりました。文字盤の色はアイボリーに近い白で、柔らかさを演出。立体感あるアラビアインデックスがこの時計の渋さをさらに引き立ててくれます。金無垢だからこそマッチする革ベルトは知的さを纏うことができるデザインです。ちなみに白文字盤に黒インダイヤルのものを「パンダ文字盤」「パンダダイヤル」とも呼ばれています。

見かけたらラッキー!デイトナのレアモデル

Ref.116506A アイスブルー文字盤

Ref.116506A アイスブルー文字盤

デイトナ誕生50周年の2013年に、プラチナ仕様となるRef.116506が新たに登場。デイトナで初となるプラチナ仕様のRef.116506は、チェスナットブラウンと呼ばれる絶妙なカラーリングのセラミック製タキメーターベゼルを搭載しています。また、プラチナモデル固有のステイタス性の高いアイスブルーダイヤルが採用されています。その翌年2014年には、インデックスにダイヤモンドがあしらわれた「Ref,116506A」も登場しました。こちらは、8ポイントのバゲットカットダイヤモンドと、3ポイントダイヤをインデックスにセットしており、より高級感が増しました。発売以来、不動の人気を誇るさわやかさと高級感を兼ね備えたデイトナ最高峰モデルです。

Ref.16520 白文字盤

Ref.16520 白文字盤

Ref.16520 は「コスモグラフ・デイトナ」の第4世代で、製造時期や製造工場によって文字盤に違いがあり「レアロレックス」と言われるプレミア個体が多くいことで有名なモデルです。インダイヤルの縁取りがブラウンに変色している「ブラウンアイ」「パトリッツィダイヤル」と呼称されている希少モデルは先ほど紹介しましたが、そのほかにも7種類の文字盤(マークI~VII)が展開されていることはご存知でしたか?文字盤6時側に12時間積算計が配置されていますが、この「6」が逆さまになって「9」のように見えるタイプを「逆6」「逆さ6」等と呼びます。マークI~IVまでのインダイヤルに見られ、これだけで初期(1988年頃)~中期(1992年頃)の製造であると推測できます。また、6時側にプリントされた「SWISS MADE」の表記が「T」に挟まれているのは、インデックスの夜光塗料にトリチウムを使用している証で、初期モデルの特徴とされています。このように製造年の違いによるレアロレックスが存在していることもマニアにとっては見どころとなっています。

50代女性必見!高見えする、ファッションブランド腕時計の選び方

2022/01/07 00:00

デザインやクオリティなど、さまざまな種類がある腕時計。ラグジュアリーブランドはもちろん、みなさんが知っているようなファッションブランドも実は腕時計を展開しているんです。ファッションブランドの腕時計は値段がとても高価なイメージですが、意外と手の届く価格のものも多いんです!今回は50代女性必見!高見えするファッションブランドウォッチの選び方をご紹介いたします。この機会にぜひ、お気に入りのファッションウォッチを見つけてみましょう!

50代女性におすすめのファッションウォッチ

毎日身に着ける腕時計は、気軽に購入するには難しいアイテムですよね。雑貨屋さんなどで販売されている時計も気軽に使えていいですが、久しぶりの友達と集まるときや、冠婚葬祭用にちょっと良いものを持ちたいと考えたこともあるのではないでしょうか。そんな時におすすめなのが、ファッションウォッチ。上品で高級感のあるデザインなのに、ラグジュアリーウォッチと比べて比較的安価な価格で手に入れることができるんです。

50代の女性におすすめなデザイン

冠婚葬祭すべてに使いやすいデザインがおすすめです。50代になると、子供の卒業式や、結婚式など華やかなシーンはもちろんのこと、お葬式などの落ち着いたシーンに呼ばれる機会も増えてくるのではないでしょうか。そのため、様々なシーンで着けることを想定したデザインがおすすめです。ファッションウォッチというと、カジュアルで普段のファッションのポイント使いとして使うような派手なものもあるのですが、なるべくシンプルで品があるデザインを選ぶことをおすすめします。時計の文字盤は、ラウンド型もしくはスクエア型、文字盤は、白、黒、シルバーなどシンプルなもの、ベルトは、ステンレスベルトか革ベルトが良いでしょう。ラバーベルトはどうしても品があるように演出するのは難しいので避けたほうが無難です。

