11

ドイツが誇る世界屈指の時計メゾン「A.ランゲ&ゾーネ」!壮絶な歴史と定番モデルをご紹介

2021/06/30 00:00

時計愛好家たちから、唯一パテックフィリップに追随すると言われているA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)。世界5大時計ブランドの一つでもある老舗腕時計メーカーです。これほどまでに高く評価される当ブランドの歴史と魅力、おすすめのモデルをご紹介いたします。

壮絶なA.ランゲ&ゾーネの歴史

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の歴史

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)は1830年にドイツで、アドルフ・ランゲによって創立されました。当ブランドは彼がドイツで著名な時計師ヨハン・フリードリヒ・グートケスのもとで時計づくりを学んだことが始まりです。

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)のバイブル「旅の手帳」

1837年アドルフは、さらなる時計作りへの知識と技術を求め、修行の旅に出ることになりました。彼がたどり着いたのは、フランスパリで最高峰と謳われる、ルイブレゲの弟子であった、ヨゼフ・タデウス・ヴィンネルの工房。彼はヨゼフの工房に入門し、天文学や物理学を学びながら工房の主任へと上り詰めました。
その後も、アドルフの探求心は留まることもなく、イギリスやスイスで最先端の技術を学び、1941年ドイツへ帰国しました。アドルフが3年間の修行で得た技術やアイディアは「旅の手帳」に記されていたと言われています。そして今も尚、「旅の手帳」はA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)のバイブルとして、時計制作に生かされているのです。現在でも腕時計の内部に使用されているムーブメント「3/4プレート」をこの時点で開発していたとも言われています。

ブランドの歴史が途絶えたことも

1863年には、ハートカムを備えたクロノグラフ海中時計を手掛けるなど腕時計の製造技術において時計の先進国であったスイスに負けない実力がありました。その5年後、息子のリヒャルト・ランゲを共同経営者に迎え、時計技師としての育成に励みました。この時から工房の名称を「A.ランゲ&ゾーネ(アドルフ・ランゲと息子たち)」へと改名しました。アドルフの死後も、彼の意思通り息子や孫たちへ技術が受け継がれていきました。しかし、第二次世界大戦やナチス政権での厳しい環境下で経営が傾き、終戦前夜には空襲により本社が破壊され、さらに、東ドイツ区内にあった工房は国営化されてしまうなど、A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の歴史は一度幕を閉じました。

驚異の速さで世界5大ブランドに

世界の状況に惑わされたA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)ですが、再復興から20年足らずで世界5大ブランドにまで上り詰めることになります。4代目経営者、アドルフのひ孫にあたるウォルター・ランゲは、西ドイツへと逃れていました。彼は、ベルリンの壁崩壊で東西統一が果たされると、ようやく故郷へ戻ることが許されました。そして、ウォルター・ランゲは66歳にしてブランドの再興を試みます。満を持して発表された新生A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)のコレクションが、今でもメインモデルとして君臨し続ける「ランゲ1」、「サクソニア」、「トゥールビヨン」、「プール・ル・メリット」、「アーケード」でした。独創的かつ伝統を感じる技術で彩られた文字盤で、人々に強烈な印象を与える最高の復活劇となりました。2001年には、空襲で破壊されてしまった本社の工房が復帰、その14年後には隣接する場所に最新技術を備えた新工場も設立しました。一度途絶えたブランドであったにも関わらず、20年足らずで世界5大ブランドに数えられるほどのメーカーへと成長したA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の、圧倒的なき技術力の高さとデザイン性の高さがうかがえます

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の特徴

これまでA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の歴史についてご紹介してきましたが、A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の腕時計には、ランゲ一族の不屈の精神と真摯な姿勢が反映されていることがわかるでしょう。そんなA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の特徴を3つお話いたします。

一貫したマニュファクチュール体制

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)は、1994年の復興コレクションから現在のコレクションに至るまで、一貫してザクセン州とドレスデンに根差したマニュファクチュール体制をとっています。1864年に開発した「3/4プレート」や、4つのネジで姿勢差を調整できる「チラネジテンプ」を開発し、2003年には自社製のひげゼンマイの製造に着手しました。時計のパーツの中でも特に繊細で製造が極めて難しいとされる、超精密なひげゼンマイを自社製造できる数少ない時計メゾンです。

美しいエングレービング

「エングレービング」とは、銅版に線を掘る技法のこと。A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)はこの技法を文字盤だけではなくムーブメントなどの部品にも施しており、細部にまでブランドのこだわりを感じさせられます。

モデルごとのムーブメント

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の独自性を決定づけるポイントのひとつとして、モデルに対してそれぞれのムーブメントを自社製造しており、新作ムーブメントを搭載してこそ、新作モデルだという思想が根付いているのです。一般的な時計メゾンは他社製のエボーシュをカスタマイズしたムーブメントを制作したり、マニュファクチュールであっても自社製ムーブメントをベースに改良したりすることが多い中、モデルに合わせて毎回ゼロからムーブメントを設計しているほどのこだわりっぷり。さらに、部品は真鍮ではなく洋銀を使用しており、すべてのムーブメントを一度完璧なポジションへと仮組みしてから解体、徹底洗浄し、マイスターが一人で本組みを行うという二段階組み立てで作り上げています。

ビジネスシーンには使える?こんな人におすすめ!

ビジネスシーンには使える?こんな人におすすめ!

世界5大時計にも数えられるA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)。一般の人では持つことが出来ない超ハイクラスな時計です。ロレックスでも同じくらいの価格のものが存在しますが、より、一目置かれるブランドでしょう。

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の腕時計はこんな人におすすめ!

持っているだけで何の仕事をしているのだろうと、一目置かれるような当ブランドはどのような人におすすめなのでしょうか?
独自のデザイン性とアドルフの「旅の手帳」に記されたブランドバイブルをもとに考案されたデザインはすべて魅力的。その全てが完全オリジナル、かつハイクオリティです。100年以上も前の雰囲気を取り入れつつも現代風にアレンジされたスタイルは、スーツなど紳士的なファッションによく似合います。普段使いはもちろんですが、コレクションやとっておきの一本として時計をお探しの方におすすめです。

ビジネスシーンでは華美すぎる?

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の腕時計はスーツスタイルに似合うとされていますが、なかなかビジネスシーン向きではありません。どんな場面でも、上品でラグジュアリーな存在感を放ってくれることは間違いありませんが、オーラが出すぎてしまうので営業職の方は避けた方がいいかもしれません。

定番やおすすめモデルをご紹介

高級感が際立つ「サクソニア」

ランゲ1と共に1994年リリースされた「サクソニア」はクラシックな名機であり、A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の定番ともいえる人気モデルです。バーインデックスでシンプルなデザインのサクソニアの中でも、スモールセコンドを配したサクソニア・フラッハは厚さ5.9mmの極薄ボディで高級感がより際立っているドレスウォッチです。A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の中でも最もミニマルなモデルといっても過言ではないでしょう。

タイムブリッジが特殊な「ツァイトベルク」

おすすめモデルをご紹介

ランゲ・ツァイトヴェルクは、デジタル式時刻表示を搭載する初めての機械式腕時計です。時と分が瞬時に切り替わる数字によって表示され、常に明瞭に読み取ることができます。この時計のデザインで特殊なのがタイムブリッジと言われるもの。ムーブメントの一部でもあり、ダイヤルに組み込まれているこの部品は、すべての時刻表示をひとつにまとめる役割も果たしている重要な役割を担っています。

黄金比に基いた美しいデザイン「ランゲ1」

おすすめモデルをご紹介

「ランゲ1」のダイヤルは、オフセンターに配置された二つのインダイアルとパワーリザーブ・インジケーター、アウトサイズデイトで構成されており、視認性が高く合理的な造りをしています。シンプルなデザインでありながら機能性も高く、リュウズ操作で秒針を止められるストップセコンドも搭載されています。またクラシカルな雰囲気たっぷりな「ランゲ1」を現代風に一回り大きくした「グランド・ランゲ1」というモデルも存在します。ランゲ1シリーズはそのどれもが黄金比に基いた美しいデザインで、様々なブランドからオマージュされているモデルです。

ステンレス製のラグジュアリースポーツウォッチ「オデュッセウス」

おすすめモデルをご紹介

2019年に発表された「オデュッセウス」は、A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)初となるステンレススティール製のラグジュアリースポーティーウォッチ。これまで、ブレスレットの製造経験がなかったA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)でしたが、5連のブレスレットはコマの動きがなめらかで、さらには完全に分解することも可能な構造になっており、仕上がりは秀逸なものでした。スポーツシーンでの着用も想定して作られた新設計の耐震機能付きテンプを採用し、120m防水という高い防水性も実現しているモデルです。ケースは丁寧に磨き上げられ、ダイヤルとインダイヤルの周りには、ラグジュアリーウォッチによく見られる、同心円状のアジュラージュ模様が描かれています。

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の中古市場での価値は?

A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)のアンティークは存在するのですが、現在のA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)とは異なる雰囲気のものが多いです。1902年に製造されたグランド・コンプリケーションNo.42500というモデルは、A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の中でも有名なアンティークモデルですが、チャイミング機構、ラトラパンテ・クロノグラフ、そして、1秒で針が1回転する仕様のフドロワイヤント、ムーンフェイズ、永久カレンダーなど、夢のような機構がふんだんに搭載され、A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)史上最も複雑なムーブメントだとも言われています。このような複雑な造りのものが、100年以上も前に作られていたというのは驚きですよね。

中古市場での価値は?

ロレックスやパテックフィリップのように、購入後飛びぬけて価値が上がるような腕時計ではありません。しかし、唯一無二の技術力を持つA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)は、いつの時代も需要があり、資産としても優秀な存在ではあります。中古市場では、定価より高値がついているモデルもあれば、少し落ちてしまっているモデルも存在しており、その中でもダトグラフは中古相場が大幅に変化しているモデルのひとつです。

スーパーコピーにも気を付けて

おすすめモデルをご紹介

高級時計であればあるほど、模倣品は出回っています。A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)の名前を刻印したスーパーコピーはもちろん、全く別の名前を記した、模倣品もあるので、相場よりも格段に安かったり、入手先が不明確な中古品には注意が必要です。
偽物を購入してしまわないためにも、なるべく正規店や鑑定機関のある中古店で購入するようにしましょう。

信頼のおける販売店を見抜く方法

安かったら信頼がなく、高ければ安心と思いがちですが、それは間違い。中古市場となると、販売価格は状態や希少性によってぴんきりなので価格で選ぶのは避けましょう。

・入手先が不明
・偽物と断言できない怪しいものまで買い取る
・商品の欠陥点を教えてくれない

上記のように、本物か曖昧な商品を買取しているショップでは、意図せず偽物の商品が並んでいる可能性もあるので注意が必要です。このように、偽物の商品を買ってしまうことを避けるには、商品知識が豊富な方が買取りを行っている店舗で購入することが一番おすすめです。
ALLUで並んでいる商品はすべて、グループ会社である「なんぼや」が買取を行っています。「なんぼや」には、経験と知識が豊富なコンシェルジュが在籍しており、彼らが責任を持って買取を行っております。高級腕時計の取り扱いも多数ございますので、ぜひショップを覗いてみてくださいね♪

持つ人に自信と情熱を与えるハイクラスな腕時計

創立当初から時計への強い探求心のもと、技術を磨き上げてきたA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)。ハイクオリティなのはもちろんのこと、デザイン面でも抜きん出るものはなかなかいないブランドです。そんなA.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)を語るうえで切っても切れないのが、壮絶な歴史。ドイツという激戦区の中で過去の対戦や政治の影響を受けながらも、絶えしのぎ世界のトップブランドとまでなった当ブランドの、時計への情熱が詰まった作品の数々は、時計愛好家たちをうならせるものばかり。持つ人に自信と情熱を与えるハイクラスな腕時計をあなたも探してみませんか?

時計業界最古を誇る、ヴァシュロンコンスタンタンの歴史

2021/06/29 00:00

創業260年以上という長い歴史を持つ時計ブランドVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)。時計史を語るうえで欠かせないクオーツショックや、数々の大戦の影響を受けながらも、絶えることなく時計を製造し続けてきた当ブランドにしか出せない高貴な雰囲気が感じられます。今回は、パテックフィリップ、オーデマピゲと共に、世界三大高級時計メーカーの一つとされているVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の歴史とオーバーシーズなどの人気モデルをご紹介いたします。

時計業界世界最古を誇る、VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の歴史

時計業界世界最古を誇る、VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の歴史

創業260年という途方もなく長い歴史を持つ時計ブランド、VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)。1755年9月17日、時計産業に盛り上がりを見せていたスイスのジュネーブにて開かれた小さな時計工房が始まりです。当時24歳だった時計職人のジャン=マルク・ヴァシュロン氏がこの年に制作した懐中時計は、アラベスク装飾を施した美しいムーブメントが搭載され芸術的であったと言われています。美的感覚に優れた芸術的なVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の時計づくりは、260年前のこの時から根付いているのです。

ヴァシュロン氏の技術と意志は、息子のアブラアム氏、さらに孫のジャック・バルテルミー氏へ脈々と受け継がれていきました。繊細かつ大胆なアイデアを持ち、ミニッツリピーターなどの複雑時計制作の才に長けたバルテルミー氏は、現在のVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の礎を築いたとも言われる人物でした。彼は、スイスからフランスへと順調に販路を開拓し、さらにイタリアへと進出したとき、優れた営業マンのフランソワ・コンスタンタン氏と出会います。その手腕に魅了されたバルテルミー氏は、即座にコンスタンタン氏を共同経営者へと迎え、二人の名から「ヴァシュロン&コンスタンタン」が誕生しました。コンスタンタン氏は、フランスやイタリア、アメリカ、メキシコ、キューバからアジアに至るまで世界各国を行商し、類まれなるビジネスセンスで瞬く間にVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)を国際的なブランドへと成長させました

メゾンの伝統を受け継ぐ、ブランドシンボル

メゾンの伝統を受け継ぐ、ブランドシンボル

”マルタクロス”とも呼ばれるVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の十字型ロゴは、1880年に商標登録されました。キリスト教の騎士修道会、聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)が掲げたとされるマークで、4つの扇形紋章を結合させた8つの角が特徴。VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)は、香箱のカバーにつけられていた部品のデザインが似ていたことからマルタ十字のロゴを採用されました。ブランドの誇りを体現するシンボルマークとして、文字盤やリューズ、ラグなどに用いています。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)はこんな人におすすめです

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)はこんな人におすすめです

世界三大時計の一つとして挙げられている「VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)」。そのため、初めて時計を買うという方というよりは、ロレックスやカルティエなどある程度の種類の時計をしてきた方が行きつくブランドだと思います。最高峰と言われるパテックフィリップやオーデマピゲのロイヤルオークの人気が非常に高いですが、上記2ブランドを検討している方などに、おすすめすることが多いです。1755年創業以来、最古の歴史を誇る伝統や、他の方と時計が被りたくない、玄人感を出したい方などに好まれる時計ブランドです。

定番から人気モデルまで一挙にご紹介!

シーンによって使い分けたい「オーバーシーズ」

定番から人気モデルまで一挙にご紹介!

