サンローランはおしゃれでカワイイ♪レディースアイテム

2021/04/06 00:00

シーズンごとに世間を賑わし、モードファッションでもトップクラスに君臨するサンローラン(Saint Laurent Pari)。
センスあふれるデザインには、一体どんな秘密があるのでしょうか

今回はそんなおしゃれブランド、サンローランのレディースアイテムをご紹介します!
サンローランのグッズを使って、モードにモダンに仕上げましょう!

進化を続けるサンローラン

創業者イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)クリスチャン・ディオール(Christan Dior)から独立し、1962年に自分の名前を冠したブランドを立ち上げました。
21歳でディオールの主任デザイナーとして支えていたサンローランはすでにフランスの中でも話題となっており、66年にはポレタポルテライン(高級既製服)の「イヴ・サンローラン リヴ ゴーシュ」をパリに出店、数々の著名人をモデルに起用して人々の注目を浴びました。

「モード界の帝王」と呼ばれたサンローラン

「モード界の帝王」と呼ばれたサンローラン


1968年のコレクションで発表されたシースルーは人々に衝撃を与え、今でもファッションの中に取り入れられるほど。一番最初にシースルーを出したのはサンローランだったのです。

そんな「モード界の帝王」と呼ばれたサンローランは2002年に引退、2007年にはフランスの最高勲章、レジオンドヌール勲章を授与されています。
ブランドが現在の名前に変わったのは、2012年にクリエイティブディレクターとなった、ディオールオムで活躍したエディ・スリマンによるもの。
創業者、サンローランに敬意を表しつつ、今までのブランドイメージを一新させて発表したラインは、確固たる人気を獲得していきました。

モダンな服をおしゃれに着こなす

モダンな服をおしゃれに着こなす

そんな「モード界の帝王」が送り出す服たちは、どれもモダンでスタイリッシュなものばかり。
洗練されたデザインはカジュアルコーデでもエレガントに全体を仕上げます。
デニムでよりカジュアルにコーデを仕上げて、ヒールの高いパンプスを使うと、より女性らしさを表現できますね。

タイトなシルエットのスカートを使えば、よりモードでスマートなコーデにすることも。
トップスだけでなくアウターも上品な雰囲気を醸し出し、コーディネートのアクセントになります。

おしゃれに気を使っている方であれば、1つは持っておきたくなるアイテムばかりですよ。

サンローランのスタイリッシュなボトムス

サンローランのスタイリッシュなボトムス

サンローランのボトムスは、エディ・スリマンが世に繰り出したスキニーを豊富に扱っており、シルエットも中性的で活発さを兼ね備えています。
ストレートなシルエットのボトムスも取り扱っており、こちらもパンプスとの相性はバツグン。

その時代によってシルエットが変わり、モードを追うトップブランドの1つと言っても過言ではありません。
今をときめくサンローランのボトムスで、スタイリッシュにコーデを決めましょう。

レディースシューズで可愛さプラス

レディースシューズで可愛さプラス

トップスやボトムスだけでなく、サンローランのシューズもエレガントで可愛いものばかり。
上記でご紹介したパンプスも、女性らしさをプラスをすることができ、高めのヒールは美脚に見える効果も。

ローファーもツヤ感が出ていて、上品さに加えて清潔感をプラスしてくれます。
よりカジュアルにコーデを決めるのであれば、ポップでエレガンスなスニーカーでストリート感を出すのも良いですね。

「おしゃれは足元から」と言われるようにコーディネートでも要の存在であるシューズ。
サンローランのシューズでモダンにモードに作ってみては?

