ナイキの歴代コラボスニーカー第10選!DIORにシュプリームにアンブッシュ人気モデル大特集

2021/05/19 00:00
NIKE(ナイキ)スニーカーの人気ラインはこれだ!

世界中のファッショニスタから愛され続けている、スポーツブランドNIKE(ナイキ)。もともとは、スポーツシーンに特化したブランドでしたが、今となってはおしゃれに欠かせないマストハブアイテム。
特にNIKE(ナイキ)のスニーカーは話題性が高く、著名人や有名なデザイナー、ブランドとのコラボ商品を次々と発表し、発売と同時に即完売したり、定価の何十倍もの価格で転売されるほど、入手困難なものばかりなんです!今回は、NIKE(ナイキ)のスニーカーをよく知らない方やNIKEファンのために、歴代で人気だったコラボスニーカーと、発売後の今でも人気の絶えないスニーカーをご紹介いたします。

NIKE(ナイキ)スニーカーの人気ラインはこれだ!

小さな子供から、お年寄りまで、幅広い世代にファンが多いNIKE(ナイキ)。NIKE(ナイキ)のスニーカーを2足以上持っているよ、なんて人も結構多いのではないでしょうか?

とにかく履き心地がいい、NIKEシューズ

NIKE(ナイキ)のスニーカーは、とにかく履き心地がいいのがポイント。もともと、アスリートの為に開発されたスニーカーとだけあって、機能性の高さは申し分なく、日常に取り入れたくなるほど高いデザイン性が注目され、人気が急騰しました。多くのNIKE(ナイキ)のスニーカーに採用されている、ナイキエアと呼ばれるソールは、高いクッション性と反発性があり、履いていて疲れないと老若男女から支持されています。最近では、ランニングシューズも開発が進められており、その機能性の高さからオリンピックでの使用禁止までされたものもありました。

デザイン性から見る、NIKEの人気スニーカーTOP3

今回はデザイン性に長けていて、人気なスニーカーTOP3をご紹介します。

Air Force1(エアフォース1)

Air Force1(エアフォース1)

NIKE(ナイキ)スニーカーのエントリーモデルであろう、エアフォース1。ブラック、ホワイト共に人気があり、2足持ちしている人も多いベーシックなスニーカーです。カジュアルなファッションからきれいめなファッションまで、コーディネートに取り入れやすく、軽い履き心地なのが人気のポイント。ソールが厚底になっているので、特に若い世代の方に人気があり、有名ブランドとのコラボレーションモデルが多いシリーズです。

Air Max95(エアマックス95)

Air Max95(エアマックス95)

スニーカー史上に大きなインパクトを残したエアマックス95。ストリートのカルチャーが注目されるようになり、ハイテクスニーカーブームの真っ只中であった90年代に、想像以上の人気を博したスニーカーでした。エアマックス95の入手が困難すぎるあまり、着用者が襲われるエアマックス狩りも起こったほど、世の中のスニーカーファンたちを白熱させたアイテムでした。

Air JORDAN 1(エア ジョーダン 1)

Air JORDAN 1(エア ジョーダン 1)

創業からバスケットシューズの開発に力を入れていた、NIKE(ナイキ)の人気モデルを語るのであれば、エアジョーダンは欠かせないアイテムではないでしょうか?エアジョーダンは、NBA選手である、マイケル・ジョーダンの名前にちなんで付けられたもの。とくにマイケルジョーダンが愛用していた、赤と黒のモデル『BRED』は、ストリートファッションをけん引しているカニエウェストや、HIPHOP界のレジェンドエイサップロッキーも愛用しているほど、人気なモデルです。最近では、ハイカットだけではなく、ローカットタイプのエアジョーダンも人気で、特にビタミンカラーのものが注目されています。何度も再入荷しているのですが、再販とともに即完売してしまうので欲しくても手に入れるのが難しいだけではなく、中古市場でも高値で取引されているほど大人気なスニーカーです。

【歴代モデル10選】有名ブランドとのコラボスニーカー

NIKE(ナイキ)のスニーカーといえば、抽選販売。何百分の1の確立なのかと思うほど、当選確率は低く、それほど人気なアイテムなんだと改めて思わされます。通勤電車の中でも、NIKE(ナイキ)のアプリを開き、抽選に申し込みをしている大人たちを見ることも増えてきましたね。ここでは、即完売、中古市場でも高値で取引されるほど、大人気だったNIKE(ナイキ)×有名ブランドのコラボスニーカーをまとめてみました!