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)のスポーツモデルであるオーバーシーズ
1996年に誕生した比較的新しいモデルです。このモデルの特徴は、ブランドロゴでもある「マルタ十字」をアレンジしたベゼルやブレスレットが魅力的です。また、薄型のケースのため控えめな印象で上品なモデルです。
当ブランドは様々なモデル展開を行っていますが、その中でもやはり人気があるのは、シンプルで使いやすい3針、デイト機能のものです。もうひとつの人気要素として、アリゲーターストラップとラバーストラップが付属しており、工具を一切必要とせずワンタッチで交換することが可能な優れものです。シーンや用途に合わせてブレスレットを容易に変更できるのも人気の理由の1つとなっています。

デザインが美しい「パトリモニー」

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)が誇るドレスウォッチ「パトリモニー」。パトリモニーは250年以上もの歴史を誇るヴァシュロンの伝統を強く受け継いだ正統派コレクションです。クラシカルでシンプルな見た目から、パトリモニーは古くから存在する伝統的コレクションのように見えますが、初登場は2004年のことで、割と最近のモデルになります。見た目はクラシカルだけど、中身や細部は最先端というギャップが魅力の一つ。よくカラトラバと比較されるモデルでシンプルでデザインの美しさに定評があります。

・ケースサイズの違い
カラトラバは大きくてもケース径38mm。35mm以下のモデルも多いです。対してパトリモニーは40mm前後のモデルが多く、ドレスウォッチとしては大きめのサイズです。腕が太い方や大きいサイズの時計をお探しの方ならパトリモニー。控えめなサイズのドレスウォッチが欲しいならカラトラバを選ぶのがベストです。

・シンボルの有無
パトリモニーの文字盤にあって、カラトラバの文字盤には無いもの。それはVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の象徴であるマルタ十字です。キリスト教の騎士修道会である「マルタ騎士団(聖ヨハネ騎士団)」が掲げていたマークがモチーフとなって生まれたマルタ十字。基本的に時針・分針の上にマルタ十字は配されますが、ラグやリューズなどにも用いられています

最新機能が詰まったクラシカルな「フィフティーシックス」

定番から人気モデルまで一挙にご紹介!

2018年に誕生したフィフティーシックス。デザイン的にはパトリモニーとオーヴァーシーズの中間的に位置し、これまでのVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)にはない「お洒落」な印象が特徴です。
フィフティーシックスのデザインは古典的なデザインと革新性を兼ね備えた調和の取れたデザインで、1956年に発表された人気モデル「Ref.6073」がモチーフになっています。この1956年に発表されたモデルのオマージュということから「フィフティーシックス」というネーミングがついたと言われています。最新の機能を搭載しながらもクラシカルなモデルは、つける人を選ばず、気品を添えてくれます。

大人気な復刻モデル「ヒストリーク」

ヒストリークはブランド創設の1755年からの伝統的な時計作りに敬意を表したコレクションです。ヒストリークの中で特に目立つのは「ヒストリーク アメリカン1921」というモデルで、文字盤が傾いた独創的なこのモデルは、1921年にアメリカ人コレクターに為にオーダー品として作られたモデルの復刻版です。傾けられた文字盤は、車の運転時に視認しやすくするためで、使う人を思いやった工夫が施されています。ヒストリークアメリカン1921は、ヒストリークの中でも特に人気が高く、多くの時計ファンに愛されています。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)のアンティークモデル?気になる資産価値と中古相場

定番から人気モデルまで一挙にご紹介!

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)のように、名の知られているブランドの時計は偽物が出回っていることがほとんど。1番は正規店での購入ですが、やはりお得な中古での購入をご検討される方が多いのも事実です。中古での購入の際は、保証が付き、鑑定機関のあるお店での購入がおすすめです。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の時計は、買取店でも高い買取価格が付く腕時計ですが、当ブランドと共に世界三大時計として名を連ねているパテックフィリップ、オーデマピゲなどに比べると比較的購入はしやすいです。資産価値としては、値下がりしにくい点では良いとされますが、需要と供給のバランスが崩れ、中古市場でも大きく定価を上回っているROLEX(ロレックス)や上記2つのブランドに比べると、中古市場での販売価格の上がり幅は低いのが現状です。人気のオーバーシーズで定価の30~50万くらい上回る金額となっています。その他のモデルは定価を下回っているものもあるので、資産として増やしていきたいという方には、あまりおすすめではありません。

グランメゾンならではのサービスも

定番から人気モデルまで一挙にご紹介!

タグホイヤー、セイコーなどでは生産が終了したモデルの部品所有期間というのがあり、それを過ぎるとパーツがなくなり次第修理(オーバーホール)が出来なくなってしまいます。ですが、VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)では、永久保証があり、腕時計の生産を継続していて会社が存続する限りは永久にメンテナンス、部品交換を保証してくれます。つまり気に入って購入し、愛着のある大切な腕時計を一生ものとして使い続けることができるんです。さらに、時計は子や孫へ引き継ぐ方も多いアイテムですが、このような永遠保証があるVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の時計であれば、世代を超えて使い続けることができるでしょう。

天才時計技師が生んだ世界5大ブランド「BREGUET(ブレゲ)」の歴史と名作モデルたち

2021/06/29 00:00

世界の時計メゾンの中でも格別な存在感を放つBREGUET(ブレゲ)。これまでの時計史を語るうえで欠かせない存在です。現在の時計機構の礎ともなる最先端の技術を次々と開発した天才時計史、ルイBREGUET(ブレゲ)が生み出した時計メゾン「BREGUET(ブレゲ)」の歴史や人気の定番モデル、資産価値についてご紹介したいと思います。

時計史を語るのに欠かせないBREGUET(ブレゲ)の歴史

時計史を語るのに欠かせないBREGUET(ブレゲ)の歴史

BREGUET(ブレゲ)は、天才時計師であり発明家のスイス人、ルイブレゲが1775年に創業した時計メゾンです。創業245年を超える老舗高級時計メゾンですが、創業約100年で創業家の手を離れスウォッチグループの傘下に入りました。

世界三大複雑機構の開発に成功

世界三大複雑機構の開発に成功

腕時計界では、世界三大複雑機構と称される、長期間にわたってカレンダーの調整が不要なパーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)、鐘の音で時刻を知らせるミニッツリピーター、そして姿勢差による重力の影響を均一化するトゥールビヨンなどの機構があります。BREGUET(ブレゲ)の創設者である、天才時計技師、ルイブレゲは、1780年にプラチナ製の分銅(重り)を搭載した自動巻き懐中時計「ペルペチュエル」、そして1790年には現代のインカブロックをはじめとする耐衝撃吸収機構の元祖といえる「パラシュート」機構、さらには、世界三大複雑機構である、パーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)トゥールビヨンの開発にも成功しました。

時計の歴史を200年も早めたブランド

1810年になると、ナポリ王妃カロリーヌ・ミュラのために史上初の腕時計とされる「BREGUET(ブレゲ)・No.2639」を開発しました。それまでは、手持ちの懐中時計が主流でしたが、ルイ・ブレゲの数々の発明は、時計の歴史を200年早めたと称されており、この時点で現代の腕時計に搭載される機構の約70%の改良に成功していました。彼の功績は時計史に名を刻むほど、偉大なものでした。

ヨーロッパの上流階級者が愛用し世界的なブランドに

ルイブレゲが作る時計は、ヨーロッパのあらゆる宮廷で賞賛を浴び、フランス王妃マリー・アントワネットをはじめとする王侯貴族のほか、科学者・軍人・金融家・外交官などのエリート層にも愛用されていました。BREGUET(ブレゲ)の腕時計はたちまち、上流階級者に広まり、世界からも注目を浴びるメゾンへと発展しました。

BREGUET(ブレゲ)をおすすめしたいのはこんな人

BREGUET(ブレゲ)をおすすめしたいのはこんな人

BREGUET(ブレゲ)の歴史をひも解くと、輝かしいストーリーがふんだんと詰まっています。時計愛好家だけでなく、一度でも時計に心惹かれた人は、様々なブランドの成り立ちや歴史を学ぶと思いますが、その過程でBREGUET(ブレゲ)に出会わずして進む道は無いといっても過言ではないほど、時計業界の基盤となるブランドなのです。そんなBREGUET(ブレゲ)が似合う男性はどのような人なのでしょうか?

BREGUET(ブレゲ)の腕時計は、時計好きの憧れがぎゅっと詰まった腕時計で、初めて高級腕時計を購入するという方には、あまりおすすめしないブランドです。どちらかというと、ロレックス、オメガ、タグホイヤーなどと、多くの高級腕時計を所有し、次に何を買うのか悩まれている方にぜひおすすめしたいブランドです。BREGUET(ブレゲ)に惹かれる方は、時計が放つ美しいデザインよりも、ブランドの歴史やBREGUET(ブレゲ)の築いた功績にロマンを感じている方が多いのです。そのため、真の時計好きの方たちにおすすめしたいブランドです。

ビジネスシーンでもさりげなく使える

ラグジュアリーな雰囲気が抑えきれない、BREGUET(ブレゲ)の腕時計ですが、職種によってはビジネスシーンでも使用することが出来ます。シンプルでクラシックなデザインのモデルを選ぶことで、スーツスタイルでも違和感なくお使いいただけます。

BREGUET(ブレゲ)の定番おすすめモデルをご紹介

新たな時代を切り開いたBREGUET(ブレゲ)の「クラシック」

上品なフォルムと機能性の高さを兼ね備えたクラシックシリーズは、懐中時計として製造されていたオリジナルデザインを再現したコレクションです。
クラシックシリーズの魅力は、何と言ってもその極限までに磨き上げられた、シンプルな美しさでしょう。無駄な機能やデザインを排除し、ミニマルなデザインを施すことで、BREGUET(ブレゲ)が培ってきた、デザイン性と時計構造の美しさが一段と際立つモデルです。スーツの袖口から見える美しい姿は「新たな時代を切り開く創造性」を感じさせてくれます。

海軍のためのパイロットウォッチ「アエロナバル」

BREGUET(ブレゲ)の定番おすすめモデルをご紹介

アエロナバルは1950年代に海軍航空部隊のパイロットの為に開発されました。当時は、フライバック機能が付いたレマニア製クロノグラフムーブメントを搭載する、手巻き機構のモデルでした。その後1995年に民間用として再開発され、自動巻き機構を搭載して復活したのがアエロナバルタイプXXです。この“アエロナバル”という言葉の意味は「海軍航空隊」を意味しています。

革ブレスのアエロナバル

このアエロナバルは、革ベルトとの相性も抜群なモデルで、艶やかな光沢をまとうラグジュアリーなメタルベルトとは異なり、軍事用の時計の面影を残し、ミリタリー調の雰囲気をより強く醸し出してくれます。その落ち着きのあるデザインと渋さが魅力的で、上質なケースとミリタリー調のコントラストが美しいデザインです。

秀逸なバランスが美しいメタルブレス

ドーム型にデザインされた風貌は、ベゼルのラインと一体感がありどの角度から見ても美しいフォルム。さらに、風貌からブレスレットまでの一連の流れがつけ心地が良く、さらなる魅力を引き出します。メタルブレスのアエロナバルは、上品で紳士な印象に仕上げてくれるワンランク上の1本です。

ブレゲらしいデザインが詰まった「マリーン」

BREGUET(ブレゲ)の定番おすすめモデルをご紹介

マリーンは、高精度の海洋時計「マリン・クロノメーター」を継承したモデル。ギョーシェ文字盤やブレゲ針、コインエッジなど、BREGUET(ブレゲ)ならではのデザインがふんだんに施され、一度に楽しめる点が魅力的なモデルです

防水性が進化した「マリーン2」

マリーンシリーズの第二世代「マリーン2」は、2004年に登場します。ケースが100m防水に高められたことにより、36mmから39mmへとアップサイジング。より実用的なラバーストラップとSSブレスレットが追加されました。初代マリーンは伝統的なブレゲらしさにスポーティを加えましたが、対してマリーン2では、よりスポーティを強調したモデルへと進化したことがわかります。マリーン2は大ヒット作となり、ブレゲの人気モデルとしてその地位を確立しました。

美しい音を奏でる「マリーンロイヤル」

BREGUET(ブレゲ)の定番おすすめモデルをご紹介

マリーンロイヤルはアラーム機能を搭載したダイバーズモデルのことを指します。美しいマリーンならではのデザイン性はそのままに、アラームチャイムと300M防水性能を保持します。ベゼルは回転ベゼル仕様となっており、25~55のみ目盛りが刻まれているのが特徴です。マリーンロイヤルのアラームは水中で操作することも可能です。地上でも美しい音を奏でますが、水中では水の振動を通し、より大きな音で時を知らせてくれます

天才時計師が生み出した内部機構を存分に堪能できる「トラディション」

BREGUET(ブレゲ)の定番おすすめモデルをご紹介

2005年に発表された「トラディション」。ルイブレゲが1794年に開発した衝撃吸収装置「パラシュート」と可変慣性テンプを搭載。伝統の懐中時計ムーブメントを忠実に再現した「トラディション」は、文字盤側からもシースルー仕様のケースバックからもパワーリザーブインジケータを確認可能となっています。天才時計師が生み出した内部機構を存分に堪能できるモデルです。レディースモデルの展開もございます。

BREGUET(ブレゲ)のアンティークは存在する?中古市場での価値や資産価値について徹底解説

BREGUET(ブレゲ)のアンティークは存在する?中古市場での価値や資産価値について徹底解説

狙い目はスポーツウォッチ!

ラグジュアリースポーツウォッチというカテゴリの中では、中古販売価格がなかなかお買い得なBREGUET(ブレゲ)。そもそも、オーデマピゲのロイヤルオークや、パテックフィリップのノーチラスなど、高価格帯の定価設定のスポーツウォッチは、中古市場でもめきめきと価格の高騰を続け、今まで以上に雲の上のブランドとなっているのが現状です。そんな中、BREGUET(ブレゲ)も同じラグジュアリーウォッチブランドでありながら、先代マリーン2のステンレスモデルは、中古で120万程度であったり、安く手に入れることができるんです。中古相場ですので、状態や付属品の有無によって販売価格は大幅に異なってきますがこれだけ上質で性能のいいラグジュアリースポーツウォッチがこの価格というのは、お値打ちと言っても良いでしょう。

BREGUET(ブレゲ)のアンティークウォッチも気になる!

もちろん、これだけの長い歴史を歩んできたBREGUET(ブレゲ)のアンチークウォッチは存在しています。以前にも、BREGUET(ブレゲ)の懐中時計が高値で落札されたというニュースがありました。BREGUET(ブレゲ)・ミュージアムとBREGUET(ブレゲ)社長兼CEOであるマーク・A・ハイエック氏が、高級時計製作の歴史に残る2つの素晴らしい時計を約700万スイスフラン(5.8億円)という史上最高額で購入しました。2012年にジュネーブで開催されたクリスティーズのオークションで落札されたこれらの傑作は、BREGUET(ブレゲ)が過去に購入した中で最も価格が高く、オークションで売られたBREGUET(ブレゲ)のアンティークウォッチとしては過去最高額となりました。

知っておきたい、偽物の見分け方

BREGUET(ブレゲ)の定番おすすめモデルをご紹介

BREGUET(ブレゲ)の腕時計のように高級時計ともなれば、残念ながらスーパーコピー品が出回ってしまっているもの。これまでにご紹介させていただいた通り、中古で購入される方が、やはり正規店で購入するよりも断然お得にはなってきますが、商品が本当に本物なのか、心配だという声も少なくはありませんよね。そもそも、偽物をつかまないようにするためには、真贋の行き届いた有料販売店からの購入が第一に大切になってきますが、ご自身でも真贋ポイントの知識を持っておくことも大切になってきます。

スーパーコピー品を見極めるポイントを一部ご紹介

BREGUET(ブレゲ)の腕時計が本物かどうか、見極める際にポイントとして挙げられるのが、
・型番や製造番号をチェックすること
さまざまなブランド時計の真贋で共通する項目ですが、BREGUET(ブレゲ)の時計にも製造されたタイミングで個別のシリアルナンバーが振られています。時計に記載されている型番、シリアルナンバーとギャランティや保証書に記載された型番、シリアルナンバーが一致しているか確認しましょう。

・金属部分をチェックすること
偽物の腕時計の場合、金属部分の磨きが適当にされていたり、不自然な輝きがあり安っぽさがあったりします。本物のBREGUET(ブレゲ)と比べることができればいいですね!

