おしゃれな男性必見!ルイヴィトンのメンズファッションアイテム

2019/10/21 19:00
image_top_photo

「水に浮くトランク」で一躍有名になったLouis vuitton(ルイ ヴィトン)
今やバッグのみならず、様々な分野でその画期的なデザインを披露しています。

今回はそんなルイヴィトンのおしゃれなメンズアパレルをご紹介!
いつものコーディネートに取り入れて、より上品でモードなファッションを作りましょう!

  1. ハイブランドのルイヴィトン
  2. 大人気!ヴィトンのおしゃれメンズライン
  3. もちろんメンズバッグもおしゃれで人気!
  4. ヴィトンはおしゃれだけど値段が…
  5. ハイセンスなルイヴィトンでスマートコーデに!

ハイブランドのルイヴィトン

1854年という、150年以上の歴史を持つ老舗ハイブランドのルイヴィトンですが、実はアパレルラインが始まったのは1998年と最近でした。
靴も同時期で、デザイナーにマーク・ジェイコブズを迎えた時にスタートしました。

image_free_photo

それまでプレタポルテ(高級既製服)のラインが存在していなかったルイヴィトンにモードなイメージを加えて、トータルラグジュアリーブランドとしてよりブランド力を上げたのです。
2011年にはメンズラインのアーティスティック・ディレクターにキム・ジョーンズを加えて、よりストリートチックでスタイリッシュなメンズラインを作成して多くのセレブリティを魅了しました。

2018年に新たにヴァージル・アブローをメンズラインのアーティスティック・ディレクターに迎え、エッジの利いたモードなメンズファッションを世の中に繰り出しています。
今では鞄だけでなく、靴やファッションでもその名前を聞かないことは無くなるほどに、トータルラグジュアリーブランドとしての地位を確立しています。

大人気!ヴィトンのおしゃれメンズライン

近年プレタポルテの業界を賑わすようになったヴィトンの、人気おしゃれアイテムはどのようなものなのでしょうか。

image_free_photo

最近で特に話題になったのはストリートファッションの王道ブランド、「supreme(シュプリーム)」とのコラボですね。
当時エレガントで上品なイメージを獲得していたルイヴィトンが、カジュアルでストリートファッションを貫いていたシュプリームとコラボすることは異例だとも言われていました。

しかし、2つの良さを存分に生かしたコラボは上品さを残しつつ、カジュアルでも使えるアイテムへと進化し、これまで以上に多くのファンを獲得していきました。

もちろんヴィトン単体で出しているアイテムも、モダンでシックな雰囲気が漂う、エレガントな作品が多く作られています。
ヴィトンそのものの上品さを求めたり、コラボアイテムで個性を引き立てたりと、自分だけの楽しみを見つけましょう!

アウター

outer

ヴィトンが出すアウターはどれもシックでモードな作品ばかり。着る人を選ばず、だれもがスマートでスタイリッシュな着こなしを実現することができます。
また、バッグにあるライン「エピ」を採用し、麦の穂をイメージして作られた模様は色彩を変化させ、アウター1つで様々な印象を持たせてくれます。

ライダースのジャケットは、元々バッグのブランドだということだけあって、質感や作りが良く着心地もバツグン
落ち着いた色調が大人な雰囲気を醸し出してくれますよ。

日本のデザイナー、藤原ヒロシが手掛ける「Fragment design(フラグメント)」とのコラボスタジャンも、ストリート感満載でカジュアルシーンにはもってこいのアイテムです。

トップス

tops

落ち着いた印象をもつアイテムが多いアウターとは逆に、トップスはラフでカジュアルなデザインも多く、オーバーサイズなTシャツでストリート感を持たせてくれるものや「モノグラム・グラフィティ」のデザインを使ったポップなものなど、幅広く扱っています。
ブラックやグレーを使用しているトップスでも、どこか爽やかなイメージを持たせてアウターとのバランスを保ってくれたり、暑いシーズンでも1枚でコーディネートを彩ってくれます