サンローランといえば、モードなバッグ

サンローランといえば、モードなバッグ

サンローランといえば、ブラックのシンプルなバッグを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?どんなファッションも、ハンサムにまとめてくれる、モードなかっこういいデザインが、サンローランのバッグの特徴です。サンローランの人気なバッグの一部をご紹介します。

デイリーユースなら「Sac de Jour(サックドジュール)」

デイリーユースなら「Sac de Jour(サックドジュール)」

Sac de Jour(サックドジュール)は、フランス語で「今日のバッグ」という意味。
デイリー使いで、毎日使ってほしいという意味が込められているような感じがしますね。そんなSac de Jour(サックドジュール)は、この名前の通り、通勤や通学などでも毎日使いやすいシンプルなデザイン。何気なく刻印されたロゴは、とてもシンプルで上品な印象が持てます。ショルダーバッグなどのミニサイズから、A4サイズがはいる大きめのサイズまで、全部で4サイズ展開。Sac de Jour(サックドジュール)なら、あなたにぴったりのバッグが見つかるはずです♪

おしゃれ女子のマストアイテム「Kate(ケイト)」

ちょっとしたお出かけから、パーティシーンまで、幅広く活躍してくれる、「Kate(ケイト)」。スクエア型のショルダーバッグで、クラシカルな要素がありつつ、「YSL」のロゴから伸びるタッセルが上品にカジュアルダウンしてくれて、デニムなどのラフなスタイルにもぴったり。
チェーンを、バッグの中にしまえば、クラッチバッグとしても使えるので、結婚式などドレスアップしたシーンでも使える万能なアイテムです!「YSL」のロゴは、バッグと同じ色で統一されたワントーンのもの、ゴールド、シルバーと豊富なカラー展開なので、きっと選ぶのも楽しいですよ。

気軽に持てる「camera bag(カメラバッグ)」

カジュアルなファッションから、ワンピーススタイルまで、どんなコーディネートにも合わせやすいのが「camera bag(カメラバッグ)」。柔らかいレザーで作られているので、かっちりした印象はなく、気軽に持てるのもポイントです!ショルダー部分の長さを変えられるので、肩にかければクールなスタイルに、斜めにかければカジュアルなスタイルに。一見コンパクトなサイズに見えますが、容量はしっかり。気が付けば毎日使うほど、お気に入りのバッグになっているはず!

サンローランのおしゃれの秘密

サンローランのおしゃれの秘密

今をときめくサンローランのアイテムがおしゃれに見える秘密はあるのでしょうか。
もちろんモードを追求し、フランスのトップブランドの中のひとつにまで上り詰めたため、知名度は十分にあります。

ただ彼が見せたラインは、生い立ちもあってか、どこか芸術的なデザインが当時の人々を魅了していたのでしょう。
今でもブランドは芸術的でエレガントな作りを残し、クリエイター独自のデザインを披露しています。

最新のサンローランのアイテムも魅力的ですが、過去の「イヴ・サンローラン」だった時のアイテムもモードでコーディネートに取り入れたくなりますね。
過去と現在のサンローランを使って、新しいコーディネートを完成させましょう。

イブサンローランも捨てがたい

エディ・スリマンがクリエイティブディレクターに就任する前、ブランド名が「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」のアイテムは、レトロ感を持ちつつも、どこかモダンで近代的なデザインをしています。

もちろん現在では取り扱っていないため、ヴィンテージとしてコーディネートに取り入れることができます。

トップスなどだけではなく、サングラスやバッグをアクセサリーとして使って、より上品にまとめ上げることも。

ヴィンテージアイテムを手に入れるには…?

しかし、正規店でも取り扱いが無い分、イヴ・サンローランのアイテムをなかなか見つけられないことも。
最近では個人間で取引をすることができるアプリやサイトなども流行し、世界的にもリユースブームとなりました。

場合によっては偽物を本物と言って巧みに買わせようとしたり、本人は本物と思って出品していても、実際に見てみたら偽物だった…という可能性もあります。

そういった事態を避けるためにも、ギャランティがあるかどうかを確認、もしくは鑑定士が本物と判断したものを購入するようにしましょう。

サンローランのレディースラインはおしゃれを追求し続ける

サンローランのレディースラインはおしゃれを追求し続ける

モード界の帝王が作った、フランスを代表するファッションブランドのひとつ、サンローラン。

自分好みのアイテムを見つけて、コーディネートをおしゃれに可愛く仕上げましょう!