「Y3(ワイスリー)」ってどんなブランド?人気アイテムをご紹介!

2020/09/24 00:00

「Y-3(ワイスリー)」とは、 スポーツブランドの「ADIDAS(アディダス)」と、日本のデザイナー「山本 耀司(ヨウジ ヤマモト:Yohji yamamoto)氏」によるコラボレーションにより生まれたドメスティックブランドです。
アシンメトリーなデザインから織り出されるジェンダーレスなウェアやシューズは、今や世界中の様々な世代から注目を浴びています。
今回は、そんな人気ブランドの「Y3(ワイスリー)」の歴史や人気なアイテムをご紹介!
モードでスタイリッシュなY3(ワイスリー)でストリートファッションを楽しみましょう!

ワイスリーってどういう意味?

ワイスリーってどういう意味?

ストリートファッションやモード系ファッションに欠かせないY3(ワイスリー)。山本耀司氏がデザイナーを務める自身の名前を冠したドメスティックブランド、「Yohji Yamamoto」とアディダスがコラボレーションし誕生したプロダクトですが、一体どんな意味が込められているのでしょうか。

Y3と名づけられた理由

2001年のコレクションでフットウェアのみ「adidas for Yohji yamamoto」として登場し、両ブランドのファンたちに衝撃を与え、爆発的人気アイテムに。そしてその2年後の2003年には反響に応え、正式にコラボブランドとして確立することとなりました。
「スポーツウェアをエレガントでシックなものに」「これまでにないデザインを」という思いが詰め込まれたブランドであり、山本耀司氏の頭文字のYと、adidasのシンボルの3本線を組み合わせ「Y-3」という名付けられました。
スポーツウェアの機動性と山本耀司氏の持つシックなファッション性、これまでになかったアシンメトリーなデザイン性がマッチし、性別の垣根を超えたモードなデザインが特徴です。
2016年には民間の宇宙旅行をビジネスとしている、イギリスの「ヴァージン・ギャラクティック社」と提携し、世界で初の民間宇宙旅行用服の開発を始めています。

ヨウジヤマモトと何が違うの?

ヨウジヤマモトと何が違うの?

そんな宇宙旅行用の服まで開発を始め、これまでになかったことを成し遂げ続けているチーフデザイナーの山本耀司氏。
山本耀司は1981年にパリコレでデビューし、当時喪服の象徴とされていた黒をベースカラーに使用して、人々を驚嘆させモード界を一世風靡した経歴を持っています。
同年には自身のブランド「Yohji yamamoto(ヨウジヤマモト)」を始めてから、様々な賞を獲得していきました。
音楽界や映画界との接点も多く、日本のアーティストが山本耀司氏のデザインしたアイテムを利用したり、山本氏に衣装のデザインをお願いするほどでした。
そんな山本氏が、より斬新なアイデアを求めてコラボを始めた「Y3(ワイスリー)」はメンズラインなどがあるものの、そのジェンダーレスな見た目に多くの人が感銘を受け、今や世界中で人気を得ています。

ADIDASとY3が織り成す、スポーティなアイテムたち

ADIDASとY3が織り成す、スポーティなアイテムたち

スポーティーとモードを融合させたブランド、「Y3(ワイスリー)」のアイテムはどれも魅力的なものばかり。メインのブラックカラーを使ったオーバーサイズのトップスや、タイトでスタイリッシュなワンピースなど、種類も多岐にわたります。
アディダスとのコラボを象徴するかのような3本線はアイテムをアーティスティックに飾り、近代的なシルエットは人々の視線を集めます。

また、それらのアイテムをより魅力的に引き立てる小物たちも要チェックです。
特に人気を博しているのが、「Y3(ワイスリー)」のキャップ。さまざまなボディの形と、シックなデザインに若者から大人の男性まで幅広い年代に人気なアイテムです。数ある「Y3(ワイスリー)」のスタイリッシュなアイテムから、自分の好みのものを見つけるのも楽しみのひとつですね。

人気のモードでシックなアウターも

人気のモードでシックなアウターも

もちろんそのスポーティーなグッズたちを、よりモードに見せてくれるシックなアウターも。

ジャージの良さを全面に打ち出したトラックジャケットや、エレガントな見た目も兼ね備えたパーカーはコーディネートによって使い分けることもできますね。オーバーサイズのパーカーはよりストリート感を出したカジュアルなコーディネートに、メッシュなども取り入れたスタイリッシュなパーカーは全身を暗い色でまとめてスマートなコーディネートにすることができます。

デザイナーが作り出した良さを存分に味わえるアウターです。

ワイスリーを楽しむために

そんなモードでスタイリッシュな「Y3(ワイスリー)」たちを楽しむために、いくつかの注意事項もあります。
保管時に適切な方法を行っていないと劣化してすぐに着れなくなってしまったり、最新鋭のモードスタイルを作り上げているので、過去のコレクションも魅力的な分偽物には十分に注意しなければいけないという注意点も。
もちろんストリートカジュアルな面も持っているため、シーンを選ばなければならないアイテムも存在します。
しかし、ちょっとした注意点をクリアするだけでより「Y3(ワイスリー)」をスマートにコーデに取り入れることができますよ。
まずは劣化を防ぐための保管方法や、過去のアイテムを手に入れるための注意点をしっかり覚えて、より長く使えるようにしましょう。

手入れは必須!

「Y3(ワイスリー)」だけでなく、すべてのアパレルグッズに共通して重要なのが保管方法や手入れの方法です。
ジャケットやコートなどのアウターはシーズンも決まっているため、使わないシーズンが来る前にはホコリや汚れを落とすようにしましょう
しわが付いてしまうのを避けるためにハンガーが使われるとは思いますが、ポケットに物が入っていると重みで伸びてしまったり、部分的に傷がついてしまうことがあるため、中のものを出すことも重要です。
パーカーやシャツなども、使用後の洗濯は十分に乾かしてカビが生えてしまうのを防ぎましょう
両方とも湿気の多い場所に置いたりしてもカビが生えてしまうため、湿度を一定に保てる除湿剤などを使用するのもおすすめです。
黒は特に汚れなども目立ってしまう色なので、保管方法に十分に注意し、より長く「Y3(ワイスリー)」を楽しめるようにしましょう。

購入には気を付けて

「Y3(ワイスリー)」はその近未来も思わせるモードなスタイルが人気の理由のひとつです。そのため過去のコレクションも魅力的で、今のコレクションと組み合わせて自分だけの「Y3(ワイスリー)」コーデを作り上げる人も。
近年のリユースブームも相まって、ブランドのリユースにも拍車がかかっています。
そんな過去のアイテムを手に入れるには、古着を取り扱っているヴィンテージショップや個人取引のできるアプリやサイトがおすすめです。
中には偽物と知らずに出品をしてしまっている方や、わざとコピー品を出している人も少なからず存在するので注意が必要ですが、本物と証明できる画像や証明書などがあるアイテムを選べば問題はありません。
また、ALLUなどのブランドを取り扱うショップは、鑑定士(コンシェルジュ)が本物と鑑定したものを出しているため安心して買うことができます
それぞれに利点があるため、状況に合わせて利用できるようにしましょう。

人気のワイスリーでもっとスタイリッシュに!

「Y3(ワイスリー)」は今や世界中で愛され、宇宙にまで進出する勢いのあるモードブランドです。
新進気鋭の「Y3(ワイスリー)」アイテムを使って、スタイリッシュでモードなコーデを楽しみましょう!