・ロゴをチェックする
偽物のBREGUET(ブレゲ)の場合、ロゴが多少異なる場合があります。ルーペなどがあれば微妙な違いに気づくことができたりしますので、細かい点までじっくり見てみましょう。

信頼のおける販売店を見抜く方法

安かったら信頼がなく、高ければ安心と思いがちですが、それは間違い。中古市場となると、販売価格は状態や希少性によってぴんきりなので価格で選ぶのは避けましょう。

・入手先が不明
・偽物と断言できない怪しいものまで買い取る
・商品の欠陥点を教えてくれない


上記のように、本物か曖昧な商品を買取しているショップでは、意図せず偽物の商品が並んでいる可能性もあるので注意が必要です。このように、偽物の商品を買ってしまうことを避けるには、商品知識が豊富な方が買取りを行っている店舗で購入することが一番おすすめです。
ALLUで並んでいる商品はすべて、グループ会社である「なんぼや」が買取を行っています。「なんぼや」には、経験と知識が豊富なコンシェルジュが在籍しており、彼らが責任を持って買取を行っております。高級腕時計の取り扱いも多数ございますので、ぜひショップを覗いてみてくださいね♪

高額な商品を買うなら知っておきたいローン事情

ショッピングローンは無金利のものを選ぶとお得です。高額なお買い物をされるお客様には、ローンをご希望される方が非常に多いです。ローンといえば、金利が高く、購入金額以上の金額を支払わなければならないというものが多いイメージ。しかし、ALLUのショッピングローンは60回払いまで金利無料!これまでかかっていた、無駄な金利が一切かからないのでおすすめです!

まるでスタッズブレスレット?大人ロックな腕時計「メドール」はコーデに欠かせないアイテム

2021/06/26 00:00

世界的ハイブランド、エルメス(HERMES)が手掛けているファッション小物も、その品質の高さからたくさんの人気ラインが存在します。そんな人気ラインの中でも、特に注目度が高いアイテムが腕時計です。エルメス(HERMES)の腕時計には、クリッパーやHウォッチなど名だたるモデルがありますが、その中でちょっとロックテイストでカジュアルになじむデザインなのが腕時計「メドール(Medor)」。スタッズ金具が大きく大胆なのに、エルメスのエスプリがしっかり感じられる上品な腕時計です。今回は、そんなメドールの特徴、おすすめのカラーと素材についてたっぷりとご紹介します!

メドールの「デザイン性」と2つのタイプ

エルメス(HERMES)は、女性にとって憧れのアイテムがたくさんあるラグジュアリーブランドですよね。エルメスといえば、レザーバッグの数々が有名ですが、実は小物にも人気ラインがたくさんあるのをご存知ですか?
エルメスの腕時計は、人気ラインのひとつ。個性的でありながら優雅な雰囲気のアイテムを数多く生み出しています。今回ご紹介する、「メドール(Medor)」は、猟犬がつける首輪をイメージして作られた腕時計で、スタッズがおしゃれと定評があるモデルです。

メドールのデザイン

メドールのデザイン

猟犬の首輪ということもあり、力強いデザインが特徴的なメドール。上質なレザーには、三角にとがったピラミッド型スタッズが規則的に並べられています。また時計の文字盤部分にも、周りと同様にスタッズがかぶさっており、横のリューズ部分を押すことでフタが開閉するという仕組みです。ふたを閉めたままだと、スタッズブレスレットとして使える、とてもファッション性の高いアイテムなんです。
正方形の文字盤にも世界観がしっかりと反映されており、数字がない代わりに4つの小さなスタッズが配置されています。統一感が感じられるこのデザインは、カジュアルなだけでなく、上品で高貴な雰囲気が秘められていて、大人の女性にぜひおすすめしたい逸品です。
そしてスタッズの土台となっているのは、エルメスが扱う高品質なレザーブレスレット。あのバーキンやケリーに使われているレザーを使用したことで、レザーの経年変化を楽しめる腕時計でもあるんです。柔らかなレザーは、手首にそっと馴染み、着けていることを忘れるほど軽いつけ心地を実現してくれます。

新旧2つのデザイン

メドールには、新旧2つのタイプがり、文字盤のフタ部分がマイナーチェンジされています。旧タイプは文字盤の上部にフタに蝶番があってスタッズ自体が上に開く仕組み。対して、新しいタイプのメドールは蝶番が左にあるので横に向かって開くという違いがあるので、購入する前にチェックして使いやすい方を購入するようにしましょう。

メドールは「こんな人」におすすめ

メドールは「こんな人」におすすめ

エルメスのメドールは、シンプルな大人カジュアルを好む、おしゃれな女性に支持される腕時計。個性的なファッションを好む人はもちろん、普段の甘めのファッションにちょっとハードなアイテムを取り入れる使い方もできますよ。
しっかりとしたレザーベルトに、大きいピラミッド型スタッズは、腕が華奢な印象になるので細見せ効果もばっちり

スタッズの小物は、一見若い世代向けのデザインに見えるかもしれませんが、上質なレザーとマッチするメドールのデザインは、大人の落着きと気品すら感じます。やはり、エルメスならではですよね。何十年にも渡って使い続けられるアイテムだからこそ、ぜひ個性派腕時計としてコレクションしたいアイテムです。

スタッズを取り入れた「大人なコーディネート」

スタッズを取り入れた「大人なコーディネート」

エルメスの中でもロックテイストなメドールは、やはりデニムやブルゾン、MA-1などのメンズライクなコーディネートになじむ腕時計。しかし、スタッフ一押しのコーデは、女性らしさを感じるかわいいスタイル。あえてプリーツやレースのロングスカートに合わせて作る、甘辛ミックスコーデは、かわいらしいだけではなく、大人の色気を感じさせるレディーな雰囲気にスタイルアップしてくれます。さらに、正方形の文字盤に、細い針は女性らしくとても上品だからこそ、Yシャツやペンシルスカートなどのコンサバスタイルに合わせても、アクセントになってくれる、使い勝手抜群のアイテムです!

時計だけでなく、アクセサリーもラインナップ

メドールは腕時計以外にも、バングル、イヤリング、ベルトなどの豊富なアイテムを展開。複数のメドールを組み合わせて、スタイルに統一感を演出する使い方も人気です♪

ドラマがきっかけで話題のモデルに!

メドールは人気ドラマ「ゴシップガール」で着用されていたことで人気に拍車がかかりました。セレブリティなスタイルにピッタリなメドールは、ドラマの中でバーキンと合わせてカジュアルにスタイリングされており、普段使いのしやすさと洗練された雰囲気が女性たちの間で話題になりました。

「素材」と「カラー」で自分好みのメドールを♪

「素材」と「カラー」で自分好みのメドールを♪

メドールはカラーや素材の種類もたくさんあります。それぞれの素材の特徴から、人気カラー、気になるお値段までたっぷりとご紹介します!

メドールの素材

エルメスのメドールは、ガラス加工でツヤが表現された高級感のあるボックスカーフ、丈夫なヴォー・クシュベルやヴォー・エプソンなど牛革を使ったアイテムが多いです。これらのカーフスキンは、大人の牛革にくらべるときめ細かい模様なのが特徴です。エルメスのレザーハンドバッグ、バーキンやケリーでも定番の素材を、メドールのハードなスタッズに合わせることで、ロックテイストの中に女性らしいやわらかい雰囲気がプラスされています。レザーの経年変化をたっぷりと楽しめる人気素材で、長年愛用することができます♪

その他にも、貴重なクロコダイルや、ハリのあるリザードなどのエキゾチックレザーが使われているタイプも。 クロコダイルは「皮革の宝石」と呼ばれるほど、最高級素材
として有名です。よりメンズライクなテイストのメドールですので、ダメージジーンズやレザージャケットに合わせてクールに決めるのがおすすめです。

メドールの人気カラー

メドールの人気カラーは、どんなスタイルにも合わせやすいブラック、ブラウンなどのベーシックカラーが定番人気です。特に女性らしいブラウンのレザーにゴールドのピラミッド型スタッズは、エルメスらしいエレガンスさを感じるアイテムです。ほかにも、ゴールドの金具の輝きを引き立ててくれるペールカラー、スタイルの差し色になるレッド、イエローなどのビタミンカラーも根強い人気がありますよ。

メドールは入手困難?気になる価格帯

エルメスのメドールは、残念ながら現在生産が終了していて、店頭で入手することはできません。メドールを購入するなら、中古ブランドショップやオークションで探すことになります。中古価格はメドールに使われている素材やモデルによって違いがありますが、10万円~のアイテムが多いです。90年代に製造されたユーズド品が多いですが、傷が目立たない美品もありますよ。メドールは細めのベルトに大きいスタッズで、ほかのブレスレットとの重ね付けもしやすい腕時計です。

スタイリングを引き締めてくれる腕時計「メドール」

「素材」と「カラー」で自分好みのメドールを♪

エルメスの腕時計の中でも、ロックテイストで ファッション性の高さが人気の「メドール」。インパクトアイテムでありながら、細身のレザーブレスレットと白いシンプルな文字盤は、身に着ける女性をエレガントに見せてくれる、大人のオフスタイルに最適な腕時計です。現在新品で購入することは難しいですが、状態の良いメドールもまだたくさんあるので、ぜひお気に入りのカラーを見つけて、スタイルに個性をプラスしてみてはいかがでしょうか。

無骨さが格好いい、ブライトリングで一生ものの腕時計を

2021/06/24 00:00

高級時計というカテゴリに属するBREITLING(ブライトリング)。知名度としてはOMEGA(オメガ)やROLEX(ロレックス)よりは劣るものの、実は熱狂的なファンが多いブランドです。今回はそんなBREITLING(ブライトリング)の歴史、人気モデルや中古市場での価値について徹底解説します。高級時計をお探しの方必見の内容となっておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

BREITLING(ブライトリング)ってどんなブランド?

BREITLING(ブライトリング)ってどんなブランド?

高級時計に興味を持った方なら、一度は聞いたことがあるであろうBREITLING(ブライトリング)。ROLEX(ロレックス)やTAG Heuer(タグホイヤー)など超有名ブランドを購入する方が多い中、BREITLING(ブライトリング)を購入される方はなかなか時計に詳しいのかなという印象を持ちます。特に玄人であればあるほど、王道を外れたBREITLING(ブライトリング)を選ばれることも。時計好きに選ばれるほどのBREITLING(ブライトリング)にはどのような魅力があるのでしょうか?

BREITLING(ブライトリング)の歴史

BREITLING(ブライトリング)の創業は1884年。腕時計の街として知られるスイス、サンティミエで、若干24歳の青年であったレオン・BREITLING(ブライトリング)が設立した精密機器を製造する工房から歴史は始まります
創業当初のBREITLING(ブライトリング)は、懐中型のクロノグラフとストップウォッチを中心に時計を製作していました。この時代から既に多くの賞を受賞しており、特にスピードを計測する優れた性能は、警察に正式採用されるほど公的に高い評価を得ました。これこそがBREITLING(ブライトリング)の「時計ではなく計器である」という理念のルーツです。
規模を拡大させたBREITLING(ブライトリング)は、その頃の最新技術であった飛行機にも興味を持つようになり、パイロット用のクロノグラフウォッチを作成し、パイロットウォッチという新たなカテゴリーを生み出しました
20世紀に入ると、BREITLING(ブライトリング)が最も得意とするクロノグラフの改良に力を入れ始めます。1915年には世界初となる専用プッシュボタンを備えたクロノグラフ腕時計の開発に成功し、その後1934年にはリセットボタンの機構開発に成功します。これが現在のクロノグラフウォッチの起源なのです。

時計玄人が好むBREITLING(ブライトリング)

時計玄人が好むBREITLING(ブライトリング)

創業後3世代にも渡り、クロノグラフを探求し続けてきたBREITLING(ブライトリング)。クロノグラフのスペシャリストのような位置に君臨する当ブランドの歴史はクロノグラフの歴史といっても過言ではありません。これまでに多くのモデルを発表し、そのすべてのモデルにクロノメーターを搭載し、「100%クロノメーター宣言」も定義しています。このように、実現不可だといわれてきた100%クロノメーター搭載ウォッチを作り上げたりと、並々ならぬこだわりが詰まった精度の高さが時計玄人から好まれ、熱狂的なファンが多いのでしょう。

BREITLING(ブライトリング)、どんな人におすすめ?

BREITLING(ブライトリング)の時計は、飛行機やヘリコプターなど航空機が好きの方におすすめです。無骨なデザインが魅力的なBREITLING(ブライトリング)は、パイロットのために作られたという歴史があり、現在では機械の発達により、ほとんどパイロットウォッチが使用されてはいないものの、航空用計算版として築き上げてきたブランドヒストリーを持っています。そのストーリーはロマンに溢れ、特に男性のファンが多いブランドです。

ビジネスシーンでも好印象なラグジュアリーウォッチ

ビジネスシーンでも好印象なラグジュアリーウォッチ

ビジネスシーンでも愛用している方が多いBREITLING(ブライトリング)。ごつくて派手すぎないかと懸念されることも多いクロノグラフウォッチですが、ステンレス製のシンプルなデザインは主張しすぎず、誠実さすら感じるデザインで、ビジネスシーンでも好感が持てる腕時計です。また、ROLEX(ロレックス)やOMEGA(オメガ)などのように、知名度が高すぎることもないため、嫌味なく着けることができます。さらに、BREITLING(ブライトリング)が好きな人であれば、会話が弾むことも間違いなしの好印象なブランドです。

ファンに手厚いBREITLING(ブライトリング)

ファンに手厚いBREITLING(ブライトリング)

BREITLING(ブライトリング)は、ラグジュアリーブランドの中でも特にファンに手厚いブランドだと言われています。

クラブBREITLING(ブライトリング)ってなに?

クラブBREITLING(ブライトリング)とは、REITLING(ブライトリング)を購入したメンバーのみ所属できるクラブで、メンバーには1年に1回行われているイベントに参加できたり、手厚いサポートを受ける権利が与えられます。イベントでは、クラブメンバーのみ購入できる限定モデルが展示されていたり、BREITLING(ブライトリング)が自社で製造しているワインやオリーブが会場内で振舞われたり、クロノグラフ機構やBREITLING(ブライトリング)ならではの精密機構のこだわりをプロの時計技師が解説をしてくれたり、とファンにとってうれしいイベントに参加することが出来るんです。

人気モデルは?おすすめのモデルをご紹介!