高見えする時計の賢い選び方

高見えする腕時計の選び方にはちょっとしたコツがあります。ポイントを抑えて、賢く腕時計を選んでみましょう。

ベルトの素材から選ぶ

高見えする腕時計を選びたいのであれば、ステンレスベルトなど金属製のベルトか、もしくは革ベルトをおすすめします。金属ベルトであれば、艶消し加工されているもの、革ベルトであれば、クロコなど型押しのものが特に高級感を演出できますよ♪ラバーベルトはカジュアルになりすぎてしまうので注意です。また、ベルト幅はあまりふと過ぎないものにしましょう。

文字盤のサイズから選ぶ

文字盤のサイズが大きければ大きいほど、カジュアルなイメージになってしまうので注意が必要です。なるべく文字盤が小さめで、シンプルなデザインのものが上品に見せることができます。文字盤のカラーもシェルやシンプルなカラーがおすすめです。

時計の厚みもチェック!

文字盤部分の厚みもしっかりチェックしましょう。高級感がある腕時計の共通点として、文字盤の薄さがあげられます。文字盤の厚みまで注目してみると、どこから見ても高級感があふれるおしゃれな時計を選ぶことが出来ますよ♪

ファッションウォッチとブランドウォッチの違い

ファッションウォッチとブランドウォッチの違い

ジュエリーウォッチと呼ばれる腕時計は、キラキラと輝く宝石が腕時計にあしらわれている時計のことで、アクセサリーやジュエリー感覚でつける方が多い時計です。パーティーや結婚式などの華やかなシーンで着ける方が多いです。一方、ファッションウォッチと呼ばれる腕時計は、有名ファッションブランドの腕時計です。カジュアルにファッションに合わせて着けられるような、普段使いにおすすめな腕時計です。さらに、ラグジュアリーウォッチと呼ばれる腕時計も存在します。ラグジュアリーウォッチとは、高級時計ブランドと言われるブランドの腕時計のことで、ロレックス、オメガ、パテックフィリップなど名だたるブランドの腕時計のことをさしています。

ジュエリーウォッチで有名なブランド

ジュエリーブランドの時計は、Cartier(カルティエ)、Chopard(ショパール)、BVLGARI(ブルガリ)などがあります。ハリーウィンストンやヴァンクリーフ&アーペルなど、ブランドの特徴を活かしたジュエリーの延長線上のような腕時計も人気です。セカンドウォッチとして購入される方におすすめです。腕時計にダイヤがついているものなど普段使いには少し華美なものが多いです。

ファッションウォッチで有名なブランド

ファッションウォッチはグッチやフェンディ、ディオールなどがあります。目を惹くようなかわいらしいデザインが多いため、ひとつひとつの時計のデザイン性がとても高いものが多いです♪

カジュアルに着けられる、コスパ最強ウォッチ3選

カジュアルに着けられる、コスパ最強ウォッチを集めてみました。高見えする付け方も一緒にご紹介いたします。

アップルウォッチは、ベルトで差をつける

カジュアルに着けられる、コスパ最強ウォッチ3選

カジュアルかつコスパ最強と言えば、パフォーマンスも高い、アップルウォッチ。アップルウォッチはスポーツシーンでも使えるようなデザインのため、すこしカジュアルすぎるとも思われがちですが、ベルトをカスタムすれば一気に高級感をGETできます。例えばエルメスのレザーベルトが売っているように、おしゃれなベルトと合わせて使えば、品がある時計に早変わり。さらに気分で簡単に変えられるのもいいところ◎通知や健康管理などアプリと連携できるのも◎

ミニマルなデザインが上品なスカーゲン

カジュアルな価格帯の時計でも定番なのが「スカーゲン」。北欧のブランドなだけあって、デザインはとてもシンプル。カラーもノームコアなものが多いため、年齢を気にせず使うことができます。シンプルなものって高級感を感じさせますよね。女性らしく品よく見える、文字盤が小さめのモデルもたくさん展開されているので、大人の女性におすすめですよ♪

SEIKOはやっぱり安心感がすごい!