×OFF WHITE(オフホワイト)

OFF WHITE(オフホワイト)

HIPHOP界で世界的に有名なアーティスト、カニエ・ウェストのスタイリングを手掛けていたヴァージル・アブローがディレクターを務めるラグジュアリーストリートブランド。これまでカジュアルなイメージだったストリートファッションに、ハイエンドなアイテムをmixするスタイルを確立したのがヴァージルでした。ラグジュアリーとストリートを掛け合わせた洗練されたスタイルは、セレブたちにも好評で瞬く間に、ストリート界でトップブランドとなりました。

そんなOFF WHITE(オフホワイト)とNIKE(ナイキ)のコラボスニーカーは、発売前から話題沸騰の最強タッグスニーカーについているタグが一目見てOFF WHITE(オフホワイト)とのコラボアイテムだということを物語ります。NIKE(ナイキ)のスニーカーにストリート要素を吹き込んだ、ユニークなスニーカー。今後のコラボにも期待大です。

×fragment design(フラグメント)

fragment design(フラグメント)は、藤原ヒロシ率いる日本人デザイナー集団。日本人デザイナーでLouis Vuitton(ルイヴィトン)とコラボレーションしたのは数人しかいないのですが、藤原ヒロシはその数少ないうちの一人。彼は、裏原系の生みの親という異名を持ち、そんな彼が率いるfragment design(フラグメント)は、NEW ERA(ニューエラ)やMONCLER(モンクレール)など、名だたるブランドとコラボレーションしています。

そんなfragment design(フラグメント)とNIKE(ナイキ)のスニーカーの代表作といえば、エアジョーダン1。鮮やかな青とブラックのカラーリングがスタイリッシュな一足。エアジョーダンといえば、赤と黒のコントラストが目を惹くデザイン。1985年にオリジナルカラーで発売された、エアジョーダンのつま黒(ブラックトゥ)は、2013年に復刻され、争奪戦が繰り広げられるほどの人気ぶり。そんなエアジョーダンのつま黒(ブラックトゥ)のブルーバージョンがあったらいいよね、という話から生まれたのが、fragment design(フラグメント)とNIKE(ナイキ)のコラボレーションスニーカーでした。

×Travis Scott(トラヴィス・スコット)

Travis Scott(トラヴィス・スコット)

Travis Scott(トラヴィス・スコット)は、アメリカ人なら誰もが知るほどの、超有名なラッパー。彼の才能は、HIPHOP界だけではなく、ファッション界でも開花し、デザイナーとしても活動しています。彼が手掛けるNIKE(ナイキ)のコラボレーションライン、カクタスジャックは、一足で10万円以上のプレ値がつくほど人気アイテムが沢山あるのです。特に、スニーカー好きがたまらなく欲しいのが、ジョーダン×Travis Scott(トラヴィス・スコット)のスニーカー。NIKE(ナイキ)のマークを反転させたデザインを施したデザインのジョーダンは、ハイカット、ローカット共に中古市場でもなかなか見ることのできないプレミアムアイテムです。

×ambush(アンブッシュ)

日本人のラッパー、VERBAL(バーバル)が手掛けるアクセサリーブランド。トレンドに捕らわれない自由な発想とハイエンドストリートなデザインが、世界中のファッショニスタの心をわし掴みにしました。海外のセレブたちにも愛用者が多く、カスタムオーダーにも対応しています。