長い歴史を誇るBREITLING(ブライトリング)。これまでに多くのモデルを発表し続けてきましたが、どのモデルが人気なのでしょうか?おすすめのポイントと一緒にご紹介いたします。

絆から生まれた名コレクション「ベントレー」

絆から生まれた名コレクション「ベントレー」

英国のプレステージカーとの絆から生まれたコレクション!BREITLING(ブライトリング)の上級コレクションとして登場した「ベントレー」。英国で最も由緒あるプレステージカー「ベントレー」と、スイス機械式クロノグラフメーカー「BREITLING(ブライトリング)」との出会いから生まれたクロノグラフコレクションです。 ベントレー自動車のモチーフをデザインに取り入れたスタイリングは、現行のコレクションと異なる色気と雰囲気をまとっています。自社ファクトリーで開発製造するベントレーとBREITLING(ブライトリング)の最高峰動力への限りないこだわり、エレガンスさなどが完璧なパフォーマンスの形となって融合しています。

代表モデル「クロノマット」

代表モデル「クロノマット」

BREITLING(ブライトリング)の代表モデルであるクロノマット。イタリア空軍“フレッチェトリコローリ”のパイロットの協力により1984年に誕生したモデルです。 クロノマットの特徴は自動巻きクロノグラフであること。精度・耐久性・視認性、さらには500m防水など高いパフォーマンスを誇ります。重厚で特徴的な逆回転防止ベゼルなど、存在感のある独特なデザインは40代男性を中心に幅広い層に愛されています。

プロフェッショナルダイバーのための「スーパーオーシャン」

プロフェッショナルダイバーのためのダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」

プロフェッショナルダイバーのために1957年に開発されたダイバーズウォッチ。それがスーパーオーシャンです。
空のイメージが強いBREITLING(ブライトリング)ですが、ダイバーズウォッチにも驚異的な性能を誇っています。強靭なステンレススティールやねじ込み式ロックリューズ、分厚いサファイアクリスタル、内外の気圧差をなくすためのエスケープブルブを搭載しており、ラインナップは200m~2000m防水という強靭なスペックを備え、プロ仕様のモデルです。

宇宙へと旅立った「ナビタイマー」

宇宙へと旅立った「ナビタイマー」

1952年に発表されたナビタイマーはパイロットや搭乗員にとって革新的な一本となった歴史ある時計です。
初代ナビタイマーは世界初の航空用計算尺付きクロノグラフとして世界パイロット協会AOPAの公式時計に認定されました。宇宙へと旅立ったナビタイマー「コスモノート」 は自社開発ムーブメントB01を搭載したナビタイマーB01等、誕生以来様々な進化を遂げながらも、スタイリングは大きく変化せず初代のスピリットを守り続けています
2018年に、ナビタイマーのアイデンティティでもあったフライトコンピュータが取り払われたナビタイマー8(2019年にアビエーター8に名称変更)が誕生しました。それに合わせて、クロノグラフを搭載していないモデルも登場など、そのバリエーションを増やしています。

日本人になじみの良い「モンブリラン」

1940年代から1950年代のオールドパイロット時計を現代風に再解釈し、デザインされたモンブリランは、日本人になじみ易い小さめのケースとなっています。腕回りの細い男性にもおすすめな腕時計です。

BREITLING(ブライトリング)の中古は価値がある?

BREITLING(ブライトリング)の中古は価値がある?

BREITLING(ブライトリング)は、比較的状態のいいもので通常販売価格の3割くらい安く購入することが出来ます。供給がしっかりしており、正規店で購入できることもあり、中古市場での価格が上がることはなかなかありませんが、機構のクオリティが高いブランドであるため、ある程度の期間使い込んだとしても、値段ががくっと下がることなく、割と高値で売却ができるブランドです。

中古品を購入するメリットとデメリット

中古品を購入するメリットとデメリット

中古のアイテムを購入するというのは、高額の商品であればあるほど不安ですよね。BREITLING(ブライトリング)の腕時計を中古で購入される際のメリットとデメリットをまとめてみました。

BREITLING(ブライトリング)を中古で購入するメリットは?

新品より3割程度安く購入することができます。先ほどもご紹介したように、BREITLING(ブライトリング)の腕時計は性能がよいため、中古品でも比較的まだまだ使えるものが多いです。リセールを考えた際にはお得ではないでしょうか?

BREITLING(ブライトリング)を中古で購入するデメリットは?

正規店でのオーバーホール修理の際に割引がされないというデメリットがあります。上記でご紹介した、クラブBREITLING(ブライトリング)に入会できないというのもマイナスに感じられる方もいらっしゃいます。

でも大丈夫♪ALLUではオーバーホールや修理が30%OFF!

でも大丈夫♪ALLUではオーバーホールや修理が30%OFF!

正規店で購入した腕時計でないとオーバーホールの割引出来ないというブランドが多く、中古品の購入に不安を抱える方も多いのではないでしょうか?
ALLUで購入した腕時計はすべて、時計修理工房「なんぼや」にて、時計修理、オーバーホール、電池交換を承っております。時計修理の国家資格ともいえるWOSTEP取得技師や国家資格である一級時計修理技能資格を取得した十分なキャリアの職人が、それぞれ専門分野のメーカーを修理する体制が整っていますので、安心してご購入いただけます。

BREITLING(ブライトリング)の偽物ってあるの?

高級時計ブランドの中古品を購入するとなると、付きまとうのがスーパーコピーの存在。当社のスタッフも偽物を見たことがあるという人もいるほど、BREITLING(ブライトリング)の腕時計も偽物がかなり出回っています。正規店で購入されるのが一番安心ですが、中古店で購入されるのであれば鑑定機関があるショップを選ぶことがおすすめです。

ALLUならオンラインで探して店舗で確認ができる

高額な商品を購入するとなると、オンライン上のみで決めるのも不安ですよね。ALLUでは、オンラインショップで商品を探し、お近くの店舗へ取り寄せることも可能です。腕時計への知識が豊富なスタッフが店舗でお待ちしておりますので、お気軽に店舗取り寄せ機能をお使いください。また、ALLUの商品はすべて「なんぼや」で買取をしています。ブランド知識豊富なコンシェルジュたちの厳しい真贋を通ったアイテムのみを取り扱っているので、間違えのない品質です。

一生ものの腕時計をお探しなら

一生ものの腕時計をお探しなら

ROLEX(ロレックス)やCARTIER(カルティエ)など、ザ・ラグジュアリーウォッチを好む人が多い中、BREITLING(ブライトリング)を検討している方は、ただおしゃれというだけではなく、自分の人生やこれまで経験してきたことと、ブランドの持つストーリーを重ね合わせて、何か魅力を感じた方が多いのではないでしょうか?そのような想いを込めて選んだ腕時計はきっと一生の宝物になると思います。ALLUで素敵な出会いを見つけてみてはいかがでしょうか?

使い勝手抜群なミニマトラッセは、女のツボを押さえたバッグ

2021/06/23 00:00

CHANEL(シャネル)(CHANEL)の定番バッグといえば「マトラッセ」。そしてそのマトラッセのなかでも、幅20cm以下の小さめサイズは「ミニマトラッセ」と呼ばれています。
昨今のミニバッグブームで、より一層ミニマトラッセが注目されるようになりました。ミニマトラッセはバッグというよりアクセサリーのように、コーディネートアクセントになるアイテムとして身に着ける方も多く、ハイセンスな着こなしは周りと差がつくこと間違いナシです。バリエーションや人気カラー、使い勝手の良さを含め、品薄で入手困難な「ミニマトラッセ」の、人気の秘密を紐解きます。

ファッショニスタも愛用!シャネルのミニマトラッセとは?

CHANEL(シャネル)といえば、世界屈指のラグジュアリーブランド。そしてマトラッセは、キルティングステッチが愛らしいCHANEL(シャネル)のアイコンバッグとして知られています。世界中にマトラッセが多く、サイズによって「デカマトラッセ」や「ミニマトラッセ」など、俗称が付けられています。

セレブをはじめ、ファッションエディターが愛用していることで人気に火が付いたミニマトラッセは、日本国内でも非常に人気の高いアイテムです。

世界初のショルダーバッグ

今となっては一般的に浸透している、ショルダーバッグ。おしゃれなだけではなく、肩からかけられる機能的なデザインが魅力的なショルダーバッグは男女問わず人気なバッグの形ですよね!しかし、もともとは男性用のバッグで女性用のものは無かったと言われています。そして、CHANEL(シャネル)のマトラッセこそが、初の女性向けショルダーバッグなのです。当時女性はハンドバッグを使うのが主流でした。そのため女性たちには両手が自由に使えず不自由だという悩みがありました。そんな時、軍人のショルダーバッグに目をつけたのがココシャネルでした。彼女は当時女性たちが持っていたハンドバッグに革ひもをつけたショルダーバッグを作成しました。それが今のマトラッセの起源だといわれています。その使いやすさと、シンプルなデザインが女性たちの間で人気となり、ショルダーバッグの普及とともにCHANEL(シャネル)の認知度はたちまち広まっていきました。

再入荷はほとんどなし!?即完売の人気バッグ!

CHANEL(シャネル)のバッグは、シーズンごとに若干のサイズ変更やトーン違いの同色カラー展開など、マイナーチェンジがあります。CHANEL(シャネル)は、バッグもアクセサリーもコレクションの発表から売り切れるまでが早く、一度完売したアイテムはなかなか再入荷されることがないと言われています。なかでも大人気で常に品薄状態のミニマトラッセは、入荷後すぐに完売必至アイテムなんです。人気色であればあるほど、早く完売してしまうので、お目当てのミニマトラッセをみつけたら、即買いした方が良いかもしれません。

カジュアルファッションに「アクセ感覚でプラス」スタイルが人気

ミニマトラッセはその小ささゆえ、コーディネートのポイントとしてアクセ感覚でプラスするのがおすすめ。カジュアルなスタイルをアップデートしてくれます。また、ミニマトラッセにはバリエーションがあり、その形によっても印象が変わってきます。ここ最近では、幅が10cmにも満たないほどの、極小サイズのマトラッセが人気で、パーカーやTシャツなどシンプルなトップスに、ネックレスのように首からかけるスタイルがとても人気。他ブランドからも、コインケースほどの極小サイズバッグは販売されていますが、やはりCHANEL(シャネル)となると高級感が格別です。

おしゃれな人ほど注目してる、ヴィンテージマトラッセ

人気が絶えない、ヴィンテージシャネル。ピアスやツイードのスカートなど、さまざまなヴィンテージアイテムが人気ですが、その中でも特に人気なアイテムが、マトラッセです。上品で華やかなのに、シックなスタイルにも似合うそんな洗練されたバッグは、今も変わらず女性の憧れ。節目やお祝い事などに、自分の生まれ年のヴィンテージマトラッセを購入する方も多いんです♪新品で購入するのも良いですが、自分と同じ年に生まれたバッグってなんだかワクワクするものがありませんか?

「ミニ」「スクエア」「エクストラミニ」 ―あなたのお好みのサイズは?

ミニマトラッセには、いくつかのデザインバリエーションがあります。それぞれ、どんな特徴があるのでしょうか?じっくりみていきましょう!

やっぱり王道!? スタンダードなミニマトラッセ

UK011499

横幅20cm程度で、ミニマトラッセとしては大き目サイズ。長方形フォルムで、背面にオープンポケットがあり、使いやすさの点で人気が高いアイテムです。チェーンは太めというのが絶妙に可愛いです。

スクエアタイプは程よくカジュアルに♪

スクエア

こちらはスクエアタイプのミニマトラッセ。スクエアと言っても完璧な正方形というわけではないんですが、マトラッセおなじみの横長スタイルじゃないのがポイント。横長のほうが大人っぽく、スクエアタイプは可愛らしくカジュアルな印象に。

さらにコンパクトなエクストラミニ

エクストラミニ

なんとミニマトラッセには、サイズ幅15cm以下いうミニミニサイズまで展開!ショルダーチェーンは細めで、背面ポケットはありませんが、中もしっかり入れられる仕様♪使い勝手が配慮されていて、ちゃんとコーディネートのアクセントになるところが◎

マトラッセのサイズについて
マトラッセのバッグは、「25」や「30」という呼び名が定着していますが、実寸は26cm、28cm、32cmなど、ジャストサイズはひとつもなく、シーズンごとに±1cm変わることもあるんだとか。また、チェーンの太さやサイズ、ポケットの有無などもシーズンごとに微妙に異なるので、あくまで目安として参考にしてみてください。
あなたのお好みは、どのミニマトラッセでしょうか?
ではここからは、実用性やカラーなども含め、具体的に紹介していきましょう。

ラウンド型のミニマトラッセも今っぽい!

スクエア型のショルダーバッグは大人っぽくクールなイメージですが、ラウンド型もおすすめです。マトラッセのシンプルで上品なデザインはラウンド型でも可愛くなりすぎることもないので使いやすいですよ♪

ネックレスみたいに首からかけるのがトレンド

コインケースかと思うほど、ミニマルサイズバッグが今のトレンド。さまざまなブランドから発売されていますが、CHANEL(シャネル)のマトラッセは存在感が格別。シンプルなパーカーやTシャツスタイルに、ネックレスのように首からかけて、コーディネートのポイント使いにも◎今どきのスタイルを簡単に作ることができます。

コンパクトなのに使い勝手抜群!キュートなミニバッグ

「ミニ」「スクエア」「エクストラミニ」 ―あなたのお好みのサイズは?

ミニマトラッセは、その小ささゆえ、収納力には限界があります。試しにスクエアタイプで考えると、リップグロス、スマートフォン、コンパクトな二つ折財布を入れたらほぼ満杯。エクストラミニにおいては、さらにコンパクトになります。ミニマトラッセを持つとき、場合によってはサブバッグを持ったり、小さな財布に持ち変えるなどの工夫が必要なことも。

でも、あの可愛さなら、物があまり入らなくても許せてしまうから不思議です。「お洒落のためなら、物が入らなくても気にならない!」というのは、女子ならではかもしれませんね。

ミニマトラッセの人気カラーが気になる!

ミニマトラッセブームのはじまりは、ファッショニスタがSNSにラムスキン×黒というCHANEL(シャネル)らしい組み合わせの投稿からでした。今となってはセレブやインフルエンサーの多くがミニマトラッセを使用したコーデを発信しているのを見かけます。「ミニ」だからこそ、赤やイエローなどの差し色や、ファーがふんだんに使われた大胆なデザインが選ばれており、カラフルなスタイルを楽しんでいる方も多いようです。

バッグのカラーはシーズンごとに新色が発表され、数えきれないほどのラインナップが存在します。さらにチェーンのカラーも、シルバー、ゴールド、マットゴールドなどもあり好みのバッグを見つけるのも一苦労ですよね。ここからは、マトラッセの中でも特におすすめなカラーをご紹介します♪

定番の黒マトラッセ

CHANEL(シャネル)といえば、黒というイメージも強いはず。ブラックのバッグはどれも同じようなデザインになってしまいがちですが、CHANEL(シャネル)のバッグは、同じブラックのバッグでもイメージやデザインが全く異なり、それぞれが魅力を解き放っています。マトラッセも同じく定番カラーは黒で、ファーストマトラッセに選ぶ方が多いカラーです。しかし、ミニマトラッセとなるとコーディネートのアクセントとしてエネルギッシュなカラーを選ぶ方も多いんです!

ラグジュアリーなきれいめホワイト

ホワイトのマトラッセはきれいめスタイルにおすすめ。どんなカラーを取り入れたコーデにもすっと馴染む使い勝手もいいんです。カジュアルなコーデをラグジュアリーにクラスアップしてみては?

カラフルなスタイルに映えるパープル

ミニマトラッセだからこそ挑戦できるパープル。あえてピンクのジャケットなどと合わせれば一気に垢ぬけたおしゃれなコーデに大変身!海外風なファッションにも、カラフルでPOPなファッションにも合わせやすいカラーです。

赤のマトラッセでレディに仕上げる

フレンチガーリーなスタイルにぴったりな赤のマトラッセ。白ティやデニムに映えるカラーで、夏におすすめです!ロックで格好いいスタイルに合わせればコーデをぐっと引き締めてくれる効果も♪

ハッピーな気分になれるピンクのマトラッセ

ショッキングピンクのマトラッセはミニサイズだからこそ持ちたいカラー。メタルピンクなどギラギラしているミニマトラッセもおすすめです。スニーカースタイルにも合わせて抜け感を出したスタイルに!

