特別なシーンで使いたい!レディースブランドアクセサリー

2021/08/14 18:00

ビジネスシーンとは違い、パーティーシーンでは身も心も煌びやかに飾りたいですよね。しかし飾ると言っても、アクセサリーは着ける場所によって印象も変わります。着ける場所によって異なるイメージを知っておけば、自分をより輝かせるチャンスにも!今回はそんなパーティーシーンにピッタリのアクセサリーを、種類ごとにご紹介♪印象を意識しながら身に着けて、自分を上品に飾りましょう!

女性を美しく飾る

女性を美しく飾る

アクセサリーはコーディネートの中でも重要な役割を担っており、女性のみならず男性も重宝しています。メンズ、レディースと分けて作ることも多く、その人の個性を引き立てるアイテムとして親しまれていますよね。では、そんなアクセサリーでも女性らしさを引き立ててくれるものはどういうものなのでしょうか?ただ可愛いからと着けるだけではそのアクセサリーの良さを引き出せるわけではありません。着けることで見た人の視線を釘付けできる優れものを、つける場所によって詳しくお話いたします。

アクセサリーを選ぶ3つのコツ

カラーを合わせる

アクセサリーを選ぶ時、着けているものはおしゃれなはずなのに、どこか統一感が出なかったり、垢ぬけた印象がなかったり、ということも多々ありますよね。そんなときはアクセサリー同士のカラーやコーデとのバランスをチェックしてみましょう。例えば、着けているネックレスのカラーがゴールドであれば、その他のアクセサリーのカラーもゴールドで統一してみたり、それぞれのカラーを合わせることでよりコーデに統一感が生まれておしゃれな印象になります。ゴールドの中でも、光沢のあるもの、ないものに分かれますし、黄みの強いゴールドや薄いシャンパンゴールドなどもあるので、細かく色が合うように選んでみると良いでしょう。そのほかにもジャケットや、パンツに付いているボタンや金具の色とも合わせるのがポイントです。

着けすぎない

何事もそうですが、つけすぎないということは大切です。ネックレスを重ね着けした時はピアスをさりげないものにしたり、大きめなピアスを着けたときはネックレスを華奢な物にしたりと、組み合わせるアクセサリーのバランスをとるのも大切です!ほどよい抜け感がさらにおしゃれさを引き立たせてくれますよ♪

ブランドを統一させる

ブランドもののアクセサリーは憧れるアイテムも一つですよね。比較的購入しやすい価格帯のものが多いため、ブランドアクセサリーをいくつも持っているという方もいるのではないでしょうか。だからといって、全身にいろんなブランドを組み合わせるとガチャガチャしてしまい、すこし下品なイメージになってしまうこともありますブランドロゴがついているバッグや洋服、アクセサリーなどを身に着ける時は、他に身に着けるものはあまりブランドが目立たないものを選ぶようにしましょう。

パーティシーンは華やかに!顔周りにアクセントを

顔周りにアクセントを

なんといっても顔周りはアクセサリーを着ける場所でも重要な位置ですね。トップが大きなアクセサリーを使えば小顔効果、シンプルなアクセサリーは周りをシュッと引き締めてくれます。身に着けるアクセサリーに合わせて、メイクを変えたりすることで、その効果も倍以上になりますよ。自分の好みのアクセサリーを見つけたら、それに合ったメイクやコーデを選ぶようにしていきましょう。

ピアス・イヤリング

ピアス・イヤリング

特にアクセサリーでも高い人気を誇るピアスやイヤリング。一つだけではなく、何種類ものピアスやネックレスを持っているという方も多いほど、その日の気分やファッションに合わせて、日々取り替える方もいるアイテムです。ピアスやイヤリングを着けることで小顔効果があると言われています。アイテムがぶら下がったロングタイプであれば視線はピアスに集中し、リップやアイシャドウがアクセントになってエレガントな印象に。小さいサイズであれば、耳元に視線が行くため、髪の毛の流れで女性らしさをアピールすることができます。シルバーやゴールドといった色であれば、よりエレガントで上品なコーデに仕上がります。まずは顔周りのアイテムを使って、素敵な第一印象を与えましょう。

ネックレス

ネックレス

ネックレスも日常で使っている方が多いアイテム。上品なイメージに加え、首元を煌びやかに輝かせることができ、うなじや肩で女性らしさを倍増。自然と上半身に視線が上がるので、メイクやヘアスタイルとの相性もバツグンです。真っ赤なリップにシルバーのネックレスで艶やかさをプラス、ナチュラルメイクにアップのスタイリング、ワンポイントで小さめのトップのネックレスを使えば首元に輝きが追加されます。プレゼントでも重要な意味合いを持っているネックレスは、まさに女性らしさを前面に出すことができるアイテムなのです。

手元にさり気なくエレガントさをプラス

手元にさり気なくエレガントに

確かにアクセサリーは視線を集めることができる優れたアイテムですが、なかなか挑戦しにくかったり、恥ずかしい場合もありますよね。そんなときには手元にさり気なくアクセサリーを使うことで、無理なく視線を集められ、コーデにもエレガントさをプラスすることができます。特に手元は動かすことで特定の位置に目を向けさせることができるため、顔周りやコーデと、色々なところに目を向けさせたい方にはオススメのアイテム。さり気なくコーデを見せたい方は、手元にアクセサリーを加えてみては?