そんなambush(アンブッシュ)とNIKE(ナイキ)が織り成すプロダクトは、独創的なデザインで今までのNIKE(ナイキ)の概念になかった、新しく斬新なアイテムが多いのが特徴。
バイクのような見た目のシューズを作ったという、ダンクHIGH×ambush(アンブッシュ)がこれを書いている今日(2021年5月18日)、Deep ROYALというカラーで再販されました。抽選結果は悲しくも落選でしたが、発売開始から20分後にはフリマサイトで3倍以上の価格で落札されていたりと、圧倒的な人気を見せつけているブランドです。このように、スニーカーも人気なambush(アンブッシュ)ですが、NIKE(ナイキ)×ambush(アンブッシュ)は、アパレルも必見です!

×supreme(シュプリーム)

supreme(シュプリーム)

supreme(シュプリーム)とNIKE(ナイキ)といえば、説明がいらないほどの有名タッグ。supreme(シュプリーム)は、ストリートウェアを代表するブランドのひとつで、毎シーズン新作が発表されるごとに、即完売という爆発的人気。そんな、supreme(シュプリーム)との記念すべきコラボスニーカー、第一足目であるNike dunk sb AF1が発売されてから、かなり早いスパンでコラボレーションし続けています。それなのにもかかわらず、毎回即完売という驚くほどの人気ぶり。発売当日となれば、抽選販売なのはもちろんですが、supreme(シュプリーム)の店舗にも行列ができるほど。転売や中古市場でも定価の2倍は当たり前のカリスマ的ブランドです。エアジョーダンや、エアフォース、エアマックスなど、NIKE(ナイキ)の人気モデルに溶け込む、supreme(シュプリーム)の世界観はどれも”おしゃれ”という言葉だけでは表せないスタイリッシュなものに仕上がっています。

×スラムダンク

スラムダンク

大人気バスケットボール漫画「スラムダンク」との感動のコラボレーションモデルも。もちろん、コラボレーションモデルは、NIKE(ナイキ)の歴史を創り上げた、ジョーダンシリーズでした。ジョーダンシリーズはご存じの方も多いとは思いますが、NBA選手であるマイケル・ジョーダンにちなんで名付けられた、バスケットボールシューズ。スラムダンク×NIKE(ナイキ)にふさわしい一足です。スニーカーには、第31巻の感動シーンが描かれており、このスニーカーのみ、ジョーダンの背番号「23」ではなく、スラムダンクの主人公桜木の背番号「10」番が記されています。限定コラボということもあり、バスケファン、スラムダンクファン、スニーカーファンたちが注目したスペシャルな一足でした。

×stussy(ステューシー)

stussy(ステューシー)

stussy(ステューシー)×NIKE(ナイキ)のコラボレーション史は、20年以上とNIKE(ナイキ)の中でも特に長い。ストリートの王道とも言えるstussy(ステューシー)は、スニーカーのみならず、アパレルコラボからも目が離せないアイテムです。ワンポイント入っているだけでインパクトのあるグラフィックなstussy(ステューシー)のロゴが魅力的。20年以上のコラボ史の中で様々なラインのスニーカーを発表してきましたが、stussy(ステューシー)がNIKE(ナイキ)に落とし込むデザインはすべてシンプルなうえに存在感があり、ストリートコーデに取り入れやすいのが特徴です。

×G-DRAGON

NIKE(ナイキ)のルーツであるスポーツ選手やストリートカルチャーを代表する人々とコラボするのは今までにもよくありましたが、アイドルとコラボするということは異例でした。G-DRAGONは韓国の人気アイドルグループBIGBANG(ビッグバン)のメンバー。G-DRAGONはグループの中でも、カリスマ的な存在で、アーティストとしてだけではなく、ファッショニスタとしても才能を発揮していました。そんなG-DRAGONのブランドであるPEACE MINUS ONE(ピースマイナスワン)とコラボレーションしたのはNIKE(ナイキ)のエアフォース1ハンドメイド風のペイントなどアートワーク溢れるデザインでかなり話題になりました。これまで2回コラボレーションモデルを発表しており、どれも即完売。次作も期待したいコラボです。

