40代イケてる男の腕時計!選び方とおすすめモデルをご紹介♪

2021/08/13 00:00

大人の魅力が出てくる、40代の男性。職場でも責任のある役職に着く方も多いこの年代は、何かと立場に気を遣う方も多いはず。40代の男性は、人によっては老けて見えたり、若く見えたり、どれだけ外見に気を使っているかによって、差が顕著に出てくるのも事実です格好いいモテるおじさんでいるためにお洒落なのは必須条件。今回は40代の男性が着けていたら格好いい、イケてる腕時計の選び方とブランドをご紹介いたします。

40代男性に贈る、腕時計の選び方

男性の身だしなみの代表的なアイテムである、腕時計。良いものを着けていれば、「年収が高い仕事をしている人」「役職が高い人」などといった、ステータスを示す役割も。年相応の腕時計を身に着ければ、男性の魅力を引き立ててくれるアイテムです。

40代男性に贈る、腕時計の選び方

TPOを考え「持っていないもの」をチョイス

40代となると、ある程度自分の趣味嗜好に合うスタンダードなアイテムは持っているはず。これまで、ビジネスマンとして会社で身に着ける腕時計の、1本や2本は持っている方も多いのではないでしょうか?そのため、使用する場所を考えTPOにマッチした腕時計を一つ購入するのもおすすめですよ♪さらに今持っているデザインと被らない方が無難です。ファッションに合わせて、腕時計を変えられるように、何パターンか持っておくと良いでしょう!

自分のスタイルにあったものを

ファッションスタイルに合わせる

洋服のように腕時計にも似合う、似合わないがあります。腕の細い男性に、ごつめのフェイスが大きいスポーツウォッチはアンバランスですし、太い腕の男性に、小さめのフェイスのシンプルウォッチはあまり似合わないですよね。普段の自分のスタイル傾向に合わせて、腕時計を選べば、コーディネートに統一感が出るので、おすすめですよ。コーディネートのアクセントにしたいのか、それとも、さりげなく馴染むデザインが良いのかによっても選ぶ時計のデザインがガラッと変わるので、自分の好みをしっかりと考えたうえで合わせてみると良いですよ♪

生活スタイルに合わせる

ファッションスタイルだけではなく、生活スタイルに合わせるのもおすすめです。例えば、釣りが趣味な男性であれば、防水機能が高いようなダイバーズウォッチや、波の高さを知らせてくれるタイドグラフ機能が付いている腕時計を選んだり、ゴルフが趣味の男性であれば、GPS機能が付いたゴルフウォッチの方が良いでしょう。また、週末だけ着けるのか、ビジネスシーンで着けるのかによって選ぶ時計の種類も変わってきます。自分がどんな時に着けたいのか考えて時計を選べば後悔しない長年愛用したくなる時計に出会えますよ♪

資産価値を考えて

腕時計は時計は物によってリセール【売るときの価格】の振れ幅が大きく違います。 どの様な物を新品として買うか?どの位使う予定かなどに合わせて買い替える事や使いつぶす事を考えて選ぶのをおすすめいたします。

40代男性の腕時計の相場はどのくらい?

腕時計の価格は、使われている素材やブランドによってピンキリですが、40代のビジネスマンが着用している腕時計の相場は10万円以上~50万位が多いように感じます。ロレックスやオメガの腕時計を着けている方も、実はリユースショップで購入をしたという方も多く、定価より少しお得な価格で良いものを賢くゲットしている方も多いように伺えます。もちろん、役職や年収によって着けている腕時計の価格はさまざまですが、新卒社員のように、2~3万円のファッションウォッチを着けている40代の男性は少ないです。

職業から選ぶ:腕時計をプレゼントするなら気を付けたいこと

腕時計をプレゼントするなら気を付けたいこと

毎日着ける腕時計。それをプレゼントするとなると好みやスタイルの把握が必要になります。特に腕時計に対してかなりこだわりがある男性が多く、価格も高額となりますのでプレゼントする方に一度、相談もしくはヒアリングしておくと良いでしょう。さらに、その人がどんなファッションが好きなのか、また、どんな職場で働いているのかも腕時計をプレゼントするにあたり、知っておくべき大切なポイントです。

