パンプスで女性らしさを♪おすすめのブランドとコーデ特集

2019/10/17 17:00
image_top_photo

今やパンプスは女性らしさの象徴とも呼べるアイテム。
しかしどこのブランドが良いのか、コーデも合わせにくくて難しいと思う方も少なくないはず。

もちろんブランドによってパンプスの特徴は様々
おすすめのブランドをご紹介するとともに、コーデの例や着こなしアイテムをご紹介します!

お気に入りのパンプスを見つけて、コーデを大人っぽく仕上げましょう♪

  1. パンプスは女性らしさの象徴!
  2. シックでエレガントに
  3. モードでスタイリッシュに
  4. パンプスはカジュアルコーデでも役に立つ
  5. パンプス選びに迷ったら?
  6. パンプスを使って外出を楽しく♪

パンプスは女性らしさの象徴!

その象徴と言われるパンプスの定義とはなんなのでしょうか。

image_free_photo

パンプスは、靴の甲の部分が大きく開いていて、靴紐や留め金がないシンプルな作りのものを指します。
その中でも種類が豊富で、スタンダードなものから側面が空いているもの、かかとかつま先のどちらかが空いているものなど、デザインは話しきれないほど。

サンダルなどの定義と混ざってしまいそうになりますが、サンダルは靴底部とひもなどで簡単につながっているもの、ミュールはサンダルの一種でつま先は覆われていますが、かかと部分に留め具などが無いことが特徴です。

今では女性像も多様化し、パンプスやサンダルは自分らしさを表現するためのアイテムでもあるのです。

シックでエレガントに

定義や種類がわかったので、コーデの雰囲気に合わせてパンプスを決めたいところ。

image_free_photo

ブランドのパンプスを使うのであれば、「シック」「エレガント」は外せません。
もちろん多くのブランドがシックなパンプスを出していますが、中でも有名なブランドをご紹介いたします。

パーティのためにドレスに合わせてオフィスカジュアルにエレガントな印象など…使い方も様々。
モダンなコーデに合わせるとより洗練されたコーデにできますね。

シーンに合わせてコーデを作り上げていきましょう。

CHANEL(シャネル)

chanel

オフィスやデート、あらゆる場面で脚を魅力的に見せてくれるCHANEL(シャネル)のパンプス。
ブランドポリシーの「価値観にとらわれない女性像」を全面的に取り入れたスタイルは、世界の人々を魅了させます。

カメリアココマークなど、モチーフがワンポイントで入っているものはよりかわいらしさを表現してくれますね。

バイカラーやブラックの靴はシャネルのブランドカラー。シックなイメージにはもってこいのモードなスタイルのアイテムです。
丈の長めのワンピースで淑やかに、ひざ丈スカートのセットアップでスマート感をアップ

一つは持っておきたくなる、デザイン性の高いパンプスです。

Salvatore Ferragamo(サルバトーレ フェラガモ)

ferragamo

歴史が古く、今なお多くの人に愛されているSalvatore Ferragamo(サルバトーレ フェラガモ)
なんと言っても有名なのが「ガンチーニ」「ヴァラ」の2つのアイテム。

留め具を模した「ガンチーニ」やリボンモチーフの「ヴァラ」はバッグだけでなく靴などにも使われ、フェラガモのアイコンとして親しまれています。
特に女性らしいデザインを作り上げるフェラガモは、デートシーンなどはもちろん、カジュアルな服装に合わせても嫌味ないエレガントさをプラス>してくれます。

ヒールの低いパンプスで落ち着いた雰囲気を作りあげたり、若干高いヒールで脚をキレイに見せるのもいいですね。

モードでスタイリッシュに

ヒールの高さも雰囲気を変える重要なポイントです。

image_free_photo

ヒールが高ければよりセクシーで女性らしくなり、低ければ穏やかで落ち着いたイメージを加えてくれます。
そのヒールの高さに加え、他とは違うデザインを取り入れることでモード感をより引き出し、スタイリッシュにコーデを決めることもできます。

そこで次は独特なデザイン性を持ち、多くの人から評価されているブランドをご紹介いたします。

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)

louboutin

モードに対して挑戦的なスタッズ使いを得意としているChristian Louboutin(クリスチャン ルブタン)
商品の中でもハイヒールを多く世に繰り出しており、特色の真紅の靴底が人々の目線をくぎ付けにします。