ミニマトラッセのおすすめサイズやラインナップをご紹介

トレンドのミニバッグをご検討の方にミニマトラッセをもっと詳しく、ご紹介していきます。お持ちのコーディネートとあわせてご検討ください♪

ラムスキン シングルフラップ

シングルチェーンバッグ ゴールド金具☆こちらはスタンダードタイプのミニマトラッセです。マトラッセをそのままリサイズした感じですね♪ノーマルサイズでもミニサイズでも黒がかわいい!

ラムスキン シングルフラップ

シングルチェーンショルダーバッグ
☆ペールカラーで少し控えめなミニマトラッセは、ファーストマトラッセにおすすめです。少し手の届きやすいプライスが嬉しい♪

ラムスキン シングルチェーンショルダーバッグ

スクエアタイプのミニマトラッセは、カジュアルなカラーを選ぶとシンプルコーデも大胆なスタイルに早変わり♪

CHANEL(シャネル) ミニマトラッセ

ポーチ付きチェーンベルト 白
☆エクストラミニなマトラッセなら、とびっきりキュートなアクセサリーのようにゴージャスな仕様で♪大人カジュアルしもシンプルなスタイルにも、もちろんモードファッションにもぴったりです!

おしゃれさんが注目する、異素材マトラッセ

異素材マトラッセもおすすめ。ラムスキンやキャビアスキンとよばれる素材がマトラッセの主流ですが、ベロアなどの異素材もおすすめ。秋冬など使える時期が限られてしまいますが、取り入れるだけでコーデをまとめ、エレガントな雰囲気を出してくれます。

まとめ:女性ならきっと欲しくなる、恋するミニバッグ

おしゃれさ、可愛いさ、華やかさ、上品さ、求めるすべてのものが、ぎゅっと詰まった「ミニマトラッセ」。小さいからこそ、ビビッドカラーやグリッターカラーなど、緒戦しやすくコーデを楽しめるのも嬉しいポイントですよね♪

華奢なネックレスなら「アガット」がおすすめ

2021/06/20 00:00
華奢なネックレスなら「アガット」がおすすめ

日本の大手グループ会社「株式会社サザビーリーグ」から誕生したジュエリーアクセサリーブランドのアガット(agete)。よく、同じくジュエリーブランドであるエテ(ete)と比較検討される方が多いブランドです。主張しすぎない繊細なデザインとモダンな色使いが特徴的なネックレスが人気で、国内でもファンが多いジュエリーブランドのひとつにあげられます。そんな幅広い世代に人気のアガット(agete)のネックレスを、ブランドの魅力と共にご紹介いたします。コンテンポラリーなネックレスを使って、モダンなコーディネートを楽しみましょう♪

アガット(agete)が人気の秘密

アガット(agete)が人気の秘密

ブライダルリングとしても比較的リーズナブルな値段でハイクオリティな品質のリングが手に入るため、国内の人気上位に位置するアガット(agete)。もちろんファッションとして使うアクセサリーも魅力が満載です。1990年にサザビーリーグのアクセサリー部門から誕生したアガット(agete)は、当時からシンプルで洗練されたデザインを売りとしたアクセサリーを展開しました。シンプルで目立ちすぎず、タイムレスなアイテムは幅広い層に受け入れられ、全国で70店舗を超える店舗数にまで発展しています。
世界で活躍するデザイナーが作り出すアクセサリーは、アンティーク感のあるレトロなデザインや、コンテンポラリーな魅力をもつモダンなものと様々。自分のコーディネートに合わせて雰囲気の合うアガット(agete)のアクセサリーを探すことができるんです。

人気のネックレスを身に着けてラグジュアリーにスタイルアップ

人気のネックレスを身に着けてラグジュアリーにスタイルアップ

アガット(agete)のアクセサリーの中でも特におすすめなものがネックレス。細部までこだわって作られた華奢で繊細なデザインは首元を輝かせ、コーディネートにラグジュアリーな印象をプラスしてくれます。ダイヤモンドが使われたネックレスは、ゴールドやシルバーの輝きをより一層引き出し、色鮮やかな青色が特徴的な貴石のラリマーを使ったネックレスはコーディネートに爽やかなイメージを与えます。

どんなスタイルもラグジュアリーに

日本と馴染みの深いパールを使ったネックレスなどもあり、女性の美しさを引き立てる名役者として活用することができます。大きすぎず小さすぎないバランスも良いサイズ感は、結婚式のお呼ばれなど、ドレスなどを着用する華やかなシーンはもちろん、カジュアルコーデをきれいにまとめるアイテムとしても大活躍。アガット(agete)の人気ネックレスでラグジュアリーなコーディネートを完成させましょう♪

おすすめジュエリーアクセでファッションを輝かす

おすすめジュエリーアクセでファッションを輝かす

アガット(agete)は普段使い出来るものから、ブライダルシーンまで使える幅広いデザイン展開がされているブランドで、ネックレスだけでなく、リングも人気なアイテムのひとつです。

指先からおしゃれを楽しむ

手元をモダンに飾るマストアイテム、リングにもさまざまなデザインがあり、アメジストやムーンストーンなどを使ったカラフルなリングや、タイヤモンドで透明感のある輝きが美しいシンプルなものまで存在します。コーディネートに彩りやアクセントを加えてくれるリングで指先からおしゃれを楽しむことができます。

ペアリングも人気

レディース向けのブランドでメンズラインがないと思われがちですが、実はペアリングの展開も。シンプルなデザインは、男性ウケも必至◎ビジネスシーンでもお使いいただくことができる指輪が多いのが特徴です。K18素材のリングもあり、金属アレルギーが心配な方にもおすすめできる本格派ブランドです。スタイリッシュかつシンプルで使いやすいペアリングをお探しならアガット(agete)がおすすめですよ♪

重ね着けをして自分らしさを楽しむ

リングは重ね着けをするだけで、一気におしゃれ度がUPします!違うブランドのものと組み合わせても違和感がないほど、シンプルなデザインのものが多いのでお手持ちのアクセサリーと重ねて、自分だけのスタイルを楽しむことができます。さらに、アガット(agete)のリングは華奢で繊細な作りをしているので3連着けをしたり、違う指にリングをしても、ガチャガチャせずまとまりのあるスタイルに。リングを付け替えておしゃれを楽しみましょう!

イヤリングを使ったコーデも人気

イヤリングを使ったコーデも人気

女性の本来の美しさを引き立てるアガット(agete)のアクセサリーは、ピアスやイヤリングでも相性が良く使いやすいデザインだと定評があります。オパールやパールを使った、どこかレトロな雰囲気を醸し出すピアスは、カジュアルコーデをヴィンテージ感のある落ち着いたファッションへと変化させてくれます。石が揺れるようなドロップ型のデザインが多く、さりげなく女性らしさをプラスしてくれます。その時の気分によって変えることのできるピアスチャームも人気アイテムのひとつ。アガット(agete)のピアスやイヤリングを使って、コーディネートを大人可愛く仕上げてみては?

ドレッシーなファッションを楽しむために

そんな使い道も幅広く、世の女性たちを虜にしているアガット(agete)。華奢なつくりであるため、日々のお手入れはより慎重に行いましょう。大切なアクセサリーをより長くお使いいただくために、保管前と保管時の注意点をご紹介いたします。

保管をする前のお手入れ方法

イヤリングを使ったコーデも人気

アクセサリーを使う上で、最も気を付けなければならないのが、使用時による硫化(黒く変色する化学反応)です。きれいなゴールドやシルバーのチェーンが、黒ずんでしまった経験があるという方も多いのではないでしょうか?硫化は付着した汗や皮脂、空気中にあるホコリなどによって起きるため、どうしても避けることはできませんが、少しお手入れをするだけで、劣化を最小限にすることができるんです。保管をする前には必ず柔らかいブラシと家庭用洗剤の中性洗剤を活用して清潔な状態を保つようにしましょう。洗浄が終わったら柔らかいタオルなどを使って水分を完全に拭き取り、保管箱に収納してくださいね。

注意:貴石によっては洗剤の使用不可のものも!

貴石によっては中性洗剤での洗浄ができない、控えたほうがいいものもあります。もし使うことのできない宝石であれば、中性洗剤は使わずに乾いたタオルなどで綺麗に拭き取るようにしましょう。中性洗剤での洗浄は月に1度、乾いた柔らかいタオルでのふき取りは、毎回使用ごとに行うと効果的です。

※貴石ごとのお手入れ方法はこちらの記事にまとめてあるので、気になる方はチェック!

保管時に気を付けること

金属を使ったアクセサリーは保管時にも気を付けなければなりません。そのまま放置してしまうと、空気中のホコリなどが付着してしまい、装着前にきれいに掃除しなければならなくなってしまいます。また、直射日光に当て続けると変色していまう貴石もあるため、そのままの状態での保管は劣化の原因になります。そういったことにならないためにも、保管時には必ずジュエリーケースなどに入れることを習慣にして、なるべく劣化の進行を防ぐようにしましょう。ケースに入れることで過度な日光にさらすことなく、ホコリや余分な湿気から守ることができます。自分のお気に入りのジュエリーを長く使えるように、保管前と保管時のお手入れは必ず行うようにしましょう。

アガット(agete)を使ってファッションをラグジュアリーに

イヤリングを使ったコーデも人気

ジュエリーはコーディネートをよりラグジュアリーに、エレガントに飾ることのできるアイテムです。アガット(agete)のネックレスなどのアクセサリーなどを使って、コーディネートをより美しく仕上げましょう♪

【顔型・色・男女別】絶対に似合うブランドサングラスの選び方

2021/06/18 00:00

夏が近づき日差しが強くなるこの季節、サングラスは欠かせないアイテムですよね。しかし普段かけなれていないからか、あまり自分にしっくりくるものが見当たらず、どんなサングラスを買ったらいいのか分からない!なんて方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、サングラス選びに迷っている方のために、顔の形や着用シーンに合わせた、自分に似合うサングラスの選び方をご紹介いたします。サングラスの種類やカラーレンズ、有名なブランドについてもご紹介しますので、ぜひサングラス選びの参考にしてください♪

サングラス選びに欠かせない3つのポイント

何百種類ものサングラスの中から、自分に似合うものを見つけるのは至難の業。試着をすればするほど、なんだか違う、そんな気持ちになったことはありませんか?
そんな難しいサングラス選びもたった3つのポイントを抑えるだけで、簡単に自分にぴったりなサングラスが見つかるんです!サングラス選びに欠かせない3つのポイントをマスターして、自分にぴったりのサングラスを見つけましょう!

Point1)サングラスの形を知る

まずはサングラスの形についてしっかりと知ることが大切です。サングラスの形は、よく見かけるベーシックなものでも10種類もあります。自分に似合うサングラスの形を何種類か知っておくことで、サングラス選びが格段としやすくなります。定番の形から個性的な形まで様々ありますが、かける人はもちろんですが、かけるフレームの形によって、周りからの印象もガラッと変わるので、しっかりとサングラスの形もチェックしましょう!

Point2)自分の顔の形を理解する

自分の顔の形を理解することもサングラス選びには大切です。顔の形によって、似合うフレームの形は異なります。似合うフレームを選ぶと、小顔効果があったり、スタイルがよく見えたり、おしゃれな雰囲気を出してたりと、沢山メリットがあります。自分の顔の形を理解して得意なフレームの形を知っておきましょう。

Point3)使用用途をはっきりさせる

使用用途によっては、顔に似合っていても、目に負担が大きくサングラスの意味がなくなってしまうことも…。特にレンズのカラーはどのようなシーンで使うのかによって、選ぶ色味が違うので注意しましょう!自分の普段の生活スタイルに合わせて、サングラスを選べば、デイリーシーンで大活躍してくれるはず。

どれが好み?サングラスの形と種類!

サングラスの王道「ウェリントン型」

サングラスの王道「ウェリントン型」

ウェリントン型は、サングラスの中でも一番ベーシックともいわれる形で、どんな人にもマッチする人気なフレームです。面長の人が特に似合うと言われているフォルムですが、メガネのフレームとしてもよく使われており、年齢、性別、顔の形や雰囲気を問わずかけやすいのが特徴です。

ファッションアイテムとして再注目「ラウンド型」

ファッションアイテムとして再注目「ラウンド型」

近年、ヴィンテージライクなファッションが流行し、そこで再度注目を浴びたのがラウンド型のサングラスでした。いつものコーデにラウンド型のサングラスをかけるだけで、おしゃれでこなれた雰囲気を出せる便利なアイテムです!

丸顔さんにおすすめしたい「スクエア型」

シンプルで知的な印象を与えるスクエア型サングラス。この形もまた、年齢や性別に左右されないベーシックなフレームのひとつです。様々な顔の形の方に似合いますが、特に丸顔さんにおすすめ。顔をシャープに見せてくれます。

流行に左右されない「ティアドロップ型」

流行に左右されない「ティアドロップ型」

80sな雰囲気で渋さが魅力的なティアドロップ型のサングラス。涙の雫のような形から、ティアドロップと名付けられました。もともとはアメリカ空軍のパイロット用として作られたものだったこともあり、ジャケットスタイルやミリタリーアイテムなどのメンズライクなファッションと相性がいいアイテムです。

オールマイティな「ボストン型」

オールマイティな「ボストン型」

合わせるアイテムを選ばない、ボストン型のサングラス。ウェリントン型と同じように、かけやすいのが特徴です。丸みのあるフレームのボストン型は、少しラウンド型に近い形をしていますが、フレームの下側が少し尖るような形状なので、丸顔の方にもおすすめです。優しい印象を仕上げてくれるフレームです。

意外と使いやすい「バタフライ型」

意外と使いやすい「バタフライ型」

バタフライという名前の通り、蝶が羽を広げたような形のフレーム。レンズサイズが大きいことから、視界が広く使いやすいと定評がある形です。それに加えて、顔の輪郭を綺麗に見せ、小顔効果も期待できます。一見個性的に見えるバタフライ型のサングラスですが、実は、どんな顔の形の人にも似合いやすい万能なサングラスなんです。

レトロでこなれた雰囲気に「オクタゴン型」

レトロでこなれた雰囲気に「オクタゴン型」

最近じわじわ人気が出つつある、オクタゴン型。サングラスだけではなく、メガネでもオクタゴン型のものが多く発売されるようになりました。レンズの面積が大きく視野性が良いのも人気の理由の一つです。オクタゴンとは、8角形という意味の言葉で、その名の通り8角形のフレームをしています。クラシカルでレトロなイメージを醸し出してくれて、かけるだけでおしゃれな人という印象に。角が角ばっているものであればあるほど個性的で、いつものコーデがぐっと垢ぬけるのでおすすめです。

ダンディでタイムレスな「サーモント型」

ダンディでタイムレスな「サーモント型」

フレームの上辺が太いデザインのサーモント型のフレーム。上部のフレームの厚みが眉毛にも見えることから、「ブロウ」とも呼ばれています。ダンディで渋い印象を与えてくれるサーモント型は、あえて女性がかけることで雰囲気のあるコーデを創り上げることができます。丸顔の人や、エラが張っている人にも似合うデザインで、かけるだけでトレンドを抑え、おしゃれに仕上げてくれます。

顔の形を選ばない「オーバル型」

顔の形を選ばない「オーバル型」

かける人を問わず、そっと顔に馴染んでくれるオーバル型のサングラスは、フレームが太くレンズも大きいのでコーデの主役級アイテム。卵を横にしたような楕円形のフレームが特徴で、丸みがある形なので全体的に柔らかなイメージを与えてくれます

マリリンモンローも愛用した「フォックス型」

マリリンモンローも愛用した「フォックス型」

キツネのようなつり目を連想させるフレームの形状だったことからフォックス型と名づけられました。男性よりも女性がかけることが多い形状で、コケティッシュで大人っぽい色気のあるイメージになります。色や素材によっては、柔らかい雰囲気を出してくれることもあるので、フレームカラー選びが重要なタイプです♪フォックス型のサングラスは、マリリンモンローが愛用していたこともあり、「モンロー型」という愛称もあるサングラスです。

顔の形別!サングラスの選び方

顔の形別!サングラスの選び方

サングラスは自分の顔の輪郭と異なるフレームを選ぶようにしましょう。顔の形には、丸顔、四角顔、三角顔、ホームベース型、卵型、さまざまな顔の形がありますよね。それと同じように、サングラスにも、ラウンド型、スクエア型とさまざまな形が存在しています。自分の顔の形を知って、似合うサングラスをGETしましょう!

