1

エルメスのカジュアルバッグ「エブリン」は使いやすさ抜群

2018/01/15 00:00
エルメスのカジュアルバッグ「エブリン」は使いやすさ抜群

エルメス(HERMES)といえば、数々のレザーバッグや財布などの小物を手掛ける世界的ハイブランド。そんなエルメスの中でも30年以上にわたって愛され続けている、エレガントとカジュアルが融合したショルダーバッグが「エブリン(Evelyne)」です。
エルメス(HERMES)の頭文字である「H」のパンチングが特徴的なエブリンは、これまで何度かリニューアルを重ね、どんどん機能的でエルメスらしいデザインとなり、幅広い世代に人気なアイテムとなりました。
今回はそんなエルメス(HERMESのエブリンの特徴やモデル、サイズをくわしくご紹介します。
また、人気素材やおすすめカラーもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください!

エルメスのエブリンってどんなバッグ?

エルメスのエブリンはどんなバッグ?

エルメス(HERMES)のエブリン(Evelyne)は、1978年に登場した歴史あるショルダーバッグです。
高級馬具工房時代からのデザインディレクター「エブリン・ベルトラン」の、デザインや機能へのこだわりが詰められたバッグとして、「エブリン」の名がつけられたのです。

エルメスのエブリンのデザイン性

エブリンは馬の蹄鉄をイメージして作られた縦に長い楕円形のフォルムが印象的ですが、これは馬用のブラシなどのお手入れ製品を入れておくことを目的に作られたバッグのため、このような形になりました。
また、エブリンの特徴と言えば、なんと言ってもエルメス(HERMES)の頭文字「H」を大きくパンチングしたデザインです。この目を引くフォルムとデザインは、エルメス(HERMES)ならではのエレガンスカジュアルが融合しています。
その特徴的なエブリンならではのデザインは、現在バッグだけでなく財布やカードケース、シューズなどいろいろなアイテムに採用されていますよ。

「どんな人」がエブリンを持ってるの?

エルメスのエブリンはどんな人に人気?

エルメスのエブリンは特に30代の女性に人気が高いアイテムです。
軽くて丈夫、しかも収納力も高いエブリンは幅広い世代に愛されています。
特徴的なデザインだからこそ女性だけでなく男性にも人気が高く、特に一番大きなGMサイズは男性ユーザーの方が多いほど親しまれています。

ショルダータイプのエブリンはエルメスのバッグの中でも特に、カジュアルテイストが強いバッグ。
いつものデニムやYシャツでも、エブリンを身に着けるだけで一気に極上のスタイリングが完成しますよ。また、エルメスらしい大人かわいいサクラやエトゥープなどの上品カラーなら、スカートなどのフェミニンスタイルにもぴったりです。エルメスの職人さんが手がける上質なレザーバッグの風合いは、コーディネートを格上してくれます。

エブリンの「モデル」と「サイズ」とは?

カラフルなエブリン

エルメスのエブリンは、実はこれまで3回もリニューアルされていることをご存知ですか?似たようなデザインに見えても、使いやすいように改良を重ねられてきました。
ここではエブリンのモデルごとの違いとともに、サイズラインナップとそれぞれの収納力を紹介していきます。

エブリンの「モデル」ラインナップ

まずはエブリンのこれまでのモデルの違いと特徴を簡単にご説明しますね。

Ⅰ(アン)

Ⅰはショルダーの調節ができないタイプのエブリンです。また外ポケットもないため、エブリンの中でも一番シンプルですっきりとした見た目なのが特徴です。
もともと馬のブラシなどの道具を入れるバッグだったため、内ポケットもなくシンプルなデザインです。

Ⅱ(ドゥ)

2006年ごろに登場したエブリンⅡはⅠのデザインに外ポケットを追加したモデルです。
パンチングの反対側に大きなポケットを一つつけたことで、Ⅰとくらべて使い勝手が良くなっており人気のモデルになりました。

Ⅲ(トロワ)

Ⅱのデザインに調節ができるショルダーベルトが採用されたモデルです。ⅠとⅡはショルダーの調節ができなかったため、身長が低い人や高い人には少し使いにくいと感じるバッグでした。
Ⅲから調節ショルダーベルトがついたことで、見た目もクロスショルダーバッグらしくなり、使い勝手が良くなりました。

エブリンの「サイズ」ラインナップ

エブリンは現在メインで3つのサイズが展開されています。
ここでは、それぞれのサイズ感と収納力をわかりやすくご紹介しますね。

エブリン〈TPM〉

エブリンTPMのサイズ

サイズ:(約)縦18㎝、横16㎝、奥行き5㎝
エブリンの中でも一番コンパクトなサイズがTPMです。小さいながらもスマホやハンカチ、財布などの必要最低限の荷物が収納できますよ。
かわいらしい見た目はワンピースやスカートなどのレディなコーデにぴったり。もちろんカジュアルなデニムに合わせて、ミニショルダーバッグとして持つのもすっきりとした印象になりますよ。