×Comme des garcons(コムデギャルソン)

Comme des garcons(コムデギャルソン)

Louis Vuitton(ルイヴィトン)とのコラボトートバッグ「バッグウィズホール」など、コラボアイテムを発表すれば、即完売になるほど有名なデザイナー・川久保玲。彼女がディレクターを務めるComme des garcons(コムデギャルソン)は世界にモードを発信し続けているドメスティックブランドです。Comme des garcons(コムデギャルソン)は、コンバースとのコラボスニーカーが有名ですが、他にも様々なスポーツブランドとのコラボ実績もあります。様々なスニーカーをリリースしている中でも、NIKE(ナイキ)とのコラボが、一番ギャルソンらしさを発揮しています。2013年から長くコラボしていますが、NIKE Shox(ショックス)×Comme des garcons(コムデギャルソン)のスニーカーは、特にギャルソンの世界観が8割以上を占めており、スポーティとモードの掛け合いがこんなにもスタイリッシュに決まるのかと思わされるものでした。

×DIOR(ディオール)

DIOR(ディオール)

世界を震驚させたNIKE(ナイキ)×DIOR(ディオール)。NIKE(ナイキ)のコラボ史上最高額での定価販売になると発売前から噂されていた商品でした。高価格であるにも関わらず、500万人以上が抽選にエントリーし、過去最高の盛り上がりを見せました。500万人というと、ニュージーランドの人口に匹敵するとか。即完売は想定内でしたが、500分の1の確立の抽選ということもあり、転売や中古史上で100万近くで取引されていたのは、とても驚きでした。
第一弾のコラボスニーカーはエアジョーダンとのコラボ。スウォッシュ(ナイキのマーク)部分にトロッター(Diorの総柄)が描かれていて、デザイン性も高く、世界中が注目したスニーカーでした。発売日にはアパレルラインも同時販売され、一気にトロッターブームを加速させました。2021年3月にも第二弾のコラボスニーカーが発売予定でしたが、現在発売延期になっています。第二弾は、エアマックスとのコラボと噂されています。カラーラインナップもネオンカラーと、夏に映えるカラーリング。発売が今から楽しみですね!

車も買える!?NIKE(ナイキ)のプレミアムスニーカー

これまで沢山の著名人や、有名ブランドとコラボレーションをしてきたNIKE(ナイキ)。有名ブランドともなると、スニーカーでも10万、20万という定価が当たり前な中、コラボスニーカーの定価はNIKE(ナイキ)価格というのが、様々なブランドのNIKE(ナイキ)へのリスペクトが伝わってきますよね。
比較的買いやすい価格のNIKE(ナイキ)シューズですが、やはり人気すぎて、転売、中古市場では、何十倍ものプレミアム価格がつくのも珍しくありません。中には車や家が変えてしまうほどのアイテムもあるんだとか。驚きのプレミアムアイテムをご紹介します。

カニエ・ウェスト「エア イージー 1(AIR YEEZY 1)」

ADIDAS(アディダス)とカニエ・ウェストのコラボレーションラインであり、若者から絶大な支持を受けるYEEZY BOOST(イージーブースト)が始動する前に、NIKE(ナイキ)で展開されていたシリーズ「エア イージー 1(AIR YEEZY 1)」。2008年に発表された当時は、アスリートではなく、アーティストコラボはとても珍しく、カニエ・ウェストがNIKE(ナイキ)のアーティストコラボを開拓したとも言われています。そんなカニエ・ウェストが、第50回グラミー賞授賞式で着用していた「エア イージー 1(AIR YEEZY 1)」が、昨年2020年に、なんと6600万で落札され、話題になりました。

未使用でも劣化する、スニーカーはお手入れが命

DIOR(ディオール)

