【仕事や休日はどんな腕時計を選ぶ?】50代男性は素敵な時計がお好き!

2021/10/05 00:00

自分の好みやスタイルが確立され、年齢を重ねたからこそ出せるダンディな雰囲気まとっている格好いい男性が多い50代。さまざまな趣味や嗜好がある中で、腕時計が好きな方もいれば、はたまた腕時計には全く興味がなかったという方も。今回は50代男性におすすめしたい、腕時計の選び方をご紹介いたします。50歳という節目に一生ものの腕時計を購入される方も多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

なぜ50代の男性は時計が好きなのか?

なぜ50代の男性は時計が好きなのか?

近年、スマートフォンの普及により、腕時計を着用する方が少なくなっています。しかし、50代の男性方は腕時計をいつも着用されている方が多いように思います。なぜ、大人の男性には腕時計は欠かせないのでしょうか?

ビジネスシーンに欠かせないアイテム

最近では、クールビズやビジカジなどの言葉が広まり、ビジネスファッションの多様化が進み、ビジネスシーンにおいても、腕時計が必須アイテムではなくなってきました。しかし、今50代を迎える大人たちが、最前線で働いていた頃は、腕時計とネクタイの着用は欠かせないビジネスマナーであり、当たり前のようにみんなが身に着けているものでした。そんな昔からの習慣で、今でもいつも腕時計をしていないと時間が分からず不安だとか、仕事モードにならないなどと、いつも腕時計を着用している方が多いようです。

腕時計は「ステータス」を示すもの

経営者や成功した方が、こぞって購入するものと言えば、ラグジュアリーウォッチと呼ばれる、高価な腕時計ではないでしょうか?高価な腕時計を身に着けているだけで、プライベートでもビジネスシーンでも、周りの反応が驚くほど違うなんてことはよくある話ですよね。それほど、「良い腕時計を着けている=いい仕事をしている、年収が高い、地位が高い」というイメージが浸透しているのでしょう。他にも、購入した高価な時計に見合う人になろうと、さらに仕事に励んだりすることも。自身のレベルとモチベーションアップにも繋がるなど、良い時計を着けるということは、いいこと尽くしですね♪

ココだけは押さえたい!時計を選ぶ時の3つのポイント

ココだけは押さえたい!時計を選ぶ時の3つのポイント

ラグジュアリーウォッチを取り扱う「ALLU WATCH」のスタッフが教える、絶対に後悔しない時計の選び方をご紹介♪新しい時計の購入を検討している方も、これまでいくつもの腕時計をコレクションしてきた方も必見です。

時計の構造を確認してみよう!

ロマン溢れる機械式時計

ゼンマイを巻く力を使って時計を動かしている構造です。リューズを自分で回して巻く手巻き式や中にゼンマイを巻くための振り子の入った自動巻きがあります。部品を取り換えればいつまでも使えて寿命が長いこともあり、資産価値の高い時計が多いです。

コスパ最強クオーツ時計

クオーツとは「水晶」のこと。あまりメジャーではありませんが、「水晶式時計」と呼ばれることもあります。機構の中に水晶が埋め込まれており、電池などから送られてくる電気エネルギーと反応し、水晶が振動することで、時計が動くという仕組みになっています。クオーツ式時計のメリットは、機械式時計と比べ時間を刻む正確性と、その高いクオリティに反し、気軽に購入できるコスパの高さが上げられます。

未来を感じるソーラー時計

最も後発の機構になるのですが、文字盤内に組み込まれたソーラーパネルで電池を充電するため、面倒な電池交換不要です。GPSや電波時計の機能を兼ね備えたものが多く、多機能なモデルが特徴です。

ビジネスにする?カジュアルにする?オンとオフで使い分けよう!

ビジネスにする?カジュアルにする?オンとオフで使い分けよう!

職種や普段のライフスタイルで、選ぶ用途やデザインが変わってくる腕時計。オンとオフで使い分けたい方におすすめ、時計の選び方をご紹介いたします!

【ビジネスシーン】時計選びのポイント

ビジネスマンの必須アイテムともいわれる時計。スーツなどフォーマルな恰好だと、アクセントやおしゃれを楽しむ部分が限られてくることもあり、様々な腕時計をしている方を見かけます。また、責任のあるポジションに付いている方は、謝罪や挨拶に伺った際に腕時計を着けていることで、ちゃんとした人感が出て、好印象になるため、常に腕時計を着けているという方も。
お堅い職業の方は、なるべくシンプルで文字盤のカラーもベーシックなものを選ぶようにしましょう。アパレル系やカジュアルな社風の方は、少しカラーの入った個性的な物でも良いでしょう♪また、営業マンなど夏場に外回りがあるような職業の方からは、汗水に強い、ラバーベルトや洗えるナイロンベルトなどの腕時計が人気ですよ。