エブリン〈PM〉

エブリンPMのサイズ

サイズ:(約)縦30㎝、横29㎝、奥行き10㎝
B5サイズが収納できるPMはエブリンの中でも定番で一番人気のサイズです。日本人の体型にも合いやすいサイズで、長財布やタブレット、手帳などの荷物もしっかり収納できますよ。
荷物が取り出しやすく中身が見えやすい構造で、実用性も抜群のPMはデイリーユースにぴったり。
毎日のショッピングや小旅行のおともバッグとして、肩掛けできて両手が空くエブリンは重宝すること間違いなしですよ。

エブリン〈GM〉

エブリンGMのサイズ

サイズ:(約)縦33㎝、横31㎝、奥行き10㎝
PMよりも一回り大きいGMはA4サイズが余裕で収納できる大きさです。こちらの収納力の高いエブリンは、どちらかと言えば男性人気が高いアイテムです。
もちろん普段から荷物が多い女性や身長が高い人にも、GMサイズは扱いやすいですよ。
こちらのPMは特に男性でも使いやすくいろいろなシーンに持っていけるブラウンやグレーなどの落ち着いたトーンのカラーが人気です。
そしてエブリンは、「PM」と「GM」の中間サイズ「MM」、「GM」よりさらにビッグな「TGM」など、幅広いサイズラインナップが展開しています。

エブリンの「人気カラー」と「おすすめ素材」

エブリンの人気カラー

エブリンはエルメスらしいオレンジエトゥープなど、エレガンスな中間色が特に人気です。
また、特徴的なデザインはあざやかなカラーリングにも合いやすく、華やかなレッドやブルーなどの原色に近いカラーをあえて選んでみるのもおすすめですよ。
日本人に人気のやさしいサクラやジーンズに合わせやすい個性派のマルチ―カラーなど、多彩なラインナップが用意されています。

エブリンでおすすめの素材

また、エブリンの定番素材はしっとりとやわらかいトリヨンクレマスや、丈夫で汚れや傷に強いキャンバスのトワルアッシュも人気です。男性には軽量なのに型崩れしにくいヴォー・エプソンが支持されています。
そしてショルダーベルトとボディの色が違うバイカラーや異素材など、エブリンのデザインはそのままに、いろいろなバリエーションが新しく誕生し続けています。

「おすすめのエブリン」をピックアップしてご紹介

エブリンは一つひとつ職人さんが時間をかけて生産しており、需要に対して商品の数が足りない状況です。
ここでは、豊富なラインナップの中からおすすめしたいエブリンをご紹介します。なかなか店頭ではお目にかかれないので、好みのエブリンを見つけられたら、その出会いを大切にしてくださいね♪

エブリンTPM ヴォーエプソン シクラメン

エブリンTPM ヴォーエプソン シクラメン

ピンクとパープルが混ざったような、シクラメンをイメージしたエレガントなエブリンです。
コンパクトサイズながらほかのバッグにはないエルメスらしいカラーで、コーディネートのアクセントにおすすめです。シンプルなⅠだから荷物の出し入れも簡単なので、会社のランチなどサブバッグにも使いやすいですよ。

エブリンTPM トリヨンクレマンス ブルーアトール

エブリンTPM トリヨンクレマンス ブルーアトール

美しいブルーカラーが印象的なエブリンです。華やかで上品な色味が、カジュアルな印象のエブリンをエレガンスに見せてくれます。
相性の良い白のシャツやパンツと合わせて、きれいめコーデや春夏のさわやかコーデに使ってみてはいかがでしょうか。

エブリン3 PM トワルオフィシエ×トリヨンクレマンス 白

エブリン3 PM トワルオフィシエ×トリヨンクレマンス 白

ホワイトのトリヨンクレマスのレザーの縁取りに、カーキのコットンキャンバス素材の組み合わせで洒落感たっぷりのエブリンです。
単色の細糸のトワルオフィシエはキャンバス素材でもカジュアル過ぎず、なめらかな風合いが特徴です。
やわらかいトリヨンクレマスとの組み合わせで、コーディネートが上品に仕上がりますよ。

丈夫で軽いエブリンを毎日の相棒バッグに♪

使いやすいエブリンでカジュアルスタイルをクラスアップ

エルメスの「H」のパンチングが特徴的なエブリンは、長年愛されているショルダーバッグです。
今でも人気の高さから店頭での購入がむずかしいですが、中古アイテムならお気に入りのタイプやカラーを見つけやすいですよ。
丈夫で軽いエブリンをぜひ毎日の相棒バッグとして、いろいろな場所にいっしょにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

1