顔の輪郭と異なる形のフレームを選ぼう

フレームを選ぶときは、顔の形と異なる形のサングラスを選ぶのがおすすめです!例えば、丸顔の方が、ラウンド型のサングラスをかけると、丸顔がより丸顔に見えてしまうというように、顔の形と同じサングラスを選ぶと、より一層顔の形が強調されてしまいます。もし、丸顔でもラウンド型のサングラスをかけたい!ということであれば、フレームサイズに気を付けて選んでみましょう。

顔の形別で似合うサングラスの形をまとめたので、サングラス選びの参考にしてみてください♪

・丸顔さんに似合うサングラスの形
スクエア型、ウェリントン型
・四角顔さんに似合うサングラスの形
ラウンド型、オーバル型
・三角顔さんに似合うサングラスの形
ボストン型、バタフライ型
・面長さんに似合うサングラスの形
ウェリントン型、ティアドロップ型

フレームの幅は顔の幅と合わせる

フレームの幅は顔の幅と合わせる

フレームの形が決まったら、次はフレームの幅に注目!せっかく似合うフレームの形を選んでも、サイズが合っていないとアンバランスに・・!フレーム幅の選び方のポイントを理解して、ピッタリなサングラスを見つけましょう♪

・フレームの横幅は顔の幅と同じものを!
自分の顔の幅よりも小さなフレームを選ぶと、ヴィンテージライクでこなれた印象を受け、それはそれでおしゃれなのですが、やはり合わせるのが難しいという難点があります。また、顔が大きく見えてしまうというデメリットも。普段使いのサングラスをお探しなのであれば、顔の幅と同じサイズのフレームを選ぶようにしましょう。

それでもなんだか似合わないときは・・・

サングラスをかけなれていないと、どんなタイプのものをかけてみても、似合わない気がしてしまうことも。そんな時は、眉毛の形やラインをサングラスに合わせてみましょう!フレームに添うように眉毛を書いたり整えたりすることで、より一層顔とサングラスのギャップを抑え、統一感が生まれます♪サングラスにかけられているような感覚がなくなり、おしゃれ顔になるのでおすすめです!

シーン別で選ぶ、カラーレンズ

シーン別で選ぶ、カラーレンズ

レンズカラーはサングラスでおしゃれを楽しむには欠かせないポイントのひとつですよね♪
ちょっと前からブルーのレンズは、定番アイテムとなっていますが、他にもグレー、ブラウン、イエローとさまざまなカラーがあるのはご存じでしたでしょうか?ファッション性だけではなく、シーンに合わせておすすめしたいカラーレンズをご紹介します。

クールでスタイリッシュなグレーレンズ

シーン別で選ぶ、カラーレンズ

かっこいい印象のグレーレンズは、光を均一にカットしてくれるため、レンズから見える世界の色調が変わらないのが特徴です。眩しさをしっかりと抑えながらも、自然な視界なので、お出かけなど景色を楽しみたい時におすすめです。同じグレーでも濃淡の違いによって雰囲気がガラッと変わるので自分の好きな濃さを選んでみましょう♪

とにかくおしゃれ!日常使いにおすすめなブルーレンズ

とにかくおしゃれ!日常使いにおすすめなブルーレンズ

黄色や赤色の光を抑えてくれるブルーレンズは、蛍光灯の下での色調がスムーズなレンズです。目が疲れにくいのが特徴で、車のヘッドライトを和らげてくれる効果もあるので、薄いブルーレンズのサングラスであれば、夜の運転にもおすすめです。他にも、日中の強い日差しや西日を緩和してくれるなど、光の強さが気になるシーンで活躍してくれます。ファッション性も高く、1年中使えるカラーレンズです。

落ち着いた大人の印象に、ブラウンレンズ

落ち着いた大人の印象に、ブラウンレンズ

ちらつきの原因になるブルーライトをカットしてくれるブラウンレンズ。天気の悪い日でもくっきりと景色を見せてくれる効果もあります。コントラストを高め、クリアな視界で遠方まではっきりと見えるので、ゴルフなど、広い場所で行うスポーツに向いています。また、ブラウン系は肌馴染みもよく、洋服にも合わせやすいので、男女問わず幅広い年代の方におすすめです。

リラックス効果もあるグリーンレンズ

リラックス効果もあるグリーンレンズ

全ての光を平均的に抑えてくれるグリーンレンズは、普段使う度入りのメガネにもうっすらと入れる方が多いカラー。自然な色調を保つことができるうえに、リラックス効果もあるので、長時間かけていても目が疲れにくいのも特徴です。アウトドアシーンにはもちろんですが、旅行やおでかけなど長時間外にいる日におすすめなレンズカラーです。

個性的でおしゃれなイエローレンズ

個性的なイエローレンズは、意外と使いやすいオールマイティなカラー。晴れている日はもちろん、曇りの日でも周囲の景色を変わらず明るく見せてくれるので使いやすくおすすめなレンズです。イエローレンズのサングラスは個性的でかけるのに勇気がいるカラーの一つではありますが、意外と日本人の肌には馴染みよく浮かない色味です。スタイリッシュな雰囲気を取り入れたいときにおすすめです。

おしゃれなカラーフレームでこなれ感を演出♪

マスクが手放せない今日この頃。日差しも強いし、サングラスをかけたいけれど、不審者に見えてしまうのではないか?と心配ですよね。そんな時は、フレームのカラーとレンズのカラーを上手に組み合わせてあげることで、すっきりとした印象を保ち、マスクの上からおしゃれを楽しむことが出来るんです。おすすめの組み合わせやフレームカラーをご紹介します。

ベージュフレーム×ブラウングラデーションレンズ

おしゃれなカラーフレームでこなれ感を演出♪

肌をきれいに見せてくれる、クリームベージュにブラウンのグラデーションがかったレンズの組み合わせは、ムードの漂う女性らしい印象に。ナチュラルで邪魔しないカラーなので、さまざまなファッションとの相性がよく、使いやすいのも魅力的なポイントです。フェミニンなスタイルから、レトロなスタイルまで幅広く、上品な印象をプラスしてくれるカラーです。

メタルフレーム×ブルーレンズ

おしゃれなカラーフレームでこなれ感を演出♪

男性にも女性にもおすすめな、メタルフレーム×ブルーレンズの組み合わせ。少し勇気のいる組み合わせではありますが、一気にコーデを垢抜けさせ、渋くこなれた印象にしてくれます。ゴールド系のメタルフレームであれば、ブラウン系やブラック系のファッションと相性がよく、かけるだけで”雰囲気のある人”になれますよ♪

べっこうフレーム×ブラウンレンズ

おしゃれなカラーフレームでこなれ感を演出♪

初めてサングラスを購入する!という方に、一番おすすめなのがこの組み合わせ。カジュアルなファッションからラグジュアリーなファッションにまで、合わせやすいのが嬉しいポイント。男性女性問わず、なじみのいいカラーです。形は王道のウェリントン型がなんだかんだおしゃれでおすすめです。

男女別!人気なサングラスブランドをご紹介

メンズにおすすめなサングラスブランド

Ray-Ban(レイバン)

Ray-Ban(レイバン)

1837年に誕生したRay-Ban(レイバン)。もともとはレンズメーカーであったブランドがサングラスを発売することになり、できたブランドです。Ray-Ban(レイバン)は「光線を遮断する」という意味で、創立当初から機能性重視のサングラスが多く発売されていました。近年では、機能性だけでなく、デザイン性にも重きを置くようになり、今では多くの人がファッションアイテムとしても購入するほど、知名度も人気も高いブランドとなりました。

CHROME HEARTS(クロムハーツ)

CHROME HEARTS(クロムハーツ)

シルバーアクセサリーのなかでもトップの人気を誇る、CHROME HEARTS(クロムハーツ)。芸能人やセレブご用達の世界的シルバージュエラーです。そんなCHROME HEARTS(クロムハーツ)のサングラスは、ロックスターやハリウッドスターたちも愛用するアイテムで、フレームにはCHROME HEARTS(クロムハーツ)らしい、彫刻が施されており重厚感のある造りになっています。

TOM FORD(トムフォード)</

TOM FORD(トムフォード)

当店でも人気なのがTOM FORD(トムフォード)。カリスマ的な才能を持つトム・フォードが手掛けるファッションブランドです。タイムレスでスタイリッシュなサングラスを数多く展開しており、大人の男性におすすめ。シンプルなウェリントン型のSnowdonというモデルは、超有名映画「007」でも使用されるほど、ダンディなイメージの強いブランドです。

レディースにおすすめなサングラスブランド

Ray-Ban(レイバン)

Ray-Ban(レイバン)

女性にもおすすめしたいブランドRay-Ban(レイバン)。いいものは、年齢や性別を超え、世界中から愛されています♪1837年に誕生したRay-Ban(レイバン)。もともとはレンズメーカーであったブランドがサングラスを発売することになり、できたRay-Ban(レイバン)は「光線を遮断する」という意味で、創立当初から機能性重視のサングラスが多く発売されていました。近年では、機能性だけでなく、デザイン性にも重きを置くようになり、今では多くの人がファッションアイテムとしても購入するほど、知名度も人気も高いブランドとなりました。

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

カジュアルなものから上品なもまで、ファッション性が高くデザイン展開が豊富なGUCCI(グッチ)。自分が欲しいデザインがきっと見つかるはずです♪プレゼントで喜ばれることも間違いなしのブランドです。

CHANEL(シャネル)

CHANEL(シャネル)

いつものコーディネートにCHANEL(シャネル)のサングラスをオンするだけで、一気にラグジュアリーな雰囲気に。CHANEL(シャネル)のサングラスなら、ネコ目のような少し尖ったフレームだったり、パールが付きフレームが人気です。

ネックレスに結婚指輪!アーカーは大人の女性に人気なジュエリーブランド

2021/06/18 00:00

世界中の女性たちに人気を誇るAHKAH(アーカー)。その華奢で繊細なデザインと澄んだ輝きを持つジュエリーが人々の心を鷲づかみにしています。そんな人気ジュエリーブランドは、いつから誕生し、人々を虜にしているのでしょうか?今回はAHKAH(アーカー)の歴史と共に、人気のネックレスやリングたちをご紹介♪輝かしくも繊細なデザインのネックレスたちを使って、エレガントなコーディネートを作りましょう!

AHKAH(アーカー)は日本生まれのブランド?

AHKAH(アーカー)は日本生まれのブランド?

AHKAH(アーカー)は日本のブランドで、宝石商の娘であった福王寺朱美さんによって作られました。1980年代にロサンゼルスで宝石鑑定士の資格を取得後、日本に帰国し97年にジュエリーの製作を始めました。2001年には最初のコレクションを開き、煌びやかなデザインと繊細な作りが話題を呼び、一躍有名に

今では世界中から愛されるブランドに

今では世界中から愛されるブランドに

セレクトショップから始まり、海外への進出を果たした後に日本の渋谷でも路面店を展開、その後も出店数を増やし、日本でも有数のトップジュエリーブランドへと変貌しました。細く繊細な作りながら存在感のあるAHKAH(アーカー)のジュエリーは、日本のみならず海外でも多くの人を魅了させ、今でも成長を遂げています。これからもAHKAH(アーカー)は「温故知新」をコンセプトに、モダンでエレガントなグッズを作ってくれることでしょう。

若すぎない?気になる年齢層は?

若すぎない?気になる年齢層は?

華奢でかわいらしいデザインのジュエリーが多いAHKAH(アーカー)は、着けていて若すぎないか?と心配される方が多いブランド。しかし、AHKAH(アーカー)のアイテムはどれも、ポイントには宝石を使っていたり、さりげなくラグジュアリーなデザインが施されているため、年を重ねれば重ねるほど、気品が引き出されていく不思議な魅力があるのです。

30代、40代、50代の大人の女性におすすめしたいブランド

ジュエリーブランドであるAHKAH(アーカー)。10代、20代の女性が身に着けていると、少し背伸びをしているような印象を受けル反面、ハイブランドのアクセサリーを着けているよりも、上品でさりげない感じが好印象を与えるでしょう。AHKAH(アーカー)を購入されている方のメインになってくる層は30代。デザインもシンプルなので、普段使いはもちろん、結婚式などの華やかなシーンでも見劣りすることなく使えます。長年身に着ける婚約指輪や結婚指輪など、ブライダルラインも人気で、年を重ねてもナチュラルで美しい印象を与えてくれます。

【大人気】華奢でモダンなネックレス

【大人気】華奢でモダンなネックレス

AHKAH(アーカー)が展開するラインの中で、最も人気なのがネックレス。華奢なネックレスを好まれる女性が多い中、ドンピシャなデザインなのがAHKAH(アーカー)のネックレスなんです。

AHKAH(アーカー)の人気シリーズは「パヴェ」

【大人気】華奢でモダンなネックレス

大人気なAHKAH(アーカー)のネックレス。その中でも特に人気が高いのが全体にダイヤが敷き詰められた「パヴェ」シリーズ。カラーはイエローゴールドがおすすめです。チェーン部分も細く、ゴールドも黄みが強すぎない柔らかなカラーなので、着けていても派手になりすぎないところもまた使いやすいポイント。「パヴェセッティング」という、ダイヤを石畳のように敷き詰めたデザインは、強い輝きを放ちながらコーディネートによりエレガントさをプラスしてくれ、女性が喜ぶ逸品です!

ネックレスが人気の理由

シンプルで繊細ながらも、しっかりと存在感を持っているAHKAH(アーカー)のネックレスは単体でつけるのも良し、他のジュエリーグッズと組み合わせて自分らしさを表現するも良しの万能アイテムです。モチーフにハートやクロス、星形を使用しているラインもあり、女性らしさをより引き立ててくれる名役者にも。値段もジュエリーブランドの中では、比較的安価に手に入れることができるため、年代を選ばず幅広い年齢層の女性から支持を得ているんです。

婚約指輪にも選ばれる高品質なAHKAH(アーカー)のリングたち

婚約指輪にも選ばれる高品質なAHKAH(アーカー)のリングたち

婚約指輪結婚指輪としても人気のAHKAH(アーカー)のリング。AHKAH(アーカー)の華奢で繊細ながら力強く輝くリングが、普遍的で永遠の美を想像させ、生涯を約束する「結婚」にふさわしいとされています。
また、結婚指輪だけでなくファッションリングとしてもAHKAH(アーカー)は大活躍。他にはない、細やかで独創的なデザインは、一種の芸術を想像させ、身に付けるとコーディネート全体がモードでモダンな印象になります。AHKAH(アーカー)のアイコンのひとつでもある、ハートの形をした「フィルージュハート」は1本の線でハートを形作っており、「永遠」や「無限」をシンボリックとしています。「赤い糸」の意味を持つ「フィルージュ(fil rouge)」をプレゼントとして渡す方も少なくありません。ひとつひとつが芸術的で美しいリングを使って、ファッショナブルなコーディネートを完成させてみては?

ジュエリーを長く楽しむためのお手入れ方法

若すぎない?気になる年齢層は?