銀行や役員などお堅い職場に

銀行員や役場などお堅い職場に努めている男性であれば、確実に信頼感と落着きがある正統派の腕時計がおすすめ。どのブランドでもシンプルなラインの展開があるため、比較的選びやすいのでは無いでしょうか。ブランドのイメージというものもあるので、なるべく見るからに派手で高級なイメージのあるロレックスやパテックフィリップなどのブランドは避けた方がいいでしょう。おすすめなのは、IWCなど堅実なイメージがあるブランド文字盤はホワイトやシルバーなど、なるべく色のついていないものを選び、ベルトも革ベルト等を選ぶと無難でしょう。誰から見ても誠実さが伝わるIWCの腕時計は、シンプルなデザインながらも、針の細さやインデックスのバランスが、上品な印象をしっかりと演出してくれるので、信頼感もしっかりアピールできますよ♪

おしゃれに敏感なアパレル系で働く男性に

トレンドをいち早くつかみ、自分のスタイルを確立している、アパレル業界で働く40代の男性には、個性が光るワンポイントとなる腕時計か、どんなファッションをした時にも、さり気なくコーデをワンランクアップしてくれるような万能デザインのものがおすすめ。アパレル店員の方は、オメガやロレックスなど少し華美なブランドを着用している方も多い反面、G-SHOCKなど比較的低価格なファッションウォッチを身に着け、腕時計もファッション感覚で、スタイルによってコロコロと変える方も多いのが特徴です。どちらのタイプの方なのかをしっかりと確かめ、その人の感覚に合わせてプレゼントしましょう。

自由度も高いIT系勤めの男性に

ガジェット系が好きなIT系の男性には、スマートウォッチが好きだという方もいれば、機械式でストーリー性があって、こだわり抜かれたこのブランドの腕時計が好きだという好みの強いタイプの方も。職業柄、ファッションアイテムや身なりは自由度が高いため、選ぶブランドやデザインの規制もあまりないため、ウブロなどのスポーツウォッチや石が付いているロレックスなど、派手なデザインの腕時計も人気です。

ウケと好印象が命な営業マンに

営業先からの信頼と好印象を得ることが何よりも大切な営業マンは、人一倍身なりに気を付けている方が多い業種。自分が好きなものを身に着けることはもちろんですが、相手に嫌味がなく派手過ぎず、でも高級感と信頼感はきちんとあって、「この人と仕事をしたい」と思わせるアイテムを身に着けていないといけない職業です。そのため、「自分と仕事をすれば、このくらい買えるようになるぞ」というのを示すためにも、少し背伸びをして良いものを着ける方もいれば、あまり派手な暮らしをしていると思われたら、お客様が離れてしまうという理由で、自分の年収よりも少し下のランクの腕時計を身に着けている方も。さらに、身に着けているものから営業トークを展開していったりすることも多いため、話題性があるブランドを着ける方もいるんです。40代の営業マンであれば、比較的立場が上の方が多いと思いますので、前者のように自分のステータスを示すため、良いブランドの時計を身に着けてもいいでしょう。そんな40代の営業マンにおすすめなのは、長い歴史のあるヴァシュロンコンスタンタンや、ストーリー性の高いパテックフィリップ等がおすすめです。

大人の男性におすすめ!ワンランク上のカジュアルウォッチ

休日に着ける時計は、ビジネスシーンで着けるほどかっちりしたイメージではなく、私服でも合わせやすいほどよくカジュアルな腕時計が良いですよね。とはいえ、カジュアルすぎて若者がつける腕時計のようなものは、大人の男性たるもの避けたいところではあります。程よくカジュアルかつ、おしゃれな大人の男性に演出してくれる腕時計ブランドをご紹介いたします。

BURBERRY(バーバリー)

ノバチェックが有名なバーバリー。ロンドン初のブランドなだけあって、スーツスタイルはもちろん、カジュアルなデザインの中にも英国紳士のようにおしゃれでトラッドな雰囲気をしっかりと持っているブランドです。ファッションブランドだからこそ、文字盤など細部のデザインにもこだわりがあるため、普段付けられないようなオフの日専用のおしゃれな腕時計として人気が高いブランドの一つです。カジュアルながらも正統派なデザインが大人の落着きを醸し出してくれます。

Breitling(ブライトリング)

ブライトリング

カジュアルなラグジュアリーウォッチを数多く輩出する、ブライトリング。当ブランドの腕時計は、スーパーオーシャンやクロノマットなど、スポーティかつ高級感あふれるデザインが特徴です。高品質で美しいデザインは、エレガンスさを秘めており 、ワンランク上のカジュアルなスタイルを楽しむことができます。腕時計ブレスレットもイエローやグリーンなど、カジュアルなカラー展開があり、素材もナイロンベルトやラバーベルトなども存在するため、アクティブなシーンなど休日のお出かけにぴったりなデザインが多いです。白のTシャツにデニムや半パンのようなカジュアルなスタイリングにも、腕時計がポイントで映えおしゃれな印象を与えることができますよ♪