芸術家のチャップマンブラザーズ(ジェイク・アンド・ディノス・チャップマン:兄弟で共同でアーティスト活動を行っています)とのコラボで作られたトップスは、落ち着いた色合いの生地に怪しい雰囲気を漂わせるアニマル柄の模様が描かれたもの。

どこかミステリアスな雰囲気を漂わせる絵柄と色調が、いつものコーディネートにアクセントを加えてくれます。

ボトムス

bottoms

着こなしで雰囲気が大きく変わるトップスを支えているかのように、ヴィトンのボトムスはシックでモダンなデザインがコーディネートを整えてくれます。
スポーティーなトラックパンツなども扱っており、ストリートスタイルを貫いたコーディネートを作ることもできますね。

シルエットも落ち着いたものが多く、トップスやアウターでモード感を出してもボトムスで大人っぽさを残してバランスを取ってくれます。
ハイブランドのエレガントなイメージを、さり気なく追加してくれるところもポイント。

上品で遊び心もあるボトムスは、マストで手に入れておきたいアイテムのひとつです。

シューズ

shoes

ローファーやビジネスシューズなどのシックでエレガントなシューズから、スニーカーやブーツなどのアクティビティあふれるシューズまで選り取り見取りのヴィトンシューズ
「おしゃれは足元から」と言われるように、シューズからコーディネートのスタイルを決めることできますよ。

中にはブランドアイコンであるモノグラムダミエを使ったシューズもあり、ヴィトンの良さをすべて詰め込んだかのようなデザインはつい見とれてしまうほど。

先ほど紹介したシュプリームとのコラボシューズは、ヴィトンとシュプリームのロゴを合わせたデザインや、スマートに白や黒の単色で作られたデザインなどがあります。
赤いモノグラムも良いですが、主張をしすぎずにスタイリッシュでエレガントなデザインのスニーカーも捨てがたいですね。

独特なデザインの多いシューズを使って、自分だけの個性あふれるコーディネートを楽しんでみては?

もちろんメンズバッグもおしゃれで人気!

ヴィトンをご紹介する上で、バッグを抜いて説明するわけにはいきません。

モノグラムのハンドバッグなど、レディースのイメージも多いヴィトンですが、メンズラインも多く存在します。

カテゴリ

「ダミエ・グラフィット」のリュックや「モノグラム・エクリプス」のブリーフケースなどは色合いがシックで、普段のモノグラムよりも男性がもちやすくなっています。
また、「タイガ」は光沢が無いため落ち着いた印象を持ち、ビジネスシーンでも活用できるため多くのビジネスマンが愛用しています。

もちろんトランクも健在で、モノグラムのトランクを持てばレトロ感が増し、現代のスタイリッシュなコーディネートにアクセントを加えてくれますよ。
多彩なシーンを柔軟に対応してくれるヴィトンのメンズバッグは、1つは持っておきたいアイテムですね。

ヴィトンはおしゃれだけど値段が…

しかしラグジュアリーブランドなだけあって、おしゃれでスタイリッシュなアイテムでもそれなりにお値段が高くなっています。コラボアイテムも点数が少なく、中にはプレミアがかかっていて見つかりにくいものも…。
そんなときはヴィンテージアイテムを取り扱っているショップを利用しましょう!

過去のアイテムを使うことで、他の人とはまた違ったコーディネートを楽しむことができたり、新品のアイテムを購入するより比較的安価で手に入れることもできます。

当店ususでは鑑定士を通して本物と判断したものを取り扱っているため、偽物を買ってしまう心配もありません。
もしサイズが合わなかったりしても、返品サービスもあるため気軽に購入もできますよ。

ヴィンテージアイテムを活用して、自分だけのヴィトンコーデを完成させてみませんか?

ハイセンスなルイヴィトンでスマートコーデに!

smart

鞄工房として始まったヴィトンは、20世紀から大きく帆を変え、トータルラグジュアリーブランドとしてより世界に名を轟かせました。

そんなヴィトンのメンズアイテムで、スマートにコーディネートを作りましょう!