ブレスレット・バングル

ブレスレット/バングル

手首を飾るアイテムのひとつ、ブレスレットとバングルは、手先の邪魔をせずにコーデの一部となって輝いてくれます。手元を置く場所で印象もガラリと変わりますね。顔の近くに置けばメイクの引き立て役に、バッグを持っていれば全体のコーデのつなぎ役にと、どこでも輝く名役者。チェーンのブレスレットやシルバーのバングルでエレガントに、レジン素材を使ってカジュアルにすることもできます。実は運気を上昇させるという効果をもつブレスレットも。誕生石などを使ったブレスレットで、運気も視線も自分のものにできますね。

リング

リング

特別な意味を多く持っているリング(指輪)。左手の薬指は結婚の証、愛を深めるという意味合いを持っているからだそうです。他の指にも意味があり、自分が求めているもので着ける指を変えるのもいいですね。そんなリングは特に目線が行きやすい手元を彩る最高のアイテム。シルバーリングでシックに、ゴールドリングでエレガントにかざります。プレゼントなどでも多くの意味合いを持つリング。上品なコーデにピッタリのアイテムです。

リングは重ね着けでさらにおしゃれ度UP!

リングはひとつで着けるのもおしゃれで上品ですが、重ね着けをすることで、さらにおしゃれ度がUPします。太めのリングに細いリングを合わせてもよし、細いリングを2、3本組み合わせてもよし、その日のスタイリングやネイルのカラーと合わせてリングを着け替えるのも楽しいですよ♪

優雅に着飾るおすすめアイテム

他にも優雅に飾るアイテムが

ネックレスやブレスレット以外のアクセサリーでも、コーデを優雅に飾るアイテムは多くありますね。中でも小物類は特定の場所を輝かせてくれる、とても使いやすいアイテムが揃っています。エレガントに、カジュアルに。お気に入りの小物を使ってコーデをより可愛く仕上げましょう♪

ベルト

ベルト

特に女性らしさが顕著に表れる腰回りを、可愛く飾ってくれるベルト。ゴールド仕様であればエレガントで上品に、シルバーを多く使えばモードでシックに着飾ることもできますね。ベルトは革素材のものも多く、モダンに仕上げるにはもってこいのアイテムです。自分の好みの革や素材、デザインを使ってコーデに華やかさをプラスしましょう。

アンクレット

首、足首、手首など、「首」と着く箇所を出すと華奢でスタイルがよく魅せることが出来ると言われています。そんな箇所に、アクセサリーを着けることで華やかさをプラスすることも出来ます。特にアンクレットは、スニーカーと組み合わせることでスポーティでボーイズライクなコーディネートを女性らしくみせることもできますし、サンダルなどのラフなアイテムもおしゃれにみせることができます♪

ブランドアイテムは高い?

ブランドアイテムは高い?

これまでにご紹介したアイテムですが、ブランドアイテムだと高くなってしまうのも事実…。可愛いのは欲しいけれど、なんとかコストを抑えたいところですよね。そんなときにはヴィンテージアイテムなどを探してみましょう。ヴィンテージアイテムであれば、新作より若干安価で手に入れられるうえに、現行品では手に入れられない、おしゃれなアイテムが手に入れられることもあり、他とは違った個性を出すことにも向いています。コーディネートに慣れてきたのであれば、ヴィンテージアイテムでレトロ感をプラスしたコーデにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

ヴィンテージがかわいい♪

とくに近年では、ヴィンテージアイテムも含まれる「リユース」が世界中で動きを見せています。日本でも個人の間で取引が行われていたりするほど、今リユースの注目度は特に高くなっているのです。リバイバルブームが起きていることもあり、80~90年代のファッション、スニーカーなどがリスペクトされ、今風にアレンジして使ったり、そのままリユースしてコーデに強いレトロ感をプラスして楽しまれています。ヴィンテージをワンポイントとしてアクセサリーで使えば、よりコーデにメリハリがついてかわいく仕上がります。

美しく、エレガントな印象に

美しく、エレガントに

いかがでしたか?アクセサリーはコーデを飾る重要なアイテムのひとつ。好みのアクセサリーを使って、エレガントにカジュアルに…自分だけのコーディネートを作ってみてくださいね。