見た目の鋭いデザインとは裏腹に、ヒールの高さからも女性らしさを存分に引き出すつくりをしており、スキニーやシルエットがタイトなスカートと合わせたくなってきます。

スタッズをふんだんに使ったハイヒールにジャケットを羽織って、スタイリッシュなイメージをより強めてみたり、スタッズを使っていないパテントレザーのハイヒールにシャツを着てカジュアルに履きこなすこともできますね。

Giuseppe Zanotti(ジュゼッペザノッティ)

giuseppezanotti

1994年のイタリアで誕生したGiuseppe Zanotti(ジュゼッペザノッティ)は、DJの世界からアパレルの世界にやってきたザノッティ氏が立ち上げたブランドです。
2000年にミラノにブティック1号店をオープンしてから、世界の主要都市にショップを出すまでに。

カラフルな色合いや奇抜なデザインも少なくなく、その独創性豊かなデザインは女性のセクシーさを存分に引き出します。
しかし一方で落ち着いたデザインのアイテムも多く、商品のバランスの良さはまさにDJのつなぎ方のよう。

パンプスのデザインからコーデを考えたい、という方におすすめのブランドです。

パンプスはカジュアルコーデでも役に立つ

そんな便利アイテムのパンプス、実は今ではカジュアルコーデでも重要な役割を果たしてくれているのです。
デザインなどでなかなか合わせづらいものがあるのも事実ですが、素材も含めて考えることでカジュアルコーデにキレイな印象をプラスしてくれます。

casual

今回はそんなコーデの作り方を、ブランドとアイテムの説明を含めながらお話していきます。

次のコーデを参考に、自分なりのカジュアルコーデを作ってみては?

ベージュワントーンコーデ

フェラガモのヴァラのパンプスにヴァレンティノのニットを合わせて、ベージュの暖かみのあるコーディネートに仕上げています。
ヴァレンティノのニットにはラビットファーが使われており、パンプスとの相乗効果でより女性らしさを引き立ててくれていますね。

今回は低いヒールにスカート、タイトなシルエットのトップスを合わせることでカジュアルにモード感をプラス。
タイトなシルエットになりすぎないように、スカートにはマルニの柔らかなスカートをチョイスしました。

マークジェイコブスのショルダーバッグも色の系統を合わせて、ベージュのワントーンコーデに。
パンプスのみをつや感のある素材にすることで、足元の印象もアップして全体が見やすくなっています。

パンプス選びに迷ったら?

shop

これまで紹介したように、パンプスと言っても形や色合いはブランドによって様々です。
選ぶのも楽しくなってくるほどですが、時にはコーデに合わせるパンプスを悩んでしまうことも…。

そういったときは「自分の好みのブランドを見つける」ことと、「ヒールの高さ」に注目することで解決しやすくなります。

その中から自分に合ったデザインを見つけて、可愛い、かっこいいコーデを作りましょう。

ヒールの高さに気を付ける

なんと言っても気を付けなければいけないのは「ヒールの高さ」です。

女性らしさを表現するためにヒールを高く設定するのも必要ですが、履き慣れていなければ転んでしまったりと危険が及んでしまいます。

まずは低いヒールから、徐々に高いヒールに慣れるようにしましょう。
また、脚がきれいに見えるヒールの高さは

cm = 身長÷30

という計算でわかります。 そこから±2cmすることで上品さやカジュアルさを加えることができます。

自分に合ったサイズを見つけ、無理のないパンプス選びを行いましょう。

好みのブランドを見つける

デザインに悩んでいる…という方は、まずはパンプスだけにとらわれずに、自分の好みに合ったデザインのブランドを探しましょう。
他のデザインが好きであれば、きっとパンプスも気に入るはずです。

コーデもそのブランドで合わせれば、違和感なく着こなすこともできますし、自分らしさを表現する手段にもなり得ます。

しかしブランドの新作はどうしても値段が張るもの…
そんなときはヴィンテージや古着などで探してみましょう。
比較的安価で手に入り、運が良ければ未使用品が見つかることも…?

パンプスを使って外出を楽しく♪

enjoy

パンプスは女性らしさを引き出す必須アイテム。

パンプスを使ってコーデに華やかさをプラスして、外出を楽しくしましょう♪