光輝くジュエリーも、もちろん取り扱いに注意しなければなりません。特にAHKAH(アーカー)は華奢なデザインがブランドの特徴になっているため、適切な保管を行っていなければ、チェーンが切れてしまったり、破損してしまうことも…。思い出の指輪やネックレスを壊してしまわないためにも、保管方法や手入れの仕方に注意して、永く使えるようにしましょう。

世界で最も硬いダイヤモンドも割れることがある!

世界で最も硬いと言われているダイヤモンド。もちろん硬いというのは本当なのですが、これはひっかきなどの傷に対しての硬さであり、衝撃に対しての強度は強くありません。そのため、「ダイヤモンドだから何をしても大丈夫」と思っている方も少なくありませんが、「ダイヤモンドなのに落としたら欠けてしまった」「壁にぶつかってかけてしまった」といったお悩みも多いのも事実です。また、衝撃に耐えきれず、宝石が外れてしまう、といったこともあります。宝石が硬いことに違いはありませんが、場合によっては擦れて傷がついてしまうことや、落とした衝撃で欠けてしまうこともあるため、ジュエリーグッズを身に付ける時には注意するようにしましょう。

保管に気をつけて

アクセサリーを使っていて悩まされることのひとつに、金属の部分が黒ずんでしまった、といったものがあります。金属の酸化が原因の場合もありますが、ほとんどの理由は身に付けていたときの皮脂や汗による「硫化」が原因となっています。硫化は身に付けている以上、防ぐことは難しいですが、清掃をすることでまた輝きを取り戻すことができます。ただ、宝石によってはお湯での洗浄をしてはいけないものもあるため、必ず自分の付けているジュエリーアクセサリーは洗っても大丈夫なのかどうかを確認しましょう。金属部分は中世洗剤を使って清掃した後に、乾いた布で水分をよく拭き取ったり、シルバークロスで磨くと綺麗になります。保管時にも水分がジュエリーに付着してしまわないよう、なるべく高温多湿の場所は避けるようにしてくださいね。

ダイヤモンドにパール、11種類のジュエリーのお手入れ方法をご紹介

ダイヤモンド

ダイヤモンド

硬度:10
日本名は金剛石。実験で確認された天然の鉱物の中では、最も硬い物質と言われています。名前の由来は、ギリシャ語のadamas(屈しない)という意味から来ています。名前の由来通り、鉱石自体に傷が付きにくいことで有名ですが、打撃などの衝撃(靭性)には弱く、金槌で叩けば粉々に割れてしまいます洗浄の際には大きな衝撃を与えないようにしましょう。また、薬品などの影響を受けないため、中性洗剤での洗浄が可能です。

ルビー

ルビー

硬度:9
日本名では紅玉と呼ばれ、原産地がアジア周辺に固まっているルビー。ダイヤモンドの加工法が確立するまでは宝石の中でもトップクラスに貴重な宝石とされていました。コランダムという鉱物の中でも赤色になっているものをルビーと呼び、透明度もルビーによって様々です。実は赤色を一切含まない光を当てても、ルビーは赤く光るという不思議な石です。ダイヤモンドと同じくらい硬度が高く、割れやすさ(靭性)はダイヤモンドより上のため「割れにくい宝石」として親しまれています。洗浄の際に中性洗剤を混ぜたぬるま湯に入れ、ブラシで軽く磨くと汚れも落ちますよ。

サファイア

サファイア

硬度:9
ダイヤモンドの次、ルビーと同等の硬さを誇るサファイア。実はサファイアは、ルビーと同じ鉱物からできているんです。青色の宝石というイメージがありますが、中には赤色や透明などの色合いを持ったサファイアもあるとか。その中でも「スター効果」と呼ばれる、光を当てた時に星形に反射するサファイアは「スターサファイア」と呼ばれ、希少価値が高く人気のサファイアとなっています。ルビーと同じ固さを持つため、ほとんどどんな方法でも洗浄することができます。洗浄を行った後は必ず乾いたタオルなどで水分を拭き取りましょう。

トパーズ

トパーズ

硬度:8トパーズは水晶より少し硬く、様々な語源を持つ面白い宝石のひとつです。和名では黄玉と呼ばれ、日本でも採ることのできる鉱石のひとつです。光の屈折率で色合いも変わり、あまり日光に当てすぎると褪色してしまうことも。保管の際には、注意の必要な宝石です。 硬度はルビーやサファイアと同等の硬さを誇りますが、衝撃(靭性)の耐性はあまり高くないため、洗浄の際にはぶつけないようにしましょう。中性洗剤などでも洗うことができるため、ぬるま湯で優しく磨くことで元の輝きを取り戻すことができます。

エメラルド

エメラルド

硬度:8
エメラルドは強い緑色を帯びた特徴的な宝石です。和名では翠玉(すいぎょく)や緑玉とよばれています。宝石内部に特有の傷が無数に存在し、それが天然物の証とされています。そうは言っても、やはり傷が少なく、大きいものが価値が高く、色がはっきりとしているエメラルドが最上級とされています。樹脂やオイルを染み込ませて耐久度やツヤを挙げているものが多く、中性洗剤やお湯を使った洗浄には向いていません。流水などで軽く流し、乾いた柔らかいタオルなどで拭き上げるようにしましょう。

アメシスト(アメジスト)

アメシスト(アメジスト)

硬度:7
アメシスト(アメジスト)は紫色の水晶の事を指し、名前の由来はギリシャ語のamethustosから。昔は、アメシストは酔いを防ぐ効果がある宝石だと信じられていました。 紫外線に弱く、直射日光の当たる場所で保管をするとすぐに色あせてしまうため、保管場所には注意が必要です。加熱をすることでも変色を起こし、シトリンというオレンジ色の宝石に変わって世に出回っていることもあります。硬度、衝撃に対する耐性(靭性)共に高くはなく、変色もしてしまうため、洗浄にお湯を使うことができないため注意しましょう。

ラピスラズリ

ラピスラズリ

硬度:6
複数の鉱物が加わった、固溶体と呼ばれる構造をしているラピスラズリ。分類も「半貴石」という、ダイヤモンドなどの硬度は無い宝石の分類となっています。和名では瑠璃(るり)と呼ばれ、その鮮やかな青は澄んだ空のような色合いを持っています。パワーストーンの中では「最強の聖石」とも言われ、世界でもそのパワーを最初に認識された宝石となります。岩絵具などの天然顔料として使われているほどに硬度も無く、傷が付きやすいため扱いには注意が必要になります。ただ鉱石の混合物ではあるため、中性洗剤などで軽く洗浄することも可能です。

オパール

オパール

硬度:6.5
鉱物の一種であるオパール。中には「プレシャス・オパール」と呼ばれる遊色効果を持ったオパールがあり、大変珍しく価値が高いと言われています。オパールの生成の仕方も様々で、火山岩の隙間からできる物や、樹の幹や動物の遺骸から生成されるもの、日本でも馴染みのある温泉の沈殿物として生成されるものがあります。温泉で生成されたこともあってか、日本でも特に好まれる宝石の1つです。宝石の中で唯一水分を含んでおり、中にはグラスに水を入れて保湿を行う宝石店も硬度も無く割れやすくなっているため、保管や洗浄の際には注意が必要になります。

パール(真珠)

パール(真珠)

硬度:4貝から生成される宝石の事を指し、日本では真珠と呼ばれています。日本とも深い関係を持ち、真珠の養殖の産業化を成功させたのは日本でした。真珠貝によって形状や色合いも異なり、綺麗な球体と独特な輝きは日本のみならず世界中を魅了させます。海外では真珠のアクセサリーがシャネルのブラックカラーのドレスとマッチし、養殖、天然、フェイクパールを織り交ぜたアクセサリーが流行しました。硬度も無く、衝撃(靭性)にも低いため、取り扱いに注意が必要になります。成分が鉱石ではなく、貝殻と同じ成分になっているため、汗や皮脂にも弱く、使用後は乾いた柔らかいタオルで拭くことをおすすめします。同じ理由で中性洗剤や水、お湯を使用しないようにしましょう。

サンゴ

サンゴ

硬度:3.5
仏教の七宝にも数えられ、世界中で宝飾品として扱われてきたサンゴ。日本では小笠原諸島近辺の領海で採れ、鮮やかな赤色は宝石として高い評価を得ています。しかし宝飾品としての需要も未だ高まっており、過去に乱獲なども行われていたため、今は禁漁期間などを設けて採取量を制限しています。サンゴは生物から生成されているため、硬度や衝撃に対する耐性(靭性)を持ちません。清掃の際には、欠けてしまわないように十分に注意しましょう。また、色合いが落ちてしまうため、中性洗剤の使用やお湯、水を使った洗浄は行わないようにしましょう。

琥珀(コハク)

琥珀(コハク)

硬度:2.5
琥珀(コハク)は天然樹脂の化石であり、その美しさから古来から宝石としても扱われてきました。アクセサリーとしての歴史は旧石器時代まで遡り、真珠や翡翠と並んで「人類が最初に使用した宝石」とも言われています。黄金色の宝石の中に、虫が混入しているものは、入っていないものよりも希少価値が高く、およそ3倍もの価値があるといわれています。虫がアリやハエなどではなく、サソリやトカゲだと10倍以上もの価値になるんだとか。さらに動物であると100倍以上にも跳ね上がることも。昆虫や植物の葉が入っている、自然を思わせるその見た目はナチュラルなコーディネートにもピッタリです。しかし、鉱石並に固くなるとは言っても、硬度は3.5程しか持っていないため傷も付きやすくなっています。また、油分を含んでいるため、中性洗剤での洗浄にはむいていません洗浄をする際には水で軽く流して乾いた布で拭き取る、といった方法にしましょう。

30代40代の女性に。AHKAH(アーカー)でラグジュアリーなファッションを♪

30代以上の大人の女性に人気なAHKAH(アーカー)。大人の女性の雰囲気漂う、エレガントなスタイルにピッタリな当ブランドはファッションを楽しむ大人の女性におすすめです。華奢なアクセサリーを身に着けて、カジュアルなスタイルをラグジュアリーにコーディネートしてみましょう!

「身に着ける資産?」パテックフィリップはモテる男の腕時計

2021/06/03 00:00

みなさんは世界三大時計という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
高い技術力・洗練されたデザイン・長い伝統と実績をあわせもち、世界で3本の指に入る最高級ブランドのことを指します。今回は世界の時計ブランドの中でも筆頭格であるPatek Philippe(パテックフィリップ)の歴史や人気モデル、資産価値について詳しくご紹介いたします。

Patek Philippe(パテックフィリップ)の歴史

Patek Philippe(パテックフィリップ)は、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとフランソワ・チャペックにより、1839年に創設されたパテック・チェペック社が前身でした。創業から約5年後に、創業者の一人であるフランソワ・チャペックが退社、それと同時に迎え入れたのが、パリ産業博覧会で出会ったと言われている、フランス人時計師ジャン・アドリアン・フィリップでした。彼ら二人の名をとり、Patek Philippe(パテックフィリップ)へと正式に社名を変更しました。

1851年にロンドン万国博覧会に出品した世界初の鍵無し時計が称賛を集め、さらに1868年には、スイス初の腕時計を製作するなど、彼らの名は瞬く間にヨーロッパ中に広まっていきました。しかし、1929年の世界大恐慌により業績が一気に悪化し、文字盤製造会社を経営していたジャン・スターンとシャルル・スターンの兄弟が1932年にパテック フィリップ社の経営権を取得し現在に至っています。

経営体制の変更後、挽回を図るために1932年に発表したモデルが「クンロク」と呼ばれる有名なカラトラバ96でした。カラトラバはドレスウォッチの傑作と称され、日本でも皇族たちが愛用していたという歴史を持つ名作モデルです。

その後も、ノーチラスアクアノートなどの、名だたるコレクションを発表したり、多くの特許を取得したり、数々の複雑機構を発表し続けた結果、今や時計界で最高峰の確固たる地位を確率しました。

Patek Philippe(パテックフィリップ)は、現在もスターン一族が経営権を握っていますが、創業者の意思を継いでいくという意味を込め、二人の名前であるPatek Philippe(パテックフィリップ)という社名を現在も使用し続けています。

ブランドを象徴する最も美しいモデル「カラトラバ」

カラトラバは80年以上続く腕時計のロングセラーモデル。Patek Philippe(パテックフィリップ)を代表するラウンド型のタイムピースは、ブランドを象徴する最も美しいモデルとして世界中に知られています。シンプルながらも究極のエレガンスが追及されたカラトラバは、現在に至っても尚、他の腕時計ブランドがつぎつぎとオマージュするほど、リスペクトされました。

ラウンドケースに立体型なインデックスとドフィーヌ型針を備えた意匠は、抜群の視認性を備えながらも、気品あふれる雰囲気を漂わせています。

誕生した時点で、すでに完成を見たともいえる不変のデザインは、ラウンド型腕時計の模範であり、永遠のクラシックとしてPatek Philippe(パテックフィリップ)の代表作のひとつとして数えられていました。
この「カラトラバ」というコレクション名は、12世紀、イベリア半島でイスラム勢と戦ったスペインのカラトラバ騎士団に由来すると言われています。騎士団の十字架をモチーフにデザインされた十字のロゴマークは、ファーストモデルから現行モデルにいたるまで、竜頭にも刻まれ続けています。

初の世界一高いステンレスウォッチ「ノーチラス」

ノーチラスは、Patek Philippe(パテックフィリップ)初のスポーツウォッチとして1976年に誕生したモデルです。ケースデザインは潜水艦「ノーチラス号」の舷窓をモチーフとして製作され、素材にはステンレススティールが採用されました。
当時の高級腕時計は、ゴールドのケースに革ベルトを配したドレスウォッチであることが常識でしたが、Patek Philippe(パテックフィリップ)はノーチラスにより、その常識を打ち破り、世界一高い最高級ステンレスウォッチを時計界に放ったのです。
また、ノーチラスのケースデザインは多くの人気ウォッチを手がけてきたジェラルド・ジェンタ氏がデザインを担当したこともあり、デザイン性も申し分ないものでした。特に、薄型時計のデザインを得意としたジェンダ氏Patek Philippe(パテックフィリップ)の世界に誇る技術力が、創り上げたノーチラスは後世にも引き継がれるほどの傑作となりました。
そんなノーチラスのデザインの特徴はオリジナリティあふれるオクタゴン型(八角形)のフォルム。各辺が緩やかなカーブを描き全体が洗練されたクラシックな形をつくり出しています
そして、もう一つの特徴は「耳」と呼ばれるケースの左右に飛び出した突起部分。この耳はノーチラスのシンボルデザインであると同時に「防水性」を高めるため、構造的な理由により取り付けられました。

名作のいい所取りコレクション「アクアノート」

アクアノートの登場は1997年。ノーチラスに次ぐ、Patek Philippe(パテックフィリップ)のスポーツモデルとして発表されました。
カラトラバの初登場が1932年、ノーチラスの初登場が1976年ですので、アクアノートはPatek Philippe(パテックフィリップ)の中ではかなり新しいコレクションです。
アクアノートのデザイン性は、”シンプルなカラトラバ”と”スポーティーなノーチラス”の中間をとった印象であり、エレガントでありながらも、どこか柔らかな印象を持ちます。
多角形のケースであることはノーチラスと同じですが、アクアノートの方が丸みを帯びており、文字盤の夜光アラビアインデックスもどことなく中性的なイメージを放ちます。
また、アクアノートという名に相応しく、120mの防水性能も備えていますので、水回りでのご使用にも安心です。

美しさと機能性を備えたタイムピース「ゴンドーロ」

1920年から1940年にかけて美的発展を遂げたアールデコと呼ばれる、直線と幾何学が融合や装飾が体現されたコレクション。
その名は、当時Patek Philippe(パテックフィリップ)と取引があったブラジル・リオデジャネイロの時計販売店「ゴンドーロ&ラブリオ社」にちなんで命名されました。
スクエア型、トノー型、クッション型やレクタングラー型など独創性のあるデザインは、当時主流のポケットウォッチやラウンド型の腕時計とは異なった、美しさと機能性を備えたタイムピースとして新たなカテゴリーを生み出したと語り継がれています。

世界を騒がせた!超高級モデルとエントリーモデルをご紹介

一番安い!?Patek Philippe(パテックフィリップ)のエントリーモデル

ラグジュアリーウォッチはどれも高価で、いくつも購入するなんて夢のような話。どれも格好いいけれど、どうせ買うならシンプルで使い勝手がよく、もちろんおしゃれで、それなのにリーズナブルなものが欲しいと思いませんか?憧れのPatek Philippe(パテックフィリップ)を購入するなら、比較的安価なカラトラバがおすすめ!