ハイコストハイクオリティな時計を展開し続ける、日本屈指の腕時計ブランドSEIKO。セイコーの腕時計は日本国内のみならず、海外の方から「メイドインジャパン」の質の良さとシンプルさがとても人気なブランドです。長く愛用したいと考える方が購入することが多い、安心感と信頼感の高いブランドです。

高見えする、ファッションウォッチのおすすめブランド3選

よく雑誌などで目にする「高見え」という言葉。本来の価格よりも高価に見える、そんなものをさす言葉です。コストパフォーマンスを愛する女性には、高見えウォッチは必見アイテム!ハイブランドやファッションブランドから、高見えすること間違いなしのブランド5選をご紹介します。

エルメスの腕時計はお買い得

高見えする、ファッションウォッチのおすすめブランド3選

エルメスのバッグや、小物類はすべて高額なイメージがありますよね。バーキンをはじめ、ケリーやピコタンなど、何十万も超えるアイテムばかり。そんなエルメスの中でも特に手を出しやすい価格で展開されているのが、腕時計なんです。定価はもちろん少し高いですが、エルメスの腕時計は、新古品や中古品となると価格が下がる傾向にあるため、定価より安い価格で購入することが出来ます。そのため、中古で新品同様のものを探すのが賢いです。Hウォッチ、クリッパー、ケリーウォッチなど、定番で人気なモデルが、10万円前後で購入することができるんです。カジュアルブランドの時計でも10万円前後する時計が多いと考えたら、エルメスの時計がこの価格で手に入るのはお値打ちですよね♪

クリスチャンディオールの腕時計はとにかくおしゃれ

高見えする、ファッションウォッチのおすすめブランド3選

ここ最近、人気が再燃しているディオールの腕時計はやはりデザイン力が高いものばかり。若い女性から大人の女性まで、年代を超えて、さまざまなニーズにこたえる上品で個性的なデザインを展開しています。普段の格好がモノトーンであったり、シンプルなものを好む方におすすめです。ディオールの腕時計もエルメスと同様、新品で購入するよりも新古品を探すほうがおすすめです。

イブサンローランはシックで大人格好いい!

高見えする、ファッションウォッチのおすすめブランド3選

バッグや小物などで有名なモード界のトップに君臨するサンローラン。そんなサンローランの腕時計はとてもシンプルで格好いいデザインが特徴的。少しアンティーク感のあるデザインも魅力的で、プライベートはもちろんビジネスシーンでも使いやすい、シーンを選ばない腕時計です。ファッションブランドの腕時計というととても派手なイメージがありますが、サンローランの腕時計は、どんなファッションにも馴染むうえに、高級感をしっかりと感じさせるデザインですので、大人の女性が着けていても全く違和感がないためおすすめです。

おしゃれなだけは卒業!30代から始める自己投資。資産価値の高い一生ものの腕時計をご紹介♪

2022/01/06 00:00

皆さんは長く使える腕時計が欲しい!と思った時にどこのブランドの腕時計を選びますか?
大人になってから購入する腕時計となると、チープなものではなく、この先長く使えるものが欲しいと考える方も多いのではないでしょうか?実用的でおしゃれなだけではなく、年齢を問わず一生着けられる、そして資産価値もしっかり残る腕時計の賢い購入方法とブランドをご紹介いたします。

デザインは同じでも、実はこんなに違う?腕時計の秘密

デザインは同じでも、実はこんなに違う?腕時計の秘密

ファッションブランドやお洋服屋さんに並んでいる腕時計、オリジナリティあふれる腕時計もありますが、どこかで見たことのあるような、そんな気がしたことありませんか?多くの腕時計のデザインは、ラグジュアリーブランドやハイブランドの人気モデルをオマージュしたものが多いんです。デザイン性はもちろん高く、見た目も同じなら、価格も安いファッションブランドの腕時計を購入しようと考える方も多いですよね。いいものを安く買いたいというのは誰もが思うはずです。では、なぜ同じデザインなのにわざわざ高いモノを買う人がいるのでしょうか?