Apple WATCH(アップルウォッチ)

アップルウォッチ

機能性No.1と言えば、Apple社のデジタルウォッチではないでしょうか?3針時計とは違いデジタルウォッチとなると、子供ぽい印象があるデジタルウォッチですが、無駄をそぎ落としミニマルなデザインが追及されたスクエア型のデジタルウォッチは、エイジレスなアイテム。iPhoneとの連携で機能は何十通り以上もあるうえ、ヘルスケア、ビジネス関連のタイムマネジメントもできるうえ、アクティブなシーンでも対応の防水機能など、普通の腕時計では叶えられない、夢のような機能が豊富に組み込まれています。ベルト部分もラバーであったり、メタルや革ベルトなど、シーンに合わせてワンタッチで着脱可能なので、ファッションに合わせて時計も着替えることができ、おしゃれなイメージとTPOを両立できる腕時計です。

Luminox(ルミノックス)

ルミノックス

アメリカの特殊部隊や軍隊など過酷な環境に身を置く人たちからも認められた、夜光性にすぐれたルミノックスの腕時計。1992年に米国海軍特殊部隊との共同開発をきっかけに、そのタフな構造と暗闇の中での視認性の高さが認められ、世界屈指のミリタリーウォッチブランドとして、名を馳せてきました。ごつごつとした見た目ではあるものの、軽量で防水性も高いことから、サバゲ―やアウトドアが趣味の人からも人気が高いブランドであり、カジュアルウォッチと言えば、ルミノックスと名を上げる人も多いのではないでしょうか。ルミノックスでは、ミリタリーウォッチに限らず、ダイバーズラインまで幅広くラインナップが存在し、40代の男性の趣味に寄り添うアイテムがきっと見つかるはずです。

出来るビジネスマンにおすすめな腕時計ブランド5選

40歳は、人生のターニングポイントとして、大きな買い物をする人も多い年代と言われています。特に男性の場合だと、ラグジュアリーウォッチを40歳を機に購入してみようという方もいるのだそう。20~30代とは異なり、ビジネスマンとしても、責任感のある立場にもなってくる40代の男性は立場や地位に見合った腕時計を身に着けるのも、ビジネスマナーの一つです。大人の男性の腕もとにふさわしいラグジュアリーウォッチを選んでみませんか?

OMEGA(オメガ)

OMEGA(オメガ)

ぎらぎらとした印象が無いものの、世界的に知名度の高いブランドオメガ。当ブランドの腕時計は見るからに印象もよく、それでいてステータス性にも長けているブランドではないでしょうか。ビジネスマンとなると立場上、派手なラグジュアリーウォッチを着けることが出来ないという方も多い中、オメガは嫌味なくつけることができ、ビジネスマンとしての安心感すら与えられる腕時計です。近年では、安部元総理が着用していたブランドとしても知られているほど、お堅い職業の方にもおすすめできるブランドです。スポーティな時計がお好みの方であれば、オメガの定番モデルであるシーマスター、シンプルなデザインがお好みの方であれば、デビルが、特にスーツスタイルによく似合うのでおすすめです。

TAG HEUER(タグホイヤー)

シリーズ展開が幅広いタグホイヤーはコストパフォーマンスが良いラグジュアリーウォッチとして知られています。F1ドライバーを冠したモデルなど、スポーティなモデルが多いながらも、ビジネスマンに好まれるシンプルなカラーリングが魅力的なブランドです。なかでもビジネスマンにおすすめしたい腕時計は、絶対的人気を誇るカレラ。時計が好きな方であれば、見た瞬間カレラだと気が付くほど、タグホイヤーのアイコン的存在であり、シンプルな3針文字盤にカレンダー機能が搭載された、ビジネスシーンでも大活躍の1本。そして、知名度の高いタグホイヤーの腕時計でありながら、価格は30万円前後で購入できる、なかなかのコストパフォーマンスの良さが人気の理由です。営業職の方であれば、話題のひとつにもなりうる時計です。さり気なくブランド時計を着けたい方、クラシカルな腕時計が好みの方や、会社の規定が厳しく、シンプルな時計をしなければならないという方にも、タグホイヤーの腕時計はおすすめですよ♪

GRAND SEIKO(グランドセイコー)