史上最高額!34億円の超ラグジュアリーウォッチ

世界で最も高い腕時計とも称されたPatek Philippe(パテックフィリップ)の「Grandmaster Chime6300A-010」。オークションのためだけに限定で制作されたこの腕時計は、世界でたった一本しか存在せず、文字盤には”THE ONLY ONE”と記されています。ゴージャスなピンクゴールドの文字盤に、ムーンフェイズが配置された、高級感とファッション性の高いプロダクトです。ちなみに、こちらの腕時計のオークション落札価格は約34億円腕時計の史上最高額を更新したと注目を集めました。

腕時計は”身に着ける資産”

「世界最高の腕時計ブランド」と称され、その凄まじいまでのステータス性から他の追随を許さないPatek Philippe(パテックフィリップ)。ROLEX(ロレックス)も資産価値の高いブランドですが、やはりPatek Philippe(パテックフィリップ)は随一とされています。
随一とされる要因にのひとつに、高い需要に供給が全く追い付いていないことがあげられており、相場が上昇傾向にあるのです。Patek Philippe(パテックフィリップ)は決して生産量が多くはなく、年間製造数は6万本ほどと言われています。それに対し、ここ数年で中国を中心に人気が加速しました。そのため、莫大な需要に全く供給が追い付いていない状態が続いていました。
さらに、2020年から2021年は、疫病の影響でさらに流通量が減ってしまっています。入手困難になるのは、残念ではありますが、中古市場での価値という面から見ると、相場を上昇させる可能性があり、資産価値はこれからさらに上がると予想できます。2020年に、Patek Philippe(パテックフィリップ)は新工場の増設を竣工していますが、これは製造量を増やすというよりも、Patek Philippe(パテックフィリップ)の生産に関わる行程を統合すること・歴史を重ねるにつれ増えたパーツやノウハウを収めることが目的となっているので、工場が増設されたからと言って、市場に出回る本数が多くなり、資産が下がるということはないのではないでしょうか。
Patek Philippe(パテックフィリップ)の資産価値というのは凄まじく、当店でも投資目的で購入される方もかなりの数いらっしゃいます。様々な社会情勢が絡み合う中でも、異常なまでの各モデルの人気を見れば、今後も価格高騰を続ける可能性は十分にあり、この傾向が投資対象としての注目度をますます上げていくでしょう!このように、Patek Philippe(パテックフィリップ)の腕時計は、数年前に購入された方はもちろん、今購入された方も数年後には、購入時より高い金額で買取をしてもらえる可能性が高い資産価値のある腕時計なんです。

ネットで購入が不安なら

ALLUでは、「中古品を購入するのには不安がある方」「高額商品をネットで購入することに不安がある方」のために、実際に店舗で商品を見ることが出来る店頭取り寄せサービスを行っております。迷っている商品があれば、全部で10点まで取り寄せ可能ですので、見て比べることも可能です!またショップには、時計に詳しい専門のスタッフもいますので、不安点や疑問点を詳しくお話しながら購入することも可能です。取り寄せた商品は、購入可能ですし、もちろんキャンセルしていただくこともできますので、ぜひ活用してみてください♪ショップでお待ちしております!

【大人の男性必見】ロイヤルオークだけじゃない!オーデマピゲの人気モデル

2021/06/02 00:00

世界三大時計という、機能・デザイン・ブランドストーリーなどすべてが最高峰であるブランドのみに与えられる称号をご存じでしょうか?その名の通り、世界でたった3つのブランドにしか与えられないものなのですが、今回はそのうちの一つとして知られるAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)について詳しくご紹介いたします!
世界でも三本の指に入るAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)の歴史と人気モデルと価格推移についてもお話します。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)はこうして生まれた

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)はこうして生まれた

高級時計を買うとなると、どこのブランドの腕時計を買うか迷ってしまいますよね。AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)の生い立ちや歴史を知れば、きっともっと欲しくなってしまうはず。ブランドの生い立ちや世界三大時計とされるまでの功績はどのようなものだったのでしょうか?

メゾンの歴史を生み出した二つの家系

メゾンの歴史を生み出した二つの家系

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)は、1875年に時計ブランドの聖地であるスイスで誕生したブランドです。はじめはもちろん大きなブランドではなく、街中にある小さな時計工房でした。その工房の主であるジュール=ルイ・オーデマが得意だったのが、クロノグラフなどの複雑構造の時計でした。工房を開く前から時計技師界で有名だったジュール=ルイ・オーデマには、様々な有名メーカーからの仕事依頼が来るようになり、人手不足に悩んだのです。そこで、幼馴染だと言われているエドワール=オーギュスト・ピゲという時計技師に声をかけ、ブランドの歴史がスタートします。彼らの名前をとって現在のAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)というブランドになりました。

二人の役割はしっかりと分担されており、オーデマが生み出す複雑機構を、完璧に理解できる時計師であったピゲが営業し販売するスタイルになりました。二人で製造販売する事で1888年にはフランスやアメリカ、ドイツなど世界各国に代理店がつぎつぎと設立されました。

さまざまな分野で世界初の技術を発表

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)というブランドになってから、世界中に知れ渡るまではそこまで長い期間がかからなかったと言われています。では、なぜそんなにも注目を浴びたのでしょうか?

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)の功績は、数多く、世界で初めての開発をたびたび発表しました。1946年には、世界最薄の手巻き腕時計を開発、1978年には自動巻きのパーペチュアルカレンダー腕時計を世界で初めて開発に成功しました。1986年には世界三大複雑機構ともいわれるトゥールビヨン搭載の自動巻き腕時計を開発するなど、時計界に革新をもたらしてきたのです。

選び方やコレクションの特徴は?

選び方やコレクションの特徴は?

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)は、厚みやケースサイズの展開が幅広く、自分にぴったりな時計を探しやすいと言われています。特に、コレクションによって特徴が大きく異なっており、スポーティなタイプからカジュアルなものまで様々なデザインがあるので、まずは好みのコレクションを見つけることをおすすめします。

AUDEMARS PIGUETの人気シリーズTOP5をご紹介!

数多くのコレクション展開をしているAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)の中でも特に人気のあるシリーズを5つご紹介します。

常識を変えたスポーツウォッチ「ロイヤルオーク」

常識を変えたスポーツウォッチ「ロイヤルオーク」

1972年に、初代ロイヤルオークが発表され、100年以上経った今でも不動の人気を誇る元祖ラグジュアリースポーツウォッチとも呼ばれる名高いコレクション。ロイヤルオークは、スポーツウォッチの概念を変えたとも言われているのですが、なぜでしょうか?

元祖ラグジュアリースポーツウォッチと言われるだけあり、ロイヤルオークが発表されるまで、世の中にラグジュアリースポーツウォッチというカテゴリは存在していませんでした。ロイヤルオーク発表以前までは、ドレッシーで薄型なラグジュアリーウォッチ防水性や耐久性に富んだごつごつとした厚みのあるスポーツウォッチはしっかりとカテゴライズされていました。それが常識だった時代に、薄型のケースにスポーティなごつごつとしたケースデザインであるロイヤルオークの発表は、時計界に衝撃を与えたと言われています。ロイヤルオークが常識を変えたと言われる理由は、デザインの革新だけではなく、他にもあったのです。

高級時計なのにステンレス

当時、高級時計といえば、シルバーやゴールドなどが主な素材であったのに対し、AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)はなんと高級時計の素材として世間に認められていなかったステンレススティールを使用したのです。部分的に使うのではなく、ブレスレットなど、腕時計の大部分に大胆にステンレススティールを使用したことで更なる衝撃を与えました。

銅へのオマージュ

こうしてロイヤルオークは「鋼へのオマージュ」というキャッチフレーズと共に、”ラグジュアリースポーツウォッチ”という新境地を開拓しました。現在では、初代の復刻モデルの他に、ミニッツリピーターやパーペチュアルカレンダーを搭載したコンプリケーションモデル、インナーベゼルやクロノグラフ搭載のダイバーズモデル、イエローゴールド仕様のモデルなどが存在し、多彩なコレクションでブランドの人気を牽引しています。

さらにタフでスポーティな「ロイヤルオーク・オフショア」

さらにタフでスポーティな「ロイヤルオーク・オフショア」

ラグジュアリースポーツウォッチであるロイヤルオークを、さらにスポーティで、よりタフに仕上げたロイヤルオーク・オフショア。ロイヤルオークの登場から約20年後となる1992年に登場したモデルです。厚みがあり、迫力のあるデザインは、時計界にも衝撃を与え、はじめは批判も多かったと言われています。しかし年月を積むごとに、人気がだんだんと出てきて、今では定番ラインともなりました。そんなロイヤルオークオフショアの中でも特に人気なカラーが、ピンクゴールドとセラミックを合わせたモデル。他にも、グランド コンプリカシオンという複雑機構を、ふんだんに入れ込んだモデルも人気です。この重厚な厚みのある時計は、テイラーで仕立てた様なスーツによく似合います。その為、営業職や経営者など、成功のステータスを感じれるアイテムではないでしょうか?

美しさと機能を兼ね備えた「ロイヤルオーク オフショア ダイバー」

美しさと機能を兼ね備えた「ロイヤルオーク オフショア ダイバー」

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)おなじみの八角形ステンレススティールのケースに、ブラックのインナーベゼルを搭載したロイヤルオークダイバーズモデル。ブラックセラミックのねじ込み式リューズに300m防水という、本格的で申し分のない仕様になっています。光沢を放つ黒のメガ・タペストリー文字盤が高級感と力強さを感じさせるラグジュアリーなデザインも人気の理由のびとつ。シースルーバック仕様の裏蓋からは、22Kゴールド製ローター、自社開発ムーブメント「Cal..3120」を望むことができ、時計好きにはたまらない、ロマンの詰まったデザインが施されています。ゴールドの美しさだけでなく、50時間パワーリザーブという高性能を備えたロイヤルオークオフショアダイバーは、高級時計を購入するのであれば一度はチェックしておきたいアイテムです。

主力コレクションに名を連ねる「ミレネリー」

2000年のミレニアムイヤーに登場したミレネリー。ラグジュアリーなデザインの腕時計としてオーデマ・ピゲの主力コレクションに名を連ねているコレクションです。オーバルシェイプのケースに、表裏をひっくり返したように設計された自動巻きムーブメント「Cal.4101」を搭載しており、独創的な三次元空間を見事に演出したスケルトン仕様の文字盤から、脱進機の立体的な動きを存分に堪能できるデザインに定評があります。さらに、8つのおもりを備えたホワイトゴールドのジャイロマックステンプも搭載するなど、見た目はもとより精度にもこだわりを感じさせる名コレクションです。

創業者の名を冠した「ジュール・オーデマ エクストラシン」

美しさと機能を兼ね備えた「ロイヤルオーク オフショア ダイバー」

ジュール・オーデマ エクストラシンは、創業者のひとり、ジュール・オーデマの名を冠したモデル。オーデマ・ピゲが誇る、2.45mmの超薄型ムーブメント「Cal.2120」を搭載し、ケースの厚みもわずか6.7mmという極めて薄い腕時計。ピュアなラウンドケースに端正な2針が輝く、気高さを感じるドレスウォッチです。

資産価値として持てるブランドなの?

高級な腕時計といえば、資産価値も気になるところ。近年、ROLEX(ロレックス)を資産として購入される方も多く見受けられます。そんなROLEX(ロレックス)の人気ラインで、入手困難ともいわれるオイスタースチールモデルの定価をさらっと超えてくるのがAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)の腕時計なんです。そんな高級な腕時計であるAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)も、資産になるのか気になりませんか?

コレクションによっては資産価値がある!?

コレクションによっては資産価値がある!?

結論から言うと、AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)の腕時計は資産価値があるとされています。ROLEX(ロレックス)、Patek Philippe(パテックフィリップ)についで、資産価値の高い時計とされているのがAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)なんです。しかし、そのすべてのコレクションが資産価値が高いのかといわれるとそうでもなく、特にロイヤルオークが一番価値が高いとされています。ROLEX(ロレックス)の人気モデル、デイトナなどが高騰すると、ロイヤルオークに流れる傾向にあり、その理由として、デイトナの価格差が年々少なくなってきていることから、ロイヤルオークを選ぶ人が増えたのではないかといわれています。

高級時計を購入するなら

高級時計を購入するなら

ラグジュアリーウォッチのような高価格な買い物をするとなると、気になるのが価格ですよね。新品がいいのであれば、正規店で購入することをおすすめいたしますが、実は中古品もなかなかの美品が沢山出回っているんです。一度購入したけれど、着ける機会がなかったため買取に出したというパターンも少なくはなく、数えるほどしか使っていないとしても中古品とされてしまいます。そのため、どうしても新品ということでもなければ、中古市場で欲しい商品を探す方が断然お得です。しかし、中古市場となると気を付けていただきたい点がいくつがあります。

偽物の可能性も?信頼できる店舗を見抜こう!

正規店以外で買うとなると付きまとうのが、「偽物ではないか?」という不安ですよね。これは、新品を買うとしても中古品を買うとしてもいえることだと思います。現に、高級時計の偽物は数多く存在しており、これまでにも沢山の偽物の時計を見てきました。しかし、そのどれもが偽物だと簡単に見抜けるものではなく、とても完成度の高いものばかりでした。気が付かず買ってしまうと思うと怖いですよね・・・!そのため、中古品を購入するときは、”どこの店舗でどのような人が買取をしているのか”、そして、”信頼のおける販売店なのか?”をしっかりと自分自身で見抜くことが大切になってきます。

信頼のおける販売店を見抜く方法

安かったら信頼がなく、高ければ安心と思いがちですが、それは間違い。中古市場となると、販売価格は状態や希少性によってぴんきりなので価格で選ぶのは避けましょう。

・入手先が不明
・偽物と断言できない怪しいものまで買い取る
・商品の欠陥点を教えてくれない

上記のように、本物か曖昧な商品を買取しているショップでは、意図せず偽物の商品が並んでいる可能性もあるので注意が必要です。このように、偽物の商品を買ってしまうことを避けるには、商品知識が豊富な方が買取りを行っている店舗で購入することが一番おすすめです。
ALLUで並んでいる商品はすべて、グループ会社である「なんぼや」が買取を行っています。「なんぼや」には、経験と知識が豊富なコンシェルジュが在籍しており、彼らが責任を持って買取を行っております。高級腕時計の取り扱いも多数ございますので、ぜひショップを覗いてみてくださいね♪

ショッピングローンは無金利のものを選んで

高額なお買い物をされるお客様には、ローンをご希望される方が非常に多いです。ローンといえば、金利が高く、購入金額以上の金額を支払わなければならないというものが多いイメージ。しかし、ALLUのショッピングローンは60回払いまで金利無料!これまでかかっていた、無駄な金利が一切かからないのでおすすめです!

11