おしゃれなだけは卒業!30代から始める自己投資。資産価値の高い一生ものの腕時計をご紹介♪

2022/01/06 00:00

皆さんは長く使える腕時計が欲しい!と思った時にどこのブランドの腕時計を選びますか?
大人になってから購入する腕時計となると、チープなものではなく、この先長く使えるものが欲しいと考える方も多いのではないでしょうか?実用的でおしゃれなだけではなく、年齢を問わず一生着けられる、そして資産価値もしっかり残る腕時計の賢い購入方法とブランドをご紹介いたします。

デザインは同じでも、実はこんなに違う?腕時計の秘密

デザインは同じでも、実はこんなに違う?腕時計の秘密

ファッションブランドやお洋服屋さんに並んでいる腕時計、オリジナリティあふれる腕時計もありますが、どこかで見たことのあるような、そんな気がしたことありませんか?多くの腕時計のデザインは、ラグジュアリーブランドやハイブランドの人気モデルをオマージュしたものが多いんです。デザイン性はもちろん高く、見た目も同じなら、価格も安いファッションブランドの腕時計を購入しようと考える方も多いですよね。いいものを安く買いたいというのは誰もが思うはずです。では、なぜ同じデザインなのにわざわざ高いモノを買う人がいるのでしょうか?

アフターサービスが違う

ファッションブランドの腕時計が壊れてしまった場合、腕時計の修理ができない場合があります。また、どこに修理を出したらいいのかわからないなんてことも。しかし、腕時計ブランドの腕時計であれば、ブランドに修理を出すことも、オーバーホールをしてもらうことも可能なため、腕時計をずっと使い続けることができます。

素材が違う

腕時計に使っているパーツの素材や、磨きのかけ方など、とても細かなところまで綿密にこだわりがつまっているのがラグジュアリーブランドの腕時計です。高価な腕時計は高価なだけあって、使っている素材が錆びにくかったり、傷がつきにくかったりなど、品質の良さが魅力的です。

資産価値が高いものも多い

ファッションブランドの腕時計は、手放すときに購入時の価格の何分の1しかならないことがほとんどですが、ラグジュアリーブランドの腕時計は、購入時よりも高く売ることができる資産価値の高い腕時計も存在しています。

30代女性が着けるなら、ジュエリーウォッチORファッションウォッチ?

30代女性が着けるなら、ジュエリーウォッチORファッションウォッチ?

社会人としても落ち着いてくる30代。そんな30代の女性が身に着ける腕時計なら、ジュエリーウォッチとファッションウォッチ、どちらがいいのでしょうか?

ジュエリーウォッチとファッションウォッチって何が違うの?

ジュエリーウォッチと呼ばれる腕時計は、キラキラと輝く宝石が腕時計にあしらわれている時計のことで、アクセサリーやジュエリー感覚でつける方が多い時計です。パーティーや結婚式などの華やかなシーンで着ける方が多いです。一方、ファッションウォッチと呼ばれる腕時計は、有名ファッションブランドの腕時計です。カジュアルにファッションに合わせて着けられるような、普段使いにおすすめな腕時計です。さらに、ラグジュアリーウォッチと呼ばれる腕時計も存在します。ラグジュアリーウォッチとは、高級時計ブランドと言われるブランドの腕時計のことで、ロレックス、オメガ、パテックフィリップなど名だたるブランドの腕時計のことをさしています。

ジュエリーブランドの魅力

ジュエリーブランドの時計は、Cartier(カルティエ)、Chopard(ショパール)、BVLGARI(ブルガリ)などがあります。ハリーウィンストンやヴァンクリーフ&アーペルなど、ブランドの特徴を活かしたジュエリーの延長線上のような腕時計も人気です。セカンドウォッチとして購入される方におすすめです。

ファッションブランドでおしゃれにきめる

ファッションブランドの時計はグッチやフェンディ、ディオールなどがあります。目を惹くようなかわいらしいデザインが多いため、ひとつひとつの時計のデザイン性がとても高いものがおおいです♪

購入時よりも高く売れる?腕時計は「身に着ける資産」

高級時計を購入される方は、リセールを気にされる方も。中古でアイテムを売却する際は、やはり使えば使うほど価値が下がっていくもの。劣化していくにつれて、買取価格は下がってしまいます。しかし、腕時計であればブランドによって、使っていても価値がぐんぐんと上がっていく資産価値の高いブランドもあるんです。エルメスのバーキンも資産価値が高いといわれていますが、腕時計ではどのようなブランドがあるのでしょうか?