【カジュアルにオフに楽しむ】時計選びのポイント

普段の仕事で使いやすい兼用のものを選ぶのも良し、休みの日にしか使えないようなおしゃれなデザインのものを選ぶのも良し◎自分の好みのものを何も気にせず選ぶことができるぶん、選択肢が多すぎて何を選んだらいいのだろうと悩む方も多いでしょう。趣味やライフスタイル、休日の過ごし方などに合わせて時計を選ぶと、使う頻度も高く後悔しない腕時計を購入できるでしょう♪例えば、アウトドアが好きな方であれば、耐久性や防水性を求めた時計が実用的になりますし、友人とのお食事会が多い方であれば、普段は着けないような少し派手目な時計も話題が膨らみますし、特に好みも無いという方であれば、革ベルトの腕時計を1本持っておくだけで、冠婚葬祭どんな時も使えるのでおすすめです。

身に着ける資産として時計を選ぶ

昨今、資産としての価値も注目されてきている腕時計。これまで、ファッション性やステータス性に着目されていましたが、ロレックスなどのラグジュアリーウォッチの中古市場価値が右肩上がりとなり、購入時よりも高い金額で売却されるようになりました。現金という形で貯蓄しても、資産が増えることはありませんが、腕時計を購入すれば、経済などの影響を受けにくく、一定以上の価値を保つことができるため、資産として購入される方増えています。

50代男性がつけている腕時計相場は?

50代男性がつけている腕時計相場は?

相場としては30万円から200万円ほどと、幅広くなっています。腕時計にお金をかける人もいれば、車にお金をかける人もいて、お金をかける場所が人それぞれ違うため、一概にいくらと断言は出来ませんが、50代ともなると若世代とは違い、ある程度高価な腕時計を購入される方が多いです。

自分へのご褒美に、どのブランドがおすすめ?

自分へのご褒美に、どのブランドがおすすめ?

ちょっとリッチな気分になれる、大人な男性におすすめな腕時計ブランドをご紹介いたします。

ビジネスシーンは伝統的な時計ブランドを!

ROLEX【ロレックス】

ビジネスシーンは伝統的な時計ブランドを!

知名度、資産価値ともにトップクラスの時計。スポーツモデルもビジネスシーンで使えるモデルも、多岐にわたり展開されています。

OMEGA【オメガ】

ビジネスシーンは伝統的な時計ブランドを!

クオリティと、信頼性を兼ね備えたビッグブランド。月面へ初めて降り立ったと言われる「スピードマスター」であったり、オリンピックなどの公式時計として使われていることもあり、印象が最も良く知名度の高い時計と称されることもあります。

SEIKO【セイコー】

ビジネスシーンは伝統的な時計ブランドを!

ジャパンクオリティの時計ブランド。機械式の形のままクオーツのメリットを取り入れたスプリングドライブは特に名品です。また、海外でもメイドインジャパンのクオリティは、評されとても人気が高いことで知られています。セイコーにしか出せない落ち着いたモデルの雰囲気はビジネスシーンにも好印象を与える事間違いなしです。

カジュアルやオフで使える時計ブランド

CASIO【カシオ】

カジュアルやオフで使える時計ブランド

他の時計ブランドとは、全く別の感性で時計を作り続けるGショック。大人の趣味に寄り添う、機能性の高い究極のカジュアルウォッチ。釣りやボートなど、アウトドアシーンで気軽に使える機能が沢山搭載されており、耐久性が高いのも特徴です。電波ソーラーやGPS機能、ワールドウォッチ機能など、海外旅行などにも役立つ機能が搭載されているモデルも多いため、海外旅行はもちろん、留学や出張が多い方にも選ばれています。さらに、カラー展開やデザインの種類が豊富なため、おしゃれを楽しみたい方にもおすすめですよ♪

FRANCK MULLER【フランクミュラー】

ファッション性が高いイタリアンウォッチ。アイコニックなカラフルな文字盤は若者向けだと思われがちですが、硬い印象をおしゃれに彩りカジュアルダウンさせるアクセントとして、スーツスタイルを好む大人の男性からも好まれる時計ブランドです。

ブランドに捉われず、質重視派に。金無垢、コンビモデル

ロレックスや、オメガだけでなくパテックフィリップやブレゲなど、ハイエンドのブランドには必ず展開されているのが、金無垢やシルバーとゴールドのコンビのモデル。ビジネスでは派手すぎるかもしれませんが、プライベートではアクセサリーなどとも合わせやすく、人気なモデルとなっています。

50代男性にふさわしい腕時計はどんな時計?

若者には出せない大人の魅力がたっぷりな50代。世代を超えて受け継がれるような、一生ものの腕時計を購入してみるのもおすすめですよ。ALLU WATCHでは、より長く綺麗な状態で腕時計をご使用いただくために、電池交換はもちろん、ベルト磨き、オーバーホールなどのサービスを行っております。高い技術と豊富な経験を持つ、時計技師が責任を持ってメンテナンスを承ります。ぜひ、店頭へお越しください♪