日本のブランドであり、落ち着いたデザインは誰からも信頼されるデザインが魅力的なグランドセイコー。一見地味だとも言われるグランドセイコーですが、実は、日本が誇る高度な技術が詰め込まれ、高品質で謙虚さが伺えるシンプルなデザインが魅力的で、日本人のアイデンティティが感じられると、外国の男性からとても人気なんです。

NOMOS(ノモス)

ノモス

無駄な装飾を排除し、モダンなデザインの基礎とも言われたバウハウス調のデザインを、腕時計に落とし込んだドイツの腕時計ブランドノモス。これまでインドア派におすすめな時計として知られてきた当ブランドは、シンプルで薄型なミニマルデザインが特徴的。シンプルなデザインとは相反し、クリエイティブな文字盤やアンニュイなカラーリングは、つまらないビジネススタイルをおしゃれにアップデートしてくれます。

ROLEX(ロレックス)

ロレックス

大人の男性におすすめする腕時計で外せないのがロレックス。ステータスを示す時計の王道ともいえるロレックスの腕時計は、資産価値も高く、ぜひ1本持っていて欲しいラグジュアリーな大人の腕時計です。デイトナやデイトジャストなどといった、ロレックスの定番モデルは、年齢を問わず着けることができますし、子や孫へ受け継ぐこともできる逸品です。ビジネスシーンはもちろんのこと、休日のカジュアルなファッションにも似合うオールマイティな腕時計です。

40代男性が必ず腕時計を着けるべき3つの理由!

腕時計を着けるのはビジネスマナー

40代男性におすすめな腕時計コレクション

社会人の必需品として一つ目に上がるほど、ビジネスパーソンの必需品とされているのが腕時計社会人にとってタイムマネジメントが大切なのは基本であり、時間を把握するために時計は大切なアイテムとされてきました。近年スマートフォンの普及により、私生活で腕時計の必要性が薄れてきたと言われていますが、ビジネスシーンではまだまだ重要なアイテムです。上司や取引先の前で、スマートフォンを開き時間を確認するというのは、不真面目に見えたり常識知らずと思われてしまい、マイナスのイメージを与えてしまう可能性もあるため、腕時計を着けるというのはビジネスマナーを守るためにも大切なことだとされています。新入社員など若者が腕時計をせず、スマートフォンで時間を確認していたとしてもまだ初々しく、多めに見てもらえるか、注意をされて終わるかと思いますが、40代になり社会人として一定以上のマナーを求められる年代になってくれば、部下などの見本にもならなければいけませんし、周囲からの見る目も変わってくるので、ビジネスマンとして礼儀のある立ち居振る舞いが大切です。

仲良くなるきっかけ作りに

腕時計は男性であれば興味がある方が多いのではないでしょうか。さらに、年齢が上の方であればあるほど、時計好きの方が多く、着けている腕時計をきっかけに会話がはずみ仲良くなるということは多々あるようです。さらに、どんな腕時計のブランドを着けているかによって、ある程度その人の好みや年収、そしてどこにお金を使うタイプなのかまで見えてくるので、似ている感性を持っている人なのかを測るアイテムでもあるんです。それだけ多くのことが垣間見えてしまうアイテムだからこそ、適当なものを着けていると勘違いされてしまったりすることもあるので、侮れないですよね。できる営業マンであれば、取引先や上司の好みを事前にリサーチをしておき、自分も同じ腕時計を着けていったり、似ているものを身に着け、いつかは自分もこのブランドのと時計が欲しいという話をして盛り上がる要因とする方もいるほど、時計ひとつで距離を縮められるビジネスパーソン必至アイテムなんです。

仕事のモチベーションが格段にUPする!

欲しいものは次から次へと出てくるもの。それは、高価格帯の腕時計であっても同じこと。欲しい腕時計を手に入れれば、また違う腕時計が欲しくなってしまうものですよね。自分が仕事を頑張れば頑張るほど、欲しい腕時計を購入することもできますし、逆に自分を奮い立たせるために、初めから高価な腕時計を購入し、仕事に勤しむ方も多く見られます。さらに、良いものを身に着けることで、意識が上がりだんだんとそれに見合う男性へと進化していくということもありますし、良い買い物は、良い方向へと人を成長させてくれるんです。今の自分に見合った腕時計を購入し、ステップアップを楽しむのも良し、これからの自分に期待をして、良い腕時計を購入するのも良し。仕事のモチベーションがあがる、素敵な腕時計を見つけてみましょう!