ロレックス

購入時よりも高く売れる?腕時計は「身に着ける資産」

ロレックスは資産価値の高い時計として特に名高いブランドですね。ここ最近ではオイスターパーペチュアルのピンク色の価格が高騰しています。このモデルだけではなく、今現在ロレックス時計は定価より高く売却できる傾向にあります。正規店の店頭へ行っても生産が間に合ってないという理由などで、購入できないことが多いため、希少価値が上がり中古価格も高騰しているんです。生産を制限し、市場価値を守っているブランドのため、長期的に見ても資産として優秀なブランドです。ヨットマスターのスポーツモデルもおすすめです。

シャネル

購入時よりも高く売れる?腕時計は「身に着ける資産」

シャネルと言っても特に価値が上がるのは、アンティークシャネル。特にシャネルのアクセサリーや腕時計は購入時より価格が高くなっています。同じデザインが発売されることが少ないため、正規店で手に入れることが出来ないアイテムがどんどん価値が上がっているんです。また、シャネルはマトラッセをはじめ、定期的にリバイバルがくるので、そのたびに価格が高騰する傾向にあります。そのため今購入できるアイテムも将来的に価格が上がるなんてこともありますよ♪

オーデマピゲ

購入時よりも高く売れる?腕時計は「身に着ける資産」

オーデマピゲは購入してから価格が下がることもなく、安定しているブランドです。特にロイヤルオークというっモデルが購入時より高くなると言われています。そのほかにもミレネリーなど女性に人気なモデルなどもありますので、一度検討してみるのもおすすめ◎クオーツと機械式でも価格は変わってきますので、機構にも注目して選んでみましょう!

おしゃれに投資ができる賢い女性になろう!

30代になると、20代までと違い、余裕が少し生まれ、女性としての落ち着きのある魅力を求め始める年代。そんな年代に差し掛かったのであれば、普段購入しているアイテム+αの少し背伸びした高価な一生もののアイテムを購入してみてもいいのではないでしょうか?10年後、20年後に価値が上がるもの、そして将来自分の子供へ受け継げるような質も良いものを選んでみましょう。

保管方法でこんなに変わる。腕時計の寿命

保管方法でこんなに変わる。腕時計の寿命

どんなに高品質な腕時計でも、きちんと保管ができていないと、すぐに劣化したり、価値が下がってしまったり、寿命が短くなってしまったりしまうかもしれません。適切な時計の保管方法を知って、大切な腕時計をより長く使えるようにしましょう。

保管時は湿気に注意!

腕時計は水に弱いのはご存じでしょう。精密機械なので、どんなに防水の時計であっても、水分は大敵です。本体はもちろん、箱やその中の付属品なども同じく、水分に弱いとされています。日本の気候は、湿度が高いため、腕時計をそのまま保管するのは避けましょう!時計の内部が錆びてしまったり、破損の原因となるため、とにかく湿度の高い場所を避けることがとても重要です。そんな時におすすめなのが、時計ボックスです。時計ボックスにしっかり保存することだけでも、手軽に外気の湿度から守ることができ、時計の寿命が伸びます!

付属品はしっかり保管して

購入時のレシート、付属のタグ、小さなサッシやギャランティ、取り外したベルトのコマなど、細かいものもすべてしっかり保管しておきましょう。売却時に必要ですし、ベルトのサイズを再び調整したり、メンテナンスに出すときにも必要になります。捨ててしまわないように気を付けましょう。

メンテナンスはこまめに行おう

クオーツ時計や機械式時計など、時計の機構によってメンテナンス方法も変わってきます。クオーツ時計の電池が切れてしまった場合、今すぐ使わないとしてもすぐに電池交換するのが鉄則です。電池の液が漏れてしまったりすると、内部の機構が壊れてしまったり破損の原因になってしまいます。また機械式の腕時計であれば、定期的にオーバーホールを行い、破損箇所がないか、しっかりとゼンマイが動いているかなど、すぐに異常に気が着けるようメンテナンスが必要です。メンテナンスをするときは、同じ場所に出すことをおすすめします。これまでのメンテナンスや修理の履歴をしっかり記録してくれるショップが良いでしょう。専門のスタッフが正しく修理を行ってくれるのか、見極めることが、長く腕時計を使うことで大切なポイントです。