アフターサービスが違う

ファッションブランドの腕時計が壊れてしまった場合、腕時計の修理ができない場合があります。また、どこに修理を出したらいいのかわからないなんてことも。しかし、腕時計ブランドの腕時計であれば、ブランドに修理を出すことも、オーバーホールをしてもらうことも可能なため、腕時計をずっと使い続けることができます。

素材が違う

腕時計に使っているパーツの素材や、磨きのかけ方など、とても細かなところまで綿密にこだわりがつまっているのがラグジュアリーブランドの腕時計です。高価な腕時計は高価なだけあって、使っている素材が錆びにくかったり、傷がつきにくかったりなど、品質の良さが魅力的です。

資産価値が高いものも多い

ファッションブランドの腕時計は、手放すときに購入時の価格の何分の1しかならないことがほとんどですが、ラグジュアリーブランドの腕時計は、購入時よりも高く売ることができる資産価値の高い腕時計も存在しています。

30代女性が着けるなら、ジュエリーウォッチORファッションウォッチ?

30代女性が着けるなら、ジュエリーウォッチORファッションウォッチ?

社会人としても落ち着いてくる30代。そんな30代の女性が身に着ける腕時計なら、ジュエリーウォッチとファッションウォッチ、どちらがいいのでしょうか?

ジュエリーウォッチとファッションウォッチって何が違うの?

ジュエリーウォッチと呼ばれる腕時計は、キラキラと輝く宝石が腕時計にあしらわれている時計のことで、アクセサリーやジュエリー感覚でつける方が多い時計です。パーティーや結婚式などの華やかなシーンで着ける方が多いです。一方、ファッションウォッチと呼ばれる腕時計は、有名ファッションブランドの腕時計です。カジュアルにファッションに合わせて着けられるような、普段使いにおすすめな腕時計です。さらに、ラグジュアリーウォッチと呼ばれる腕時計も存在します。ラグジュアリーウォッチとは、高級時計ブランドと言われるブランドの腕時計のことで、ロレックス、オメガ、パテックフィリップなど名だたるブランドの腕時計のことをさしています。

ジュエリーブランドの魅力

ジュエリーブランドの時計は、Cartier(カルティエ)、Chopard(ショパール)、BVLGARI(ブルガリ)などがあります。ハリーウィンストンやヴァンクリーフ&アーペルなど、ブランドの特徴を活かしたジュエリーの延長線上のような腕時計も人気です。セカンドウォッチとして購入される方におすすめです。

ファッションブランドでおしゃれにきめる

ファッションブランドの時計はグッチやフェンディ、ディオールなどがあります。目を惹くようなかわいらしいデザインが多いため、ひとつひとつの時計のデザイン性がとても高いものがおおいです♪

購入時よりも高く売れる?腕時計は「身に着ける資産」

高級時計を購入される方は、リセールを気にされる方も。中古でアイテムを売却する際は、やはり使えば使うほど価値が下がっていくもの。劣化していくにつれて、買取価格は下がってしまいます。しかし、腕時計であればブランドによって、使っていても価値がぐんぐんと上がっていく資産価値の高いブランドもあるんです。エルメスのバーキンも資産価値が高いといわれていますが、腕時計ではどのようなブランドがあるのでしょうか?

ロレックス

購入時よりも高く売れる?腕時計は「身に着ける資産」

ロレックスは資産価値の高い時計として特に名高いブランドですね。ここ最近ではオイスターパーペチュアルのピンク色の価格が高騰しています。このモデルだけではなく、今現在ロレックス時計は定価より高く売却できる傾向にあります。正規店の店頭へ行っても生産が間に合ってないという理由などで、購入できないことが多いため、希少価値が上がり中古価格も高騰しているんです。生産を制限し、市場価値を守っているブランドのため、長期的に見ても資産として優秀なブランドです。ヨットマスターのスポーツモデルもおすすめです。

シャネル

購入時よりも高く売れる?腕時計は「身に着ける資産」

シャネルと言っても特に価値が上がるのは、アンティークシャネル。特にシャネルのアクセサリーや腕時計は購入時より価格が高くなっています。同じデザインが発売されることが少ないため、正規店で手に入れることが出来ないアイテムがどんどん価値が上がっているんです。また、シャネルはマトラッセをはじめ、定期的にリバイバルがくるので、そのたびに価格が高騰する傾向にあります。そのため今購入できるアイテムも将来的に価格が上がるなんてこともありますよ♪

オーデマピゲ

購入時よりも高く売れる?腕時計は「身に着ける資産」

オーデマピゲは購入してから価格が下がることもなく、安定しているブランドです。特にロイヤルオークというっモデルが購入時より高くなると言われています。そのほかにもミレネリーなど女性に人気なモデルなどもありますので、一度検討してみるのもおすすめ◎クオーツと機械式でも価格は変わってきますので、機構にも注目して選んでみましょう!