真っ白なシューズは真っ白なまま履きたいし、大切なスニーカーは一日でも長く履きたいですよね!スニーカーは、未使用でも劣化します!しっかりと、日々のお手入れと適切な保管をして、大切なスニーカーをしっかりと守りましょう。

靴ひもまでしっかり洗う

①靴から靴ひもをはずす
②桶やバケツにお湯を溜める
③石鹸、衣類用洗剤で泡立てもみ洗いをする
④10分ほどそのまま漬けておく
⑤しっかりと洗い流し乾かす

靴ひもが綺麗になると、全体的に綺麗に明るく見えます。靴ひもが汚れたな、黒くなってきたなと思ったら、洗うようにしましょう。

スニーカーの洗い方

ドライブラッシングをする。
乾燥した柔らかなブラシ、なければ乾いたタオルや歯ブラシで埃や砂などを払い落します。

洗浄液を作る
市販の洗浄液や、洗浄液が含まれたウェットタオルなどがあれば便利ですが、自宅で簡単に作ることもできます!ぬるま湯に少量の洗濯用洗剤を混ぜましょう。

洗浄液で全体を洗う
洗浄液をブラシ(タオルや歯ブラシでもOK)につけ、汚れているところを洗い流します。靴底や、溝などはごしごしとこすっても大丈夫ですが、傷がついてしまう素材もあるので、なるべく力を入れすぎないようにしましょう。

ふき取りをしっかりと。
水分が残っていると加水分解と言って、靴底がはがれてしまうこともあります。水気が残らないように隅々までふき取りましょう。

自然乾燥させる
日焼けをしてしまうこともあるので、太陽光が当たらない風通しの良い場所で、乾燥させましょう。ドライヤーや乾燥機を使うとスニーカーがいたむ原因になるので避けた方がいいです。

汚れたら早めの処置を

洋服の洗濯と同じく、汚れた時に対処することが大切です。時間を置いてしまうとなかなか汚れが取れなかったりするので、すぐに洗えない時も拭き取ることは忘れずに行いましょう。また、レザーシューズの場合、レザーがいたむ原因になるので急な雨などで濡れてしまったらしっかりと乾拭きすることが大切です。

絶対に劣化させたくないなら

どんなに大切に使っていても、お手入れをしていてもスニーカーの寿命は3年から5年といわれています。それは、空気中の水分を含み、少しずつ加水分解がされていってしまうからです。絶対に劣化させたくないのであれば、少し手間はかかりますが、保存方法に気を付けましょう。

常に乾燥させ真空状態を保つ

劣化させないためには、水分を含ませないことが大切。シリカゲルなどの乾燥剤を靴の中に入れておくだけでだいぶ劣化を防ぐことができます。簡単なのでぜひやってみてくださいね!さらに徹底的に、新品同様の状態で保管をするのであれば、靴を真空状態にするほかありません。ネット上で靴用のラップが売っているので、そのラップに包み空気が入らない状態をつくり保管することで、加水分解を防ぐことができます。

いつかはゲットしたいNIKE(ナイキ)のレアシューズ

いかがでしたでしょうか?ご紹介したように、NIKE(ナイキ)とアーティスト、デザイナーたちのコラボスニーカーはどれも、独創的で魅力的なモノばかり。今回は一部しかご紹介できませんでしたが、NIKE(ナイキ)がコラボしたブランドはもっとたくさん存在しています。自分が好きなブランドとコラボとなれば、どうしてもGETしたいですよね!筆者も、欲しくても買えなかったコラボスニーカーは、中古のショップや転売サイトでいつもチェックしています。
人気なスニーカーたちは、中古ショップに並べば、すぐに売れてしまうものが多いので、常に新着情報をキャッチすることがポイントです。しかし、爆発的な人気を博したコラボスニーカーは、偽物が出回ることも多々あります。真贋がしっかりとしている、信頼のある店舗を見極めて購入することが大切です。ALLUでは新着情報をLINEやメールマガジンで随時配信しています。ぜひ、ALLUで欲しかった商品を探してみてください♪