おしゃれに投資ができる賢い女性になろう!

30代になると、20代までと違い、余裕が少し生まれ、女性としての落ち着きのある魅力を求め始める年代。そんな年代に差し掛かったのであれば、普段購入しているアイテム+αの少し背伸びした高価な一生もののアイテムを購入してみてもいいのではないでしょうか?10年後、20年後に価値が上がるもの、そして将来自分の子供へ受け継げるような質も良いものを選んでみましょう。

保管方法でこんなに変わる。腕時計の寿命

保管方法でこんなに変わる。腕時計の寿命

どんなに高品質な腕時計でも、きちんと保管ができていないと、すぐに劣化したり、価値が下がってしまったり、寿命が短くなってしまったりしまうかもしれません。適切な時計の保管方法を知って、大切な腕時計をより長く使えるようにしましょう。

保管時は湿気に注意!

腕時計は水に弱いのはご存じでしょう。精密機械なので、どんなに防水の時計であっても、水分は大敵です。本体はもちろん、箱やその中の付属品なども同じく、水分に弱いとされています。日本の気候は、湿度が高いため、腕時計をそのまま保管するのは避けましょう!時計の内部が錆びてしまったり、破損の原因となるため、とにかく湿度の高い場所を避けることがとても重要です。そんな時におすすめなのが、時計ボックスです。時計ボックスにしっかり保存することだけでも、手軽に外気の湿度から守ることができ、時計の寿命が伸びます!

付属品はしっかり保管して

購入時のレシート、付属のタグ、小さなサッシやギャランティ、取り外したベルトのコマなど、細かいものもすべてしっかり保管しておきましょう。売却時に必要ですし、ベルトのサイズを再び調整したり、メンテナンスに出すときにも必要になります。捨ててしまわないように気を付けましょう。

メンテナンスはこまめに行おう

クオーツ時計や機械式時計など、時計の機構によってメンテナンス方法も変わってきます。クオーツ時計の電池が切れてしまった場合、今すぐ使わないとしてもすぐに電池交換するのが鉄則です。電池の液が漏れてしまったりすると、内部の機構が壊れてしまったり破損の原因になってしまいます。また機械式の腕時計であれば、定期的にオーバーホールを行い、破損箇所がないか、しっかりとゼンマイが動いているかなど、すぐに異常に気が着けるようメンテナンスが必要です。メンテナンスをするときは、同じ場所に出すことをおすすめします。これまでのメンテナンスや修理の履歴をしっかり記録してくれるショップが良いでしょう。専門のスタッフが正しく修理を行ってくれるのか、見極めることが、長く腕時計を使うことで大切なポイントです。

大人気のカルティエタンクなど!憧れの腕時計、おすすめモデルをご紹介♪

2022/01/05 00:00

『カルティエ』はフランス発の高級宝飾品、高級腕時計を中心に販売しているブランドです。王侯貴族向けの宝飾品制作していたことから「王の宝石商」と呼ばれていた華々しい歴史があります。1890年頃から当時有力だった時計メーカーから時計の部品を買い取り、腕時計の製作開始しました。今では、アクセサリーのみならず、腕時計でも多くの人々を魅了しつづけるブランドとなりました。今回はそんなカルティエから男女別に人気な腕時計をご紹介致します。

カルティエってどんなブランド?

カルティエってどんなブランド?

Cartier(カルティエ)は、1847年ルイ=フランソワ・カルティエがフランスで創業した高級宝飾品ブランド。代表作にトリニティ・リングなどのジュエリーだけでなく、1904年から腕時計製造を開始し現在に至るまでにサントス、タンクなどの人気モデルを排出してきました。女性からすればアクセサリーの印象が深く、男性からは腕時計を強く支持されているブランドではないでしょうか。その証に、今では世界五大ジュエラー(世界を代表する宝飾品ブランド)の一つとしても認知されるほど、国籍問わず多くの人に愛されているブランドなんです。

カルティエの腕時計が人気な理由

高級宝飾品も扱っているカルティエの腕時計は、華やかでゴージャスでジュエリーのようなイメージを持つかもしれませんが、実際は非常にシンプルで時代や場所を問わずに身に着けられる腕時計が多く、それでいて他のブランドと一線を画すような独創的なデザインです。 さらに、シンプルながらさりげないエレガントさと美しいデザインは長い歴史を通して多くの人に愛されてきた理由の一つだといえるでしょう。

どんな人におすすめ?

シンプルかつ高品質なデザインの高級腕時計の名に恥じぬ価格ですので、やはりお値段は高額になってきます。しかし、年齢やシーンを問わず使えるシンプルなデザインですので、一生物の時計として購入される方が多い時計ブランドです。おしゃれ上級者の方はもちろん、長く使える腕時計をお探しの方におすすめです。ピアスやネックレス、リングなどのジュエリーも有名なカルティエの腕時計は女性人気が高いのが特徴ですが、男性用腕時計の人気で、ステータス、知名度ともに高いブランドなので、社会的地位の高い男性にもおすすめです!!

男性におすすめなカルティエの腕時計3選

カルティエの腕時計シリーズはどれも洗練されシンプルながらも、ユニセックスなデザインが多く見受けられます。 今回はその中から特に男性におすすめの腕時計を3つ程ピックアップしてみました。

戦車からインスパイア?男心をくすぐる「タンク」

男性におすすめなカルティエの腕時計3選

第一次世界大戦中に作られた制作開始された「タンク」は、戦車からインスパイアをうけて誕生したデザインであるというのは、とても有名な話ですね。名前の由来にもなっているので、無骨で飾り気のないデザインかと思いきや戦車をモチーフにしたという大胆さはそのままに、操縦桿に見立てた当時だけでなく今でも斬新さを感じる縦に二本平行して伸びたケースデザインがさりげないオシャレさも演出しています。さらにモチーフにしたという戦車の名に恥じぬ耐久性も魅力的です。タンクシリーズは現在も多くのモデルが存在していますが、今回特にその中でも男性人気が高いタンクMC(マニファクチュアリー・カルティエの略)を推したいと思います!2013年に発売されたこのモデルは従来のタンクと同じようにクラシカルな側面も持ちつつも、現代風にアレンジされ、新規層にも受け入れやすいデザインとなっています。さらにデザインだけでなく、自社開発のムーブメントを使用していることで、カルティエの確かな技術力の高さがうかがえるのも安心ですね!

個性派スポーツウォッチなら「パシャ」

1985年に始まったシリーズですが、当時のカルティエが制作していたのは男性用腕時計はフォーマルな場で推奨されていたドレスウォッチが主流でした。しかしその中でも珍しいスポーツウォッチとしてデビューしたのがパシャです。「プールで泳いでもOK」という注文のもと作られたシリーズのため、軍用腕時計にみられるリュウズプロテクターを採用し、防水性を高めているだけでなく、パシャの一部モデルにはこちらも軍用腕時計でみられるガラス面を保護するグリッドがついているタイプもあります。2020年に新作モデルも発売され、新旧問わず愛されているシリーズです。

飛行家の注文から誕生した「サントス」

ヨーロッパ発の飛行機を制作したという偉業を成し遂げた発明家でありながら、自身も飛行家であったアルベルト・サントス=デュモンの注文で誕生したのがサントスシリーズの腕時計です。飛行中の時間を確認したいという彼の願いをカルティエは見事に昇華しただけでなく、1904年から現代までデザインチェンジは行われましたが、サントスが求めたシンプルかつ実用的なデザイン性はいつの時代も失われません。

女性におすすめなカルティエの腕時計3選

確かな存在感を放つ「タンク フランセーズ」

女性におすすめなカルティエの腕時計3選

ブレスレットの中央に配置されたケースが確かな存在感を放つタンクフランセーズ(フランス版タンク)。1997年に発売されたこのモデルは今までのタンクシリーズを踏襲しつつも、戦車のタイヤ部分(キャタピラー)を模したブレスレットや縦長だった文字盤が実は正方形にチェンジされている点などはタンクの中でもひときわ目立ちます!今までどちらかと言えば派手さよりも、シンプルが多かったタンクの中でもこのモデルは様々な技巧が施されています。腕にあわせるようにカーブを描いたケース、ブルーの人工石(スピネリ)がリユーズのカボション部分にさりげなく配置されたそのデザインはまさに戦車から発射される砲弾のようです。さらにどんな場面でも合わせやすいデザイン性の高さや、タンクシリーズの中でも高すぎず、安すぎない価格帯も女性人気が高い理由です。

ジュエリーウォッチの代表作「パンテール ドゥ カルティエ」

女性におすすめなカルティエの腕時計3選

宝飾品の手がけるカルティエだからこそ表現できた最高品質のジュエリーウォッチです。1983年に誕生したこのモデルは、ちょうど好景気にわいた1980年代を彩るマストアイテムでした。華やかで、パンテール(フランス語でヒョウ)をイメージしたバンドのデザインは野性的でしなやかさを秘めています。多くのアートシーンを飾ってきたパンテール ドゥ カルティエは当時も今の女性達を魅了し続けている魅惑のモデルです。

愛らしいデザイン「バロンブルー ドゥ カルティエ」

女性におすすめなカルティエの腕時計3選

バロンはフランス語で風船を意味し、まるで青い風船のように丸みをおびたケースが特徴的にモデルです。ラウンド型(丸い文字盤)やローマ数字の組み合わせは腕時計でもよく見られますが、このモデルの場合はどこかキュートかつ高級さが滲んでいるので決して安見えすることはありません!さらに男女カップルで購入できるように、展開されているので女性用と男性用のサイズ展開が豊富なのも魅力的です!SM~XLまであるのでパートナーと愛用することもおすすめです!

大切な時計を長く使うためのお手入れ方法

女性におすすめなカルティエの腕時計3選

アナタと一緒に人生を刻んでいく大切なブランド腕時計。だからこそ、一生ものとして大切にしたいと思うことは当然です。今回は腕時計ごとに分けてお手入れ方法をご紹介させていただきます!

チタンやステンレスなどの金属素材のお手入れ方法

バンド部分が金属素材のタイプですと、日常の中で皮脂汚れが蓄積するだけでなく、臭いや最悪の場合は肌かぶれする恐れもあります。金属素材なのでマイクロファイバーなどの静電気を抑えてくれるだけでなく傷つけないように柔らかい素材でふき取りましょう。細かい目はやわらかいブラシなどがおすすめですよ。またメタル素材のブレスレット用洗浄スプレーなどを利用するのもアリです。金属なので濡れたままでなければ水洗いも可能なのがいいですね。ただし注意点としては腕時計により耐水性はバラバラですので、水洗いもしくは超音波洗浄機などのご利用を検討される方はご自分の腕時計の耐水性などをお調べになってからのお手入れを推奨いたします。

レザー(革)バンドの場合

革というのは使えば使うほど腕時計バンドだけでなく、財布やバッグでもだんだんとその人の色に馴染んでくるのがとても素敵ですよね!ただし、天然の素材ですので長く扱うためには汚れを放置するのは厳禁です!特にバンドをまく部分は意外と日常使いのうちに汗をかいたり、汚れにさらされる危険性も高いです。せっかく肌に馴染んできたバンド部分が変色やひび割れなどに見舞われないためにも、毎日少しのお手入れを心掛けましょう!柔らかい素材の布でふき取る、これだけでも立派なお手入れです。しかし強くこすりすぎに気を付けて下さいね!非常にデリケートな素材です。さらにどうしても汚れが目につく場合は適度に濡らした布で汚れを押し当ててなるべくこすらないようにお手入れして下さい。これは毎日でなくても週に多くて2回程度で十分です。

定期的にメンテナンスをしよう!

ALLUでご購入いただいた腕時計は保証期間経過後、時計修理工房なんぼやにて修理料金30%オフでご提供しています。かかりつけ時計医というキャッチフレーズを精神に、時計の分解清掃(オーバーホール)や電池の交換、外装修理、研磨など幅広く対応させていただきます!納期や費用についても不安を感じるかもしれませんが、ご安心ください。分かりやすく明確な料金体系だけでなく、肝心の料金も他社の追随を許さぬリーズナブルな価格でご提供させて頂いております。長く身に着ける物だからこそ、大事にしたいという思いはお客様と同じです。遠隔地で来店が厳しい方は公式サイトから宅配修理をお申し付けください。永遠の時を一緒に刻んでいくお手伝